レザー職人への道のりは険しく遠いし!ただしがレザークラフトをやってみたそうです

レザー職人への道のりは険しく遠いし! レザークラフトや皮革工芸,ハンドメイドを交えながらわかりやすく解説

2016/03/27

よっしー

0

レザークラフト 皮革工芸 ハンドメイド ホビー

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今回は、ただしがレザークラフトに興味を示し実際にやってみるようです。一人で始める勇気が無いのでサトルを誘うただし。

  • さとる、レザークラフトって知ってるだしか?

  • レザークラフト? 皮革工芸とか革細工のことだろ?

  • そうなんだし! 今ハンドメイドが密かにブームなんだし!

  • たしかに!ハンドメイド作品がネットで売り買いできる時代だからな。

  • そうなんだし!それで有名になっている作家さんもいるらしいんだし!

  • 簡単な登録をするだけで、誰でも自分の作品を販売できるってのが人気の秘密なんだよな。

  • そこで、レザークラフトを始めてその小さなブームに乗っかろうって話なんだし!

  • 若干乗るのが遅い気もするが…

  • 誰でも参加できるらしいし…

  • 誰でもつってもさすがにド素人の作品は誰も買わんだろw おまえだったら、素人感半端ない作品買うか?

  • 何言ってるんだし。買わないし。

  • そうだろ? それにレザークラフトの参考書的なものも出版されているぐらいだから、 趣味にしている人も増えつつあるみたいだぜ!

  • ぼくはライバルが多い方が燃えるタイプなんだし!

  • だれもおまえのことライバル視する人はいないと思うけどなw そもそも、レザークラフトがどれだけ歴史のある文化か知ってるか?

  • 全く知らないし。

  • レザークラフトの起源はおよそ200万年前の旧石器時代にあるんだ。

  • に、二百万年前!!!???

  • 当時、狩猟をしながら生活していた人たちが、寒さや衝撃から身を守るために食料として食べていたの皮を乾かして使っていたんだ。

  • なるほど! 生き抜く為の工夫から始まったんだし!

  • 動物の皮ってそのまま使うと、すぐに腐ったり、乾燥するとすぐに硬くなるんだ。

  • ぼくも冬になるとお肌がカサカサになるから化粧水は必須なんだし!

  • まぁ似たようなもんで、皮にも樹液や薬品を使って乾燥を防ぐ加工が あってこれを『鞣し(なめし)』って言うんだ。

  • ほうほう、舐めし…

  • 鞣しだよ! でも、原始時代の人たちは唾液で皮を鞣していたんだ。

  • やっぱり舐めしなんだし…

  • 植物の樹液を利用した『タンニンなめし』は古代より今も引き継がれている 優れた手法なんだ!

  • 先人の知恵はすごいんだしー!

  • ちなみに『』と『』の違いはわかるか?

  • キラーン! 今日のぼくは冴えてるんだし! やっぱりさっきチョコレート食べたから頭がフル回転なんだし!

  • お、わかったのか?

  • 漢字がちがうし!

  • 今の会話の流れでそんな誰でもわかるような答えの質問しねーわ!

  • じゃあ正解は?

  • 鞣していない状態が『皮』、鞣したものが『革』と呼ぶんだ。

  • へぇー!!また一つ賢くなったんだし!

  • まぁそれから、古代日本では鎧として革が利用されたり、 中世ヨーロッパでは馬具に用いられて、今のレザークラフトに至るって感じかな。

  • レザークラフトって奥が深すぎるんだし!

  • まぁレザークラフト専門のお店なんかも増えてきてるぐらいだから、 人口も増えつつあるってわけだ!

  • ますます興味が湧いてきたんだし! とりあえず、材料と必要な工具を買いにいくんだし!

  • もう何を作ってみたいとか決まってるのか?

  • 何も考えてないし

  • まぁそういうのが売ってるところの店員さんに相談すれば大丈夫か。

  • それ名案なんだし。 サトルのアイデアは今日もキレキレなんだし!

  • レザークラフトショップ

  • あのー、レザークラフトをやりたいんだけどどうやって始めればいいんだし?

  • あらあら。いらっしゃいませ。

    レザークラフトの基本的な工程は、『革を切る』、『縫い穴を開ける』、『革を縫う』です。

  • シンプルだなー

  • 何を買えばできるんだし?

  • 革を切るには革包丁とビニール板、縫い穴を開けるには菱目打ちと槌とゴム板、革を縫うには針と糸が最低限必要です。

  • 菱目打ち?木槌? 耳慣れないワードが出てきたな。

  • どうやって使うんだし?

  • 机に穴があかないように、革の下にゴム板を置きます。 菱目打ちを木槌で叩いて革に縫い穴をあけます。

  • ストレス発散になりそうだし!うりゃー!!

  • そんなとこで発散してんじゃねーよ!

  • あまり強く叩き過ぎますと穴が大きくなりすぎます。

  • 店員さん冷静だなw

  • 何を作られますか?

  • あ。そうだ。スマホケースを作りたいし。

  • スマホケースですか。 はめ込むタイプとか、手帳みたいなタイプとかありますが、どんな感じにしますか?

  • 手帳型がいいし。

  • 仕様によって必要な道具も変わってきますが、 どんな形にされますか?

  • 中にカードを入れられて、スナップボタンで留めるタイプを 作ってみたいんし!

  • でしたらまず革を選びましょう。 中にポケットをつけるんでしたら、革が重なる部分あるので厚さは一ミリぐらいが良さそうですね。

  • 革の厚さまで考えなきゃだめなんだしね!

  • 革の種類によって厚みも違いますが、革を漉いて薄くすることができます。

  • 革を漉く?

  • 革は動物の成長具合によって厚みが異なります。 革を漉く理由としては『軽量化』と『加工しやすくするため』です。

  • ふむふむ、じゃあこの革にするんだし!

  • かしこまりました。 面積は『10デシ』ぐらいあれば十分だと思います。

  • 10デシ???専門用語?

  • 革の面積の単位は通常『DS(デシ)』をつかいます。 10センチ四方が1デシです。

  • なるほど。じゃあ10デシでいくし。 今、レザークラフトの世界に片足入った気がしたんだし!

  • まだ買いもしてねーじゃん!

  • あとは切ったり縫ったりするものとパーツを揃えれば最低限始めることは可能です。

  • 店員さん、いろいろありがとうだし!

  • がんばってくださいね。

  • ただし家

  • さぁさっそく始めるし!

  • まずは革を切るところからだな!

  • さっきの店員さんが、型紙をくれたからそれを切り出して同じ形で革を切ればいいし!

  • これは器用さが必要だな! おまえ不器用そうだけど大丈夫かw

  • 慎重にやるし!

  • 次は切った型紙を革に当てて鉄筆でケガキだな!

  • ケ、ケガキ? 何その専門用語?どこで覚えたんだし?

  • さっきのお店でちらっと本を立ち読みしてたんだよ。 この作業も失敗したら取り返しつかねーぞww

  • 全然気を抜けないし。

  • 次は革の切り出しだな!

  • ついに革を切る時がきたんだし!

  • カーブのところとか絶対難しいじゃん!! あとカメラの穴とか!

  • 入魂!!!

  • いやいや、素人が勢い良すぎww

  • なんとか全部切れたし!

  • 意外に形になってるなw

    次は下処理だな! 床面の処理とコバ磨きだ!

  • どうしたらいいし?

  • 床面に専用の薬品をつけてガラス板でガシガシこすると、 毛羽立ちが抑えられて仕上がりが綺麗になるんだ! ちなみに革の表が銀面で、裏が床面な!

  • これは、そんなに難しくないんだし〜♪

  • コバ磨きはまずへり落としをしてから、さっきの薬品をつけてちょっと乾いてきたぐらいに固いもので磨くんだ!

  • へりってどこだしか?

  • 革の切断面のことだよ!直角の断面を落として丸くするって感じ。 この作業をするかしないかで、仕上がりが大きく変わってくるらしいぜ!

  • こいつやったことないのにすごい吸収力だし…。

  • 次は縫うための穴を開ける作業だな!

  • これがさっき言ってた菱目打ちと木槌を使うやつだし!

  • その前に捻を引いておくとまっすぐ穴を開けられるんだよ!

  • わ、わかったし!

  • 何やってるんだ?

  • まっすぐ縫えるように念を込めてるんだし!

  • ちげーよ! ネジ捻を使ってガイドライン(縫しろ)を引くんだよ!

  • 工程が多いだし〜 早く縫いたいし〜

  • 別に省略してもいいぞ! やったほうが絶対綺麗に縫えるけどな!

  • …ふぅ〜!穴まであけられたし! あとは縫うだけなんだし!

  • あとはもう根気あるのみww

  • ぬおお。固いしたいへんだしー!

  • そして…

  • 完成したしーーー!!

  • どれどれ? おー!最初にしては上出来なんじゃないか?

  • さっそくスマホにつけるし!

  • …あ。

  • どうしたんだ?

  • ボクスマホもってないからパソコン持ち歩いてるんだったし…

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.