ライト文芸ってなんで流行ってるんだし?

ゆりかがライト文芸とはなにかを語るようです。 ライト文芸やスレイヤーズ,本屋大賞を交えながらわかりやすく解説

2016/04/22

駱駝家

4

ライト文芸 スレイヤーズ 本屋大賞 流行 ライトノベル ビブリア古書堂事件手帖シリーズ ロードス島戦記

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 天気の良い日の午後、ただしが本屋に向かっていると店と併設されたブックカフェのテラス席でなにやら熱心に本を読んでいるゆりかを発見。さっそく声をかけてみるのですが?

  • ゆりかじゃないしか、なにを熱心に読んでいるんだし?おーい、ゆりか。

  • ……。

  • あれ?聞こえないし?ゆりか~なにを読んでいるんだし?

  • ………。

  • このカフェラテとタルト貰っちゃうだしよ?

  • なに、人の食べ物に手を出してんのよ!このハイエナがぁ!

  • 聞こえてるんじゃないだしか!

  • もう!せっかく栞子さんの気分になってたのにだいなしだわ。

  • 栞子さん?

  • このビブリア古書堂事件手帖シリーズの主役の名前よ。極度の人見知りなんだけど美人で本の事にはすごく詳しくて抜群の推理力を持っている人なの。まるで私みたいっ!

  • ……流したわね、あんた。

  • え?…うーんと…このラノベ流行っているのかし?

  • もちろんよ。でもこの本はライトノベルとはちょっと違うの……『ライト文芸』って呼ばれているジャンルの小説なのよ。

  • らいとぶんげい?ライトノベルとどう違うんだし?

  • 実はまだ結構、その定義が曖昧で『大人向けライトノベル』とか『キャラ文芸キャラクター小説』『キャラクター文芸』『キャラノベ』とか言われたりもしてるわ。最近になってようやくライト文芸っていう名前でかたまりつつあるみたいなんだけど。最初の頃はこの店の店員さんもどの棚に置いていいのか悩んでたって言ってたわ。

  • 書店員さんとそういう話するんだし?

  • だって、私はここの店の常連だもの。

  • 僕も常連だけど店員さんとそんな話したことないし?

  • 常連って、立ち読みの?

  • そう、立ち読みの……

  • って違うし!何を言わせるし!

  • ごめん、今のは私が悪かったわ。

    話をもとに戻すとね、書店も最初は店ごとに独自ルールを作って分類していたそうなの。ちなみにこの店では文芸書のサイズのものはライト文芸、文庫は内容によって担当者が判断して一般の文庫とライトノベルにわけて並べていたそうよ。

    今は出版社が専用のレーベルを立ち上げ始めたし、読みくらべて比較したからライトノベルとの違いもわかってきたそうなんだけど

  • どんな違いがあるんだし?

  • 興味あるなら、店内に行ってみる?今ならお店でライト文芸のフェアを行っているから専用のコ―ナ―があるわよ?

  • 行ってみたいし。そのためには大急ぎでこのタルトを食べなきゃだし!おう、甘酸っぱいイチゴに濃厚なクリームのハーモニーがたまらんし!

  • だから、人の食べ物に手を出すなって言ってんでしょ!この餓鬼がぁ!

  • 痛いし!やっぱり栞子さんじゃないし!

  • ううう、結局ほとんど食べられちゃったわ……

    さて、ここがライト文芸のコーナーです。

  • 見た目だけじゃ区別がつかないし?

  • そうね、アニメ風のイラストが表紙のものが多いしね。だけどライト文芸の方が画風が落ち着いた雰囲気のものが多いでしょう?

  • 確かに、特に女の子に萌え度が低いだし。

  • 萌え、っていうのはライトノベルでは重要な要素だけどね。ライト文芸だと抑えめなのよ。

  • あ!さっきゆりかが読んでたビブリアシリーズもあるだし。

  • そう、このコーナーにビブリアシリーズははずせないわ。なんて言ったってライト文芸人気の火付け役だとも言われてるんだから

  • そうなんだしか、すごいだし!

  • ビブリアシリーズを出版しているメディアワークス文庫は『大人のためのライトノベル』をコンセプトとして発刊されたの。そうして発売されたラインナップのなかで、このビブリアシリーズが大ヒットして2012年の年間ベストセラー文庫部門の1位を獲得したわ。

  • お、こっちはなんだか更に落ち着いてる雰囲気の表紙だし

  • それは双葉社出版の『君の膵臓が食べたい』ね。2016年本屋大賞の補作にもノミネートされたヒット作よ。セカチュー以来の純愛小説として注目されてるの。この本までいくと一般書のコーナーにあっても違和感ないわよね。

  • ミステリーに純愛……ファンタジーはないんだし?

  • あるわよ、これなんかそう。アルファポリスの『GATE 自衛隊彼の地にて斯く戦えり』。

    銀座に突然開かれたゲートを通って異世界に行った自衛隊が榴弾砲や戦車で竜や帝国と戦う話よ

  • ファンタジーだけど、シブいというか妙にリアルな題材だし。

  • 設定が現実と地続きなものが多いのがライトノベルとの大きな違いのひとつだわね。

  • 棚を見ると、ファンタジーや学園ラブコメの多いライトノベルと違って、ミステリーや仕事ものの話が多いし。ファンタジーでも剣と冒険というよりは、そこの異世界で生活する為にはどうすればよいかっていう展開の話が多いみたいだし。

  • 展開だけでなく、それを表現するための地の文章も違うのよ。もちろん作家によって個性はあるけれど読みやすい描写やセリフが多いライトノベルと比較すると細かい情景描写が多いの。一般文芸よりだわね。

    だけど、キャラクターはライトノベル寄りの作り方なのよ。リアルさよりも、読者に憧れや共感を感じさせる魅力を持った漫画的な設定のキャラクターが多いの。栞子さんみたいにね。

  • 文章や設定は一般文芸、キャラはライトノベル……なんか、一般文芸とラノベのハーフみたいだし。

  • ハーフというよりはライトノベルの進化した形と言うべきかしら?メディアワークス文庫のコンセプトからもわかるようにライト文芸のターゲットは今の30~40代なのよ。彼らは10代の頃、つまり80年代から2000年代初期のライトノベルが第一次ブームを迎えていた頃に熱心な読者だった人達なのよ。

  • その頃は確か、スレイヤーズ!ロードス島戦記が大人気だし!僕もよく読んだし!爆れつハンターも良かっただし!ティラには萌えたし!

私はショコラ派
  • ……え、こいつもしや年齢詐称?

  • 細かいことは気にするなし

www
www
  • つまりライトノベルや漫画、アニメに親しんで育ってきた大人達は今でも読書を好む人が多い。しかも全体的な人数も圧倒的に多いわ

  • 団塊ジュニアポスト団塊ジュニアって言われてる世代だしね。

  • ライト文芸のヒットの要因はその世代の人達が手に取ってくれたことも大きいわ。

    人数の多い世代に受け入れられることで大きなシェアを産んだのよ。彼らが少年少女時代に親しんだとっつきやすい漫画やライトノベルのテイストを持ちつつも、そこに大人でも満足出来る文学性を加えたジャンル、それがライト文芸ってところかしら?

  • なるほど、流行る理由がわかった気がするし。そういやビブリアシリーズはテレビドラマになっていたのも思い出したし、確か栞子さんがAKIRAで……。

  • あんなでかい栞子さんがいてたまるか!EXILEは好きだけど許さないわよ。

    そうビブリアシリーズは実写ドラマにGATEはアニメ化にされたわ。一般小説とライトノベルの中間の作風はメディアミックスにおいても幅を大きく出来るのも有利な点よね。

    メディア化によって最初のターゲットにされた読者層より更に若い世代にもアピール出来るからこの先も人気は広がっていくんじゃないかしら?

  • なるほど、興味が出てきたし。よし、僕も……。

  • あら、どれか読んでみる気になったの?

  • しばらく、このコーナーで立ち読みしてみるし!

  • やっぱり立ち読みの常連なんじゃないの!帰れ!

www
  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.