Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.

センスの塊。現代を切り取ったポップユニットSugar's Campaignにハマるようです。

音楽の枠を超えて活躍するSugar's Campaignとは?? Sugar's Campaignやネトカノ,ユニットを交えながらわかりやすく解説

2017/01/23

中本二郎

0

Sugar's Campaign ネトカノ ユニット 音楽 ママゴト Avec Avec Seiho FRIENDS

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 若くして多くの楽曲をプロデュースする二人組ポップ音楽ユニット、Sugar's Campaign。ユニットとしては寡作なものの、その類まれなセンスで注目を集める秘密に二人が迫ります。

  • セイッ!セイッ!

  • なんだ、暑っくるしいな。

  • ヨーソロー!

  • こんどはなんか変な宗教にハマったのか?

  • 違うし!
    徹夜で長渕のライブDVDを観たんだし!
    これから国会議事堂にションベンひっかけに行ってくるし!

  • 逮捕されるからやめとけ。

  • …ってしないし!
    そのくらいの気持ちだって言ってるだけだし!

  • すぐに影響されるな、お前は。

  • 長渕は男の魂だし!

  • まぁ、たしかに長渕は最高だよな。

  • 男だったら惚れちゃうしー!

  • いいミュージシャンは時代の声を代弁するからな。
    時代といえば、タイプは180度ちがうけど、最近これにハマってるんだ。

  • なんだし?永ちゃんだし?鳥羽一郎だし?

  • 惜しいな。
    Sugar's Campaignだ。

  • しゅがーず・きゃんぺーん…?
    どんなキャンペーンが実施中なんだし?

  • ユニット名だよ。四年前にネトカノがYoutubeに公開され、有名になった。

  • ネトカノってなんだし! 軟弱な感じだし!

    男は黙って巡恋歌だし!

  • …んー…でもなんか心地いい音だし。

  • うん。
    かなり未来を先取った音楽だったな。

  • ふむ〜…。
    なんだかリラックスしてきたし。

  • 麻酔銃を撃たれたカバかよ。
    現代を生きる若者なら心に響くものがあるだろうな。

  • Sugar's Campaignってのはどういう人たちなんだし?

  • Avec Avecこと、Takuma Hosokawaが、高校時代に結成したバンドに、大学のサークル仲間のSeihoことSeiho Hayakawaがサポート参加したことがきっかけで、2011年に2人組ユニットとして結成された。ちなみに二人とも1987年生まれ。

  • ふむふむ、バンド仲間だったんだし。
    きっと細川さんと早川さんだし。Avec Avec…なんて読むし?あべしあべし?

  • アベックアベック、な。
    さっきの「ネトカノ」は、結成後の2012年に公開されたんだ。

  • デビュー直後にすごいんだしー。

  • その後、2014年に「ネトカノ」が正式リリースし、ビクター系の「SPEEDSTAR」レーベルからメジャーデビューし、ファーストアルバム「FRIENDS」を発表したんだ。

  • ほうほう、Youtubeで発表してからリリースするまで二年も経ってるんだし。

  • ただの一時的な流行じゃないってことだな。

  • で、どっちがボーカルなんだし?

  • Sugar's Campaignは、ゲストボーカルを招く形を取っているんだ。

  • ええっ?そうなのかし?
    そんなの初めて聞いたし!

  • 他にもいるだろ。
    全曲じゃないけどスカパラとか。バンドってすべてがボーカル中心てわけじゃないぞ。

  • ああ、たしかにそうだし。
    オリジナルラブとかハナレグミとかボーカルに迎えてるし。

  • ボーカル佐藤伸治亡き後のFishmansだってそうだしな。

  • ほうほう、学生時代のバンド仲間からなのに、かなり独特なスタイルなんだし。
    どんな音楽に影響を受けてきたのか気になるし。

  • 岡村靖幸、久保田利伸、トッドラングレン等らしい。

  • 意外と普通だったし!
    なんか聴いたことない海外のDJとかかと思ったし!

  • だよな。
    音楽以外でも、ポンキッキーズや90年代のアニメに強い影響を受けたらしい。

  • あー…
    それは確かにわかる気がするし。
    ポンキッキーズはポップカルチャーだし!

  • だから斬新だけどすごく日本的な音なんだよな。
    それに、Seihoはビートメイカーとして以外にも、DJ、VJとしても活動している。
    SonarSound Tokyo 2012に出演し、MTV2013年注目の若手プロデューサー7人にも選ばれた。

  • マルチアーチストだし!

  • Avec Avecのほうも、Sugar's Campaignのトラックメイカーとして以外にも、作曲・編曲もこなし、livetune、南波志帆、東京女子流、Buffalo Daughterなどリミックスを手がけたり、一十三十一やYun*chi、さかいゆう、chay、牧野由依などの楽曲プロデュースもこなしている。

  • すごいし! バッファロー・ドーター知ってるし! …いちじゅうさんじゅういち??

  • ひとみとい、な。

  • へぇ、そう読むんだし。
    他の楽曲も聴きたいし!

  • ホリデイもすごく良いぞ。

  • アンニュイでメロウなサウンドがマインドをプッシュアップするし

  • 無理に評論しなくていいぞ。

  • で、そんな彼らが「FRIENDS」以来一年半ぶりとなる2ndアルバム「ママゴト」をリリースしたんだ。

  • ほうほう、いろいろやってきてなんだか不思議な感じのするタイトルだし。

  • 前回の「FRIENDS」のテーマは「男と女」「大人と子供」だったけど、今回は「家族」「偶然」がテーマだそうだ。

  • そうなんだし。なんか深いし。

  • 「個人と世界」はよくあるテーマだけど、意外と「自分と家族」「家族と世界」というのは考えられてないからというのも理由だそうだ。

  • うーん。確かにそうかもしれないし。
    自分と家族については考えたことあるけど、家族と世界??って考えたことはないし。

  • まぁそうだろうな。

  • あ、でも、うちは周りに比べて貧乏だっていうのはずっと思ってたし。

  • まぁ、そういうのも一つだろう。

  • 僕だって金持ちの家に生まれてれば今こんなことには…

  • 家のせいにしてんじゃねえよ。
    このニューアルバムでも聴いて考え直せ。

  • お、くれるんだし?

  • ああ、これをきっかけにSugar's Campaignにハマってくれればおれも嬉しいし。

  • ありがとうだし!感謝するし!
    サトルこそが僕のフレンズでファミリーだし!

  • 翌日。

  • 「家族」を聴いて、家族のありがたみを再認識したし!

  • うんうん、そうだろ。

  • 焼け付くコールタールの屋根で僕は今、孤独というになったんだし!

  • そりゃ長渕の「家族」だろ!!!!

    セイッ!!!!