第3話

全4話

キャッシュフロー計算書って何だし?…ただしでもわかる決算資料・キャッシュフロー計算書編 第3話

キャッシュフロー計算書ってこういうもんだったのか?! キャッシュフロー計算書や財務,社債償還を交えながらわかりやすく解説

2016/06/06

メリージェーン

1

キャッシュフロー計算書 財務 社債償還 ビジネス 企業 損益計算書 貸借対照表

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ただしがざっくり決算資料の読み方をおしえてくれるようです。次は「キャッシュフロー計算書」です。

  • ということで今回はキャッシュフロー計算書について説明していくぞ。

へー
  • キャッシュフローは働いている人みんなにとってとても大事なものなんだし! 僕含めてこれからの社会人には必要な知識なんだし!

  • 確かにそうだな。というか、キャッシュフローってお前意味知っているのか?

  • ズバっというだし! キャッシュフローは企業が稼いだお金から、会社が活動するのに必要なお金を差し引いた、余剰資金の流れのことだし!

  • ふーん。それなら損益計算書にも同じような内容が記載されてるけど、それとはどう違うんだ?

  • それをこれから調べながらサトルと話していくんだしよ……。

  • はぁ? 自分から話題を振っておいて、キャッシュフローについてよくわかっていないのか?

  • だって、難しくて理解するのが大変なんだしもん……。

  • いいか? 最初に言っておくが、難しいお題を無理やりやるものではないぞ?!

  • そうなのかし? キャッシュフローについてサトルは詳しいのかし?

  • まあお前よりはな。

  • あ、じゃあさっきの損益計算書とキャッシュフロー計算書の違いもわかってるのかし?

  • ある程度の内容や違いなら説明できないこともない。

  • ふぇー。で、どういう違いなのかし?

  • まず目的が違う。キャッシュフロー計算書は「お金の流れ」をつかむための一覧表で、損益計算書は、その会社が一年間、10年間……といった時間の流れの中でにどれだけ儲けたかを表す表のことだ。

  • 貸借対照表は会社の財産、つまり資産の残高を示す一覧表のことだ。表で左側に書かれた数値があるだろ、あれが資産だ。この3つの表は記載された数値や内容は重複するが、それぞれ作成する目的と知りたい内容は全然違うんだ。

  • なんだかサトル経営者みたいだし!

  • 企業のキャッシュが枯渇してしまうことは、企業の「死」を意味するんだ。わかるか?

    会社に勤めていれば誰でも売り上げを意識するし、このことは実感として、経営者だけじゃなくて一般のサラリーマンや従業員だって感じているはずだ。

  • 死?!なんかものすごく怖いんだし!でも、キャッシュフロー計算書がいかに大事かってことがなんとなくわかったような気がするんだし!

  • まあ今じゃ日本の企業は皆損益計算書や貸借対照表と一緒に、キャッシュフロー計算書の提出が義務付けられてるからみんなある程度詳しくて当たり前っちゃ当たり前だけどな。

  • そうなのかし? ちなみに話戻るけど、お金の流れってどういう意味なんだし?

  • キャッシュフローにおけるお金の流れってのは、「資金繰り」について理解することなんだ。よくあるだろ、黒字倒産とか、売掛金とか。ああいうのは会社が利益を確定してから実際にキャッシュが入るまでがとても重要で、実際に現金が手に入ってこなければ意味がないんだ。キャッシュフロー計算書は、売り上げを出して現金を得るまでの流れを把握するための表で、「利益は意見、キャッシュは事実」っていうくらいの言葉まであるくらいだ。

  • ????????????? そ、そうなんだし?!つまり利益と収入ってのは別物なんだし?!

  • そう。さらにキャッシュフロー計算書には現金の回収・支払時点で計上されるんだ。この表を見ることで会社の実際の手元資金・支払能力を把握するんだな。

  • う〜ん、う〜ん。ちょっと待ってくれだし。それじゃあ日々つけてる家計簿なんかもキャッシュフロー計算書になるんだし?

  • 似たようなものだな。 家計簿は、自分が支出したお金を記録して手元にある残額を計算する!世間のママさんは皆お金の流れを把握するために家計簿をつけてるだろ?

  • なるほど。でも企業の場合だとお金を支出した項目や収入の種類はいくつもあるんだし!

  • 確かにそうだ。各会社の本業で得る収益、これから取り組む新規事業に対する投資からの収益、他にも株式とか不動産収益とかいろいろあるな。

  • 項目が多くて表も見づらくなりそうだし!

  • そこで、キャッシュフロー計算書に記載する項目は3つに分けて記載することになってて、売り上げた収益の内容によって記載場所が異なるんだ。

  • そうなんだし! どうやって区分けしてるんだし?

  • まずはさっき言ってた本業で得る収入では、会社の本業で売り上げた収入から収入をあげるのに要した費用を差し引いた金額を示す。この区分のお金の流れのことを、営業活動によるキャッシュフローっていうんだ。

  • ここもすべて現金が入った時点で計上しているのかし?

  • そう。現金売上、前受金、売掛金回収などの収入項目から現金仕入、人件費、諸経費などを差し引いた過不足分を見て、どれだけキャッシュを生み出したかがわかる。

  • あとは何があるんだし?

  • あとは、投資活動によるキャッシュフローっていう、将来さらに利益を生み出すために投資した工場建設・機械購入、あとは企業買収とか証券購入とかの収支を表す項目もある。

  • なるほどだし! でも、例えば有価証券を売却して得た収入はただ現金収入として表すだけで、得をしたか損をしたかを示すものではないんだし?

  • その通りだ。あくまで今期得た現金の流れと合計を算出するだけだから、損得などは考慮に入れてない。まあ元々この計算書は利益が出たかを確かめるものではないからな。

  • 他はまだあるのかし?

  • 最後は財務活動によるキャッシュフローってのがある。増資や長期借入金などによる収入から社債償還、借入金返済支出を差し引いた金額を示すものだな。

  • 増資や長期借入金で収入ってどうやって得られるんだし?僕も今後お金稼ぐ副業みたいな感じで参考にしたいんだし!

  • そういうことじゃないよ、ただし。いいか? ここでいう収入は、現金を得た結果だけを表すだけであって、収益を上げたこととは違うんだ。例えば、増資することで会社の資本の増強が可能になるだろ?それで現金収入として計上されるけど、でもそれが企業の利益を生み出す結果になるかはわからないし、また別の話だ。

  • そうだったし。。

    でもだんだん分かってきたしよ〜、キャッシュフローが!!

  • 俺の知識が役に立ってよかったよ。

  • でも実際にどうやって作ればいいかわからないし!どうやって作成に取り掛かればいいのかし!

  • 算出すべき各項目は雛形をベースに作ったり、税理士に相談しながら作るのが一般的だから、あまり作成方法は気にしなくていいと思う。むしろ今まで話してきたキャッシュフローの意味や概念などを念頭において、自分の会社の資金繰りや経営状態を見れるようにしておくことがむしろ大事だ。

  • なるほどだし!ああなんかこうしているうちに僕の会社の資金繰りやキャッシュフロー計算書が見たくなってきたんだし!ちょっと会社にいってくるんだし!

  • 急だな。あっ、ちょっと待て。損益計算書、キャッシュフロー計算書と続けば、あとは貸借対照表について説明しとかなきゃな。会社行く前に貸借対照表にについて解説させてくれ。

  • つづく

キャッシュフロー計算書って何だし?…ただしでもわかる決算資料・キャッシュフロー計算書編 第3話
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.