第1話

全3話

どうすればいいんだっ!?愛を知るには、愛知 第1話

名古屋へ愛を知りに旅に出るし! 愛知県やトラベル,愛を交えながらわかりやすく解説

2016/09/23

えいすけこばやし

1

愛知県 トラベル グルメ 旅行 新幹線

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • どうやら最近、愛に飢えているらしく、その「愛」を知る為、得る為に何故か「名古屋」を旅するようです。しかも今回は珍しくさとるとの二人旅。まあ、確実にいざこざが発生するでしょうね……。

  • 愛を~ください~~~WOWWOW~~
    愛を~~~くださ~~~い~~~!

  • うるせええ!! なんだよその曲! というか歌。

ワロタ
  • ダメだし?
    愛を叫んでいるんだし! 心からの叫びだし!

  • まあ、そんな事は今回はどうでもいいんだよ。
    実はな、そんな「愛」に飢えているお前の為に、ボビーロンドン運営委員会にお願いして俺とお前の二人旅行の許可をもらってきたんだぜ!

  • ほ、本当だし!!!! でも、サトルと二人っきりというのが少々気に食わないし……。

  • は? 今なんつった?

  • だ、だって……。できれば、ゆりかちゃんとが良かったな、なんて思ってしまったんだし。

  • 俺だって同じだわ!
    もちろん最初は俺とゆりかの案を提案したんだけどな、連絡を取ってもらったら速攻でゆりかから「no!」と言われたらしくてな……。結局はこのポンコツ二人組になってしまったというわけだ。

  • 悲しいし……。

  • ああ、悲しいな……。俺までお前と同じように「愛」が欲しくなってきたぜ。

  • じゃあ、仕方ないだしから、愛を二人で見つけにいくだし!

  • そうだな、そうしよう。しかし、愛は外に見つけるのであって、二人の中に「産む」にだけはやめような……。

  • だしね……。

    で、今回はどこへいくんだし?
    愛というからには、南国の美しい海や、ヨーロッパとかの街並みを歩くんだしか?

  • 残念……。日本だ。

  • すると、沖縄とかの透明な海! って感じだし?

  • 残念。
    というか、お前実は知っているだろ……。タイトル見て……。

  • はい、だし……実は知っていたんだしが、可能性に賭けてみようと思ったし……。

  • いや、今回は変更なしだ。つまりは、ある意味ダジャレ的になるが、愛を知る。つまりは?

  • ああ、そういうことになるな。

  • 愛知県だしか……。
    ボク、なにがあるのか正直全く知らないんだし……。

    愛知の方には現時点では申し訳ないのだしが、正直、関東に属するのか、関西に属するのかもわからないだし。どんな方言なのかもわからないし……。

  • いやいや、愛知をなめてはいけないぜ!
    そのある意味の中間だからこそ、不思議な独自な文化が息づいているとも言えるんだ。

  • 確かにそう言われるとワクワクしてくるし!
    逆に、未知の領域に足踏み入れる感じだし! 東京で言うと、町田市って感じだし。

  • なんか、分からないようで、ちょっと分かる……。

  • じゃあ、早速出発だしか?

  • そうだな。新幹線のチケットはすでに運営から受け取っているから、いつでも行こうと思えばいけるぞ!

    もちろんすぐにあまり予定を立てない風まかせ旅もいいが、今回は事前に二人で旅のしおりみたいのを作ってみるのはどうだろうな?

  • えーーー面倒だし……。男にそんなものは必要ないんだし。男は行き当たりばったりが美しいんだしよ。

  • いいか、よく考えろ。今回の旅の目的はただの観光ではないぞ! 愛! 愛! を知るための旅なんだぞ!! 愛には予定が必要だ。多分。

  • なるほどだし。愛なんだしよね。愛とお金は計画的にだしね。

  • その通りだ。 ということで、こんなものを実は作ってみた。

  • えーーーーーーーーーーーーーー! もう作ってあるんだし?!

  • ああ。このしおりのタイトル、名付けて、 「サトルとただしの、愛を知りに愛知へ行こう!」だぁぁぁぁ!

  • ダサいし……。こんなの、もし旅先でかわい子ちゃんに見られたら確実にゲイのカップルだと思われるし。

    そして、愛を知る旅なのに、愛が遠ざかっていく気がするし……。

  • そ、そうか……? 結構いいセンスだと思ったんだがなあ。

  • 全然ダメだしね。ボクがタイトルを考えてあげるし。

  • ああ、じゃあ頼むわ。

  • ええっと、ええとだしね。こんなのはどうだし?

    愛のままにわがままに、ボク達は愛だけを傷つけない。の旅」!!だし!!

  • なんか、短パンの歌手の匂いがするな……。しかもなんかさらにダセえな……。

  • じゃあ、こんなのはどうだし?

    いっち、にっ、さん、愛知

  • なんか、テレビ東京の某番組の、しかもなんか古い感性をものすごい感じるな……。

  • じゃあ、どうすればいいんだしかっっっっ! 愛知さんようっ!!

  • それだっっっっっっっ!!!

  • な、なんだし????

  • 題して、「どうすればいいんだっ!?愛を知るには、愛知

  • うおーーーーーーーーーーーーーーーー! これだし! これぞ愛の謎と愛知県の叫びだし!!

  • よし!!! じゃあ、これでいこう!!
    これで愛に一歩近づいたな。

  • だしね……。

  • でも待てよ。まだできているのはこのタイトルだけなんだよな……実は。

  • そうだしねえ。でも、やっぱり雑誌やネット等を使って事前に調べすぎてしまうと、ボクは真実の愛には近ずけない気がするんだし。

  • そういうものか?

  • きっとそうだし。
    例えば、好きな子がいるとして、その子となんとか付き合いたいからといって、事前にその子の事を調べたりするのはあまりボクは好きじゃないんだし!

    それは卑怯なんだし!
    そんな探偵みたいな事は愛には必要ないんだし!!

  • なるほどな。
    なんとなく説得力はある気はするが、一番の問題はその方法を今まで必死に貫いてきて、一度も女性と付き合えた事がないお前が言うと一気にその説得力は無くなるんだよな……。

  • へっ! それでもいいんだし。ボクは真実の愛に出会えればそれでいいんだし。目先の小さなものなんてどうでもいいんだし。

  • その真実の愛とやらが愛知県でみつかるといいけどな……。

  • だって、そういうサトルだって愛を求めているんだしよね?

  • ああ、確かにそうだな。でもな、俺はお前とはちょっと価値観が違う。
    俺は、目先の小さい愛もすべて受け入れる。そして、そういう愛を自分の力にして、そして気がつけば本当の愛に触れている。
    そんな男なのさ。

  • よし! それじゃあ、今回の愛知県の旅はお互いの愛の形、どっちが正しいかの勝負になるし!

  • ああ、そうなるかもしれないな。

  • でも、今回のこの「愛知県」のお題だしが、すごい事になっているんだし。

  • どういうことだ?

  • だって、愛知県というお題だしのに、もう第1話が終わるのに愛知県に全く足を踏み入れていなんだし……。

  • そ、そうだな……。すげえな……。

  • まあまあ、でも、この壮大なイントロダクションがあるからこそ、旅の内容がきっと濃くなるんだしよね。

  • だといいがな……。

  • それじゃあ、明日から出発だし!!

  • おう! 愛を知りに行こうぜ! 愛知!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.