ちょっと前にシャープがもめてたし。ただしが偶発債務について考えてみるようです。

シャープがもめてた偶発債務ってなんなの? 偶発債務やホンハイ,買収を交えながらわかりやすく解説

2016/06/03

メリージェーン

0

偶発債務 ホンハイ 買収 ビジネス フォックスコン シャープ

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は偶発債務について紹介していきます。みなさんあまり聞きなれないワードかもしれませんが、最近話題のシャープが鴻海(ホンハイ)精密工業に買収されたニュースもこの偶発債務が絡んでいるのです。どうやらただしとサトルがシャープのニュースについて話しているようです。

  • シャープが買収されたんだし。。

  • ここから経営再建だな。

  • どういう経緯で買収の流れになったんだし?

  • 鴻海(フォックスコン)の会長が突然来日してトップセールスの果てに、いきなり好条件出して、政府系ファンドの産業革新機構で進めようとしていたシャープ買収案をもぎ取っていったというのが今回の流れだ。

  • なるほど!フォックスコン会長も隅におけないんだし〜

  • やり手だな。でも少し前に別のニュースで、買収案件がまとまる前にシャープから総額約3500億円の「偶発債務」のリストを受け取ったって出てたな。

  • 偶発債務ってのは、訴訟や会計変更などで将来返済義務の発生する恐れがある債務の事だ。

  • ちょっとよくわからないんだし。

  • まあこれだけじゃちんぷんかんだわな。とりあえず債務から遡って説明するぞ。ただし、債務ってなんだ?

  • 債務は借金の事だし!

  • まあそうだな。一般用語としては「借金」と同義語になるんだが、会計の世界においてはちょっと位置づけが変わる。

  • どう違うんだし?

  • 貸借対照表では、負債の種類で「固定負債」と「流動負債」に分別される。ここまではいいか?

  • わかるんだし!1年以内に返済すべきものが流動負債、1年を超えてゆっくり返済する負債が固定負債だし!

  • そうだ。それで、その各負債の中で社債や借入金などの、如何にも借金っていうようなものと、「引当金」って記載されてるものにさらに分けられる。

  • 確かに対照表の項目を見てみると違うんだし!

  • 会計学の世界では、負債と言えば、社債や借入金などの金銭債務と製品保証引当金といった引当金に分類される。かなりざっくりだけどな。

  • 金銭債務はなんとなくわかるけど、引当金がピンとこないんだし。。

  • 金銭債務は分かりやすいよな。いずれ現金を支払わければならない義務を指してる。住宅ローンやクレジットカードの支払残高と同じだな。

  • ふんふん。

  • んで、引当金というのはちょっと難しいけど、将来発生するであるだろう損失、費用などの支出に備えて前もって準備する金額のこという。

  • ていうことは、将来損益・費用として発生しそうだと思ったら引当金に計上するんだし?

  • そうだ。 こういった、将来発生する費用を、事前に正しく計上しておくことは、『期間収益対応の原則』という会計の基本的なルールに基づく考え方なんだ。

  • なるほど!! でもこれだと、とりあえずめいいっぱい引当金を積んでおいて、利益を圧縮してから、やっぱり大したことなかったし!っていって取り崩せば、めっちゃ儲かったように見せられることも可能だし!!

  • お前そういう所変に物分りがいいな。でもお前みたいな儲かったように見せたい人が出てきたから、会計学の世界では、引当金の設定に一定の条件を設けてる。

  • どういう条件だし??

  • 企業会計原則を忠実に読むと、「将来の特定の費用又は損失であって、その発生が当期以前の事象に起因し、発生の可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見積ることができる場合には、当期の負担に属する金額を当期の費用又は損失として引当金に繰入れ、当該引当金の残高を貸借対照表の負債の部又は資産の部に記載するものとする。」という内容が記載されてる。

  • 全く意味がわからないし…。

  • まあこれは全文のうちの一部を引用してるから概要はつかみづらいと思うわ。

  • ちゃんと説明してくれし!

  • わかったわかった。噛み砕いて説明すると、

    ①お金がかかる可能性があること、あるいはもう既に起こってしまっていて
    ②かなり高確率で発生して
    ③その金額がどの程度か予想できる場合

    に引当金に計上できる。つまりほぼ100%発生することが予想されてその金額も明らかな場合に計上するってこと。

  • なるほど、曖昧な項目は引当金にはできないんだし。勉強になったし!

  • んで今回のシャープの案件に戻すと、債務について、ソーラーパネルの買付予約の残高が283億円、電気料金の長期契約のトラブル、欧州での訴訟などが見積不能とされて隠されていたんだ。

  • じゃあこれらをちゃんと次回の利益を計算できていなかったから、後から莫大な債務がわかったんだし?

  • その通り。いずれにせよ、まだお金を払うことが確定したわけではないから金銭債務にはない。かつ、それぞれで発生する金額が異なる上に、どれぐらいの金額になるのかも分からない。こういったケースを「偶発債務」というんだ。

  • そういうことだし。。金額も予測できないから引当金にも計上できないから、どう処理していいかわかんないし。

  • こういう偶発債務が難しい部分ってのは、金額が評価しづらいのもそうなだけど、経営陣自身もその存在に気がついていないようなものもあるんだよね。

  • 社長たちもそこまで気をくばることはできないってことだし!?

  • それもあるだろうし、金銭債務であれば契約書があるから、引当金はある程度繰り返し使う以上なんとなくは認識できるんだけど、突発的に起こるリスクを予想するのは難しい(勿論それが経営者のしごとなんだけど)。

  • それにしても3500億円は大きすぎる金だし!わからないわけないし!!

  • お前マルサみたいなこと言うな。

  • 会社の意図的な隠蔽工作だしー!

  • まあ真相はわからんが、帳簿上は判断できなかったってことだな。実際に鴻海は、シャープが送付した「新たな重大情報」=偶発債務について精査する必要があるため、状況が十分に把握できるまで買収の正式契約を延期すると発表してたし。

  • それだけデカイ金額だとすぐには買収するにも判断が必要だし。

  • でもこれはフォックスコン側にも責任はあるんだよね。会社を買う以上、どの程度リスクがあるのかは、きっちりと評価する。こういった作業を「デューデリジェンス」って言うんだけれど、特にこういうする会社を買う以上、ちゃんとしっかり確認した上で買収する作業に入るってことだから。

  • なんだか誰が悪いってことも一概には決めれないんだし。

  • でも買収する会社ってのは、埃叩けば色いろ出てくることもシャープだけじゃなくてあるだろうし、それを「意図的に隠していた」んだったら、非難されて然るべきで、フォックスコン側もこういったものに手を出す以上は、課題が見えてくる前提で進めていくのが鉄則のはずだけどね。

  • こんな3500億円の偶発債務を作らなければいい話だし!!

  • ごもっともだな。

  • 僕なんか自分の財布から500円玉がなくなっただけでも相当焦るんだし! 経営陣にはお金の管理の大切さを身をもって感じて欲しいし!

  • 何様だよお前は。

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.