第6話

全7話

ただし達がインドに旅に出たの巻 第6話

インドの火葬はワイルドだし! インドやヒンズー教,火葬場を交えながらわかりやすく解説

2015/12/17

中本二郎

26

インド ヒンズー教 火葬場 トラベル マナリ タブラー ヨガ 佐々井秀嶺 ブッダ ガンジャ バラナシ ガンジス川 仏教 海外旅行

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インド旅行に来たただしとサトル。

    バラナシを満喫後、マナリーというところに温泉があることを聞いて最後にバラナシを観てまわることに。

  • んがー

  • おい、ただし、起きろ。

  • んがー… もう色水はたくさんだし…

  • そろそろバラナシを出るから、もうちょっと見てまわっておこうぜ。

  • うーん、そうだなし…

  • おはよー。

  • あ、ゆりかさん、おはよう。

  • そろそろバラナシ出るのよね?

  • そうだねー、明日か、あさってか。

  • そっかー、寂しくなるね。

  • ゆりかちゃんも一緒に行くし!

  • うーん、あたしはいいわー。バラナシが居心地よくなっちゃってるから。 いま、ヨガとタブラーの先生に習ってるんだ。

いそうw
ふむふむ
  • そうなのかー。すごいね。

  • うん、せっかくインドに長逗留してるからねえ。 帰ったらヨガの先生でもやろうかと思って。

  • それはいいし! 帰ったら習いにいくし!

  • ははは、そうね。楽しみにしとく! じゃあ、バラナシを堪能しておかないとねー。

    あ、焼き場は見た?

  • ヤキソバ…?

  • あ、まだなんだー。じゃあ、行ってみようよ。 あそこを見ておかないとバラナシに来た意味ないわー。

  • ほうほう、じゃあ行ってみようし! 焼きそばの味も恋しいし!

  • うん。なんか嫌な予感がするパターンだな。

  • 焼き場についた。

  • あー、やってるやってる。

  • 焚き火だし? あそこで焼きそば焼いてるし? 熱いのに結構なことだし。

  • うっ… やっぱり… ただし、よく見てみろ。

  • えっ? ……あれってもしかして?

  • そうよ、死体焼いてるの。

www
ふむふむ
えっ!?
  • こんなオープンに焼くなし! 屋台の焼きそばじゃないんだし!

www
www
  • インドでは、10万回くらい生まれ変わることになってるから、一度死ぬことなんてそれほど悲惨なことでもないのよね。

へー
ふむふむ
  • 達観しすぎだし!

ワロタ
  • 観光客も多くいるな…

  • そうね。ここはバラナシの名物だからねー。 なかなかないよね、生で死体が焼けてるところ見られるなんて。

  • 見たくないし…

  • でもなんか見ちゃうな…

  • うーん… たしかに。目が離せなくなるし…

www
  • 10万回に一度の死に場所が、聖地ガンジス川っていうのは、ヒンズー教徒にとってはわりとラッキーなのよね。 だから悲惨な感じはそんなにないっていう。

  • ただし…おまえもいっぺんくらいここで死んでおくか…?

  • うーん… それも悪くないかも…

  • いやいや、何を言ってるんだし!!

  • はっはっは、わかるわかる。 なんかそういう生死の境界線がなくなっちゃうわよね。

  • うーん…だいぶ焼けてきたし… ミディアムレアってとこだし…



  • …ウェルダンになってきたな…



  • …骨付きカルビってところね…

www
ワロタ
  • … … …おなかすいてきたし…

  • … 骨だけになっちゃったな…

  • あっ、骨をガンジスにけっとばして入れてるし!

www
  • まぁ、骨になっちゃえばあんなもんよ。

  • ずいぶん乱暴だし…

  • お前、よくあんなところで泳いでたな…

  • うっ… 思い出させるなし…

www
  • 焼いてもらえるのはまだ身分が高いほうよね。 低カーストの人たちはそのまま布ぬくるまれて流されたり。

  • それにぶつかられたし!

  • はっはっは、それは災難だったねー。 なんかカルマ背負っちゃったかも?

  • カルマのおかげでおなかピーピーだったし! ブツブツもまだ消えないし!

  • そんなもんで済んだならよかったじゃない。 そういえば、インドって、ブッダの生まれたところでもあるよね? 仏教よりもヒンズー教のほうが強いのね?

  • ブッダ生誕の地は、正確にいうと今のネパールのルンビニーというところだね。 悟りを開いたのが、こないだも言ってたブッダガヤ。

  • たまに袈裟を着た仏教徒もいるわね。でも大半はヒンズー教徒ね。ターバンを巻いたシーク教徒もいる。

  • インドよりも日本のほうが仏教て感じするし?

  • インドでは、10億人のうち、仏教徒は1億人程度って言われてるわね。低カーストの人が、耐えかねて仏教に改宗していってるの。

へー
  • ブッダが悟りを開いたのに仏教がマイノリティーなんだし!

  • そうだな、しかも、インド仏教の指導者は日本人なんだぞ。

へー
  • えっ?そんなばかなし?? そんなバラナシ? クスっ

  • よく知ってるねー、ササイさんでしょ。

  • 佐々井秀嶺師。 岡山の生まれで、若くしてインドに渡って、40年日本に帰らずにインドで布教活動をしているんだ。 こないだ、久しぶりに日本に帰って講演もやってた。

へー
ふむふむ
ふむふむ
  • マジかよし! イチローや松井よりもすげーかもだし!

  • ある意味それ以上かもな。 インド仏教を率いて、ヒンズー教からの弾圧を受けながらもかなりの数を仏教に改宗させた。

  • インドの仏教徒にしてみたら神様みたいな人ねー。 いや仏様か。かなりの変人みたいだけど。

www
  • そりゃそうだし。 並の変人じゃないし。

  • その人に比べたら、この程度の苦難でひーこら言ってられないな。

  • それもそうだし。

  • こんな過酷な環境だからこそ、こんなカオスなヒンズー教が受け入れられたり、ブッダが悟ったりするんだろうなあ。

  • たしかにそうかもねー。きっとインドは大昔からこのくらいカオスだったんだよ、うん。まちがいない。

  • うっ… 犬がくわえてる、あれはなんだし?

  • ん?… あれは…人の足?

  • ああ、よくあるよくある。 焼き残ったのとかね。死体がすごく身近なのよねバラナシは。

www
がくぶる
ひぃぃ…
  • うーん… なんかだんだん慣れてきてさほど驚いてない自分が怖い…

  • うん… ボクもだし…

  • まぁ、バラナシはちょっと特別よ。 聖地だし、観光地だし、ほんとにカオス。 ずっとここにいると、おかしくなるか、私みたく離れられなくなるか。

  • なんだか怖いし… 温泉入りにマナリーへゆくし…

  • そうだな…

  • そっかー。まぁ、今夜は屋上でガンジャでも一服してバラナシの夜空を楽しもうか。

  • うん、それがいい…

  • なんだかそんなのも普通になってるし…。 まぁいいんだし。

    【注意】ガンジャとは乾燥大麻(マリファナ)のことです。日本人は違法なので気を付けましょう。

  • 月がきれいだし〜

  • そうだなー。

  • ここ最高でしょう

  • 眺めも最高だしー

  • いろいろあったけどバラナシも悪いところじゃなかったな。

  • そうだなしー。 明日離れるとなると名残惜しくなってくるし〜。

  • じゃあもうここに住んじゃう〜?

  • カンベンしてくれし…

  • はっはっは、そうだよね。 まぁマナリーへ行って温泉つかってらっしゃいな。

  • それがいいしー。

  • じゃあ最後のバラナシの夜を楽しむかー。

  • …ゆりかちゃん、よかったらメール教えてくれるし?

  • メール使ってないのよー

  • えっ?Facebookとかもだし? 今日びすごいし。

  • 日本にいるうちはフル活用してたけど。 せっかくインドにいるから、そういうのはあえてNGにしてるの。

意識高いw
  • へー、身も心もインドなんだし。

  • そうね。 ネットにつながっていろんな情報に晒されてたら、あんまりインドにいる意味ないじゃん。

  • なるほどだしー ボクはすぐインドでもネットカフェ行っちゃうし。

  • まぁ、なかなか煩悩を捨て去るのは難しいよね。

  • ゆりかさん、サドゥーみたいだし。 じゃあもう会えないんだし…

  • いやいや、縁があれば会えるし、無ければ会えないってそれだけのことでしょう。

  • 達観してるなー。

  • 一期一会になるかもしれないし、ならないかもしれないし。

  • そうだし… じゃあ、明日朝イチだから、こっそり出ていくし。

  • いろいろありがとう!

  • 気にしないでー。 おなか壊して体ブツブツになるのはよくある話だから。

  • …それはもう忘れてくれし…

  • たぶんずっとバラナシで語り草になるよ…

www
  • つづく!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.