第2話

全3話

ただしを「日本酒いけるくち」にさせる模様です 第2話

酒税法の罠 フードや日本酒,醸造酒を交えながらわかりやすく解説

2015/11/18

小野小餅

6

フード 日本酒 醸造酒 酒税法 サングリア 果実酒 梅酒 どぶろく 濁り酒 吟醸 米麹 ポン酒 清酒

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • はい、それじゃ前回の続き、ドンドン参りましょう!

  • で、その下になるのが…

  • うちではほとんど取り扱ってない『醸造』、『特別醸造酒』ね。米もあまり磨かなくていいし、副原料も入れていいし、何より醸造アルコールを10分の1まで入れて水増ししてもいい、っていうゆるいくくりの酒よ

  • あー、僕が最初に飲んだのがそれかー

  • 悪いものばっかりじゃないんだがなー

  • でもあれのせいで 「日本酒はまずい」って思い込んじゃう人って案外多いのよ。困ったもんだわ

  • 何でもありの醸造酒でいいところは、好きなフレーバーをつけたりできる所かな。フルーツを混ぜて発酵させるとかかしらね…

  • ヨーグルトの乳酸菌を使う物もあったな

  • 後お二人にお勧めなのはコレかなー。発泡清酒

  • うわ、サイダーみたいだしこれ

  • 随分甘いんだな…面白いがこれは…

  • 甘くした醸造酒に炭酸を加えたものなんだけど、たまに純米酒使ってるのもあったりして。で、飲みやすいしシャンパンみたいでお洒落だって、女の子に大人気なんだなコレが。知ってるとちょっといい顔できるんじゃないかなー?

  • 今すぐください

おまwww
  • ケースでください

おまwww
  • じゃあ各種盛り合わせでワンケース、まいどありー!

  • い、いつの間にか自分で飲まない酒を大量に買わされていたし…!

  • こ、これはこれで飲むが、いかん、こんな調子ではいかん!!

  • OKOK、まだまだ好きそうなの出すよー

  • そういやさっき 「発泡清酒」って言ったけど、清酒ってどのランクなんだし?醸造酒の事?

  • ああ、清酒っていうのはね、もろみを漉して透明になってる物の事よ。

    対して、漉していないので酒粕や麹の粒がそのまま残って白く濁りのある物が、濁り酒

  • 俗に言う『どぶろく』ってヤツだ

  • もしかしてだけどー、もしかしてだけどー!どぶろくって密造酒の事じゃなかったんだしー!?

  • 密造した物は酒屋では売らんだろう

  • 時代劇的な知識ねぇ。確かにご家庭で勝手にこっそり作るお酒はきれいに漉したりできないだろうから、そういう認識にもなっちゃうのかもしれないけど

  • あ…そうなんだし…ちょっとほっとしただし

  • うちの店は優良健全でまっとうな商売を心がけています

  • 何だかまた不安になってきたし…

  • 言うな、ただし…

  • というわけで濁り酒はコレね。クラスもいろいろあるけど、今回は純米酒で

  • おお、本当に真っ白だし

  • こりゃまたなかなか、玄人向けっぽさが

  • あ、でもさっきの炭酸清酒みたい、なんかプチプチしてさわやかだし

  • 微炭酸だな。これはいい。

  • 純米酒って言ったでしょう?炭酸なんて添加してないのよこれ

  • えー!じゃあこのプチプチは何なんだし!?

  • これが無濾過生原酒のよいところであり、悪いところであるんだけども。まだ酒を作る酵母が生きていて、酒の材料もそのまま残っていて、つまりビンの中でもずっと発酵し続けてるのよ。で、酵母が糖からアルコールを作る時に、同時に二酸化炭素も吐き出す

  • つまり天然のサイダーってことか

  • 面白いだし!!

  • 酵母が生きているので常に出来たての酒の味を楽しめるのはいいんだけど、その代わり保存にはとてつもなく気を使うし、そもそも保存が利かないのよね

  • ナマモノだな

  • 発酵し続けるってことは二酸化炭素吐き続けることだから、ビンも心配だし…

  • そういうこと

  • 買ったらすぐに大きいツボに入れて埋めておけばいいんじゃないし?

  • あんた日本酒なめんじゃないわよ

  • ……いまのなに?

  • ナマモノだって言ったでしょう。そんなもん、すぐ腐るわよ

  • えー、そういう物なのか!?

  • 日本酒を作るには腐敗菌と常に戦い続けていかねばならない、とても繊細で大変な作業なんだと聞いたな。ゆえにお前には無理だ。

  • えーっ、でも時代劇ではよく…

  • 時代劇から離れろっつってんのよ。あんなもん、数多くの失敗の果てにたまさかいくつか成功した物だけを大事に隠してあるに決まってるでしょう

  • つまり失敗は成功の父だし

  • チャレンジ精神は買うが、それやると律違反で罰せられるからな

  • えっ、なんで!?

  • 免許持ってない人間が、勝手に家で酒の発酵をさせると違反なのよ。ただしさんは単なる保存だと思ってるかもしれないけど、うまくいってしまった場合、そこでどんどん酵母がアルコールを作り続けるわけだから…

  • 立派な密造酒のできあがりだな

  • き、気をつけるし…って、でも、あれ?ほら、あれは?梅酒とか果実酒とか焼酎漬けとか。あれはいいんだし?あれも密造酒にならないし?

  • あれは…そういや何でだろう

  • はい、本当は一切禁止なんですねー

  • マジか!?

  • うわああああ毎年漬けてるうちのおかあちゃん犯罪者だったんだあああああ

  • 原則一切禁止なんだけど、自分の家で飲む場合に限り、条件付きで許可されている、というのが実際の所なわけよ

  • 条件つき…

  • そう。まずは個人が楽しむためのものであること。自家製梅酒の販売、なんてのはダメです。市販の梅酒はちゃんと酒税法上の雑酒として税金払って許可取ってるからね

  • 雑酒になるのか…

  • 混ぜ物だしなぁ…

  • そして次に、使用するアルコールは度数が20度以上であること、ちゃんと酒税をかけられた物を購入して使用すること

  • 店で売ってるキツい酒ならいい、って事か

  • 何でだし?きついお酒嫌いな人もいるだし…

  • 追い醸造の余地の問題があるかなー

  • 追い…

  • オリーブ…

www
www
www
www
  • もこみちじゃないわよ。度数の高いお酒の場合は、酵母が生きていたとしてもそれ以上の発酵はしにくいし、何よりアルコール度数が高いほうが、腐敗菌のような雑菌が入りにくいから事故も少ないって事ね

  • はー、なるほど…

  • 後は、入れちゃいけない物も決まってて。まずは穀類。お米や麦、アワとかヒエもね

  • 米入れてもおいしくなさそうだけど一体なんで…

  • あ、もしかして…酒の材料…

  • ピンポーン。つまり他の原料を漬ける事で風味を出す、ならいいんだけど、追い発酵を狙ってお酒を増やそうとしたら絶対ダメよ、と

  • そういうことかー!

  • なのでブドウも漬けちゃダメです

  • ええええ!?果実酒でよくありそうなんだけど!!

  • ブドウがダメなのは知らない人多いみたいね

  • アルコール度数制限も案外知られてないな。昔、TVの有名料理番組で、度数20パーセント以下のワインで果実酒を作りましょう、なんて放送しちまった事件があってな

  • アウトだねえ、それは

  • 身近に法律違反の罠は潜んでるもんだし…

  • そういう意味で心配なのは、最近流行ってる『日本酒サングリア』ってやつかな

  • ああ、果物を日本酒にぶちこんで一晩寝かせるってやつか

  • …あれ、日本酒ってそんなに度数高くないし…それって

  • やばそうなんだよねぇ…多分、一日二日程度で飲んでください、って扱いだからまだ許されてるのかなぁって気がするなぁ

  • 日本酒はデリケートだから長期漬け込むには向かない、ってのはゆりかちゃんの説明で解ったしな

  • お酒は大事な職人文化の結晶だから、素人が好き勝手にいじって滅茶苦茶にしちゃいけないってんで、こうやってガチガチに法律で固めて保護している訳よ

  • なるほどだしー

  • 後、人間にとっては無くてはならない嗜好品だからガッツリ国が管理して可能な限り税金を搾り取り巻き上げなきゃいけないし

  • み、身もふたもないな

  • とまあ、これでざっと日本酒のクラスについては説明終わったかな

  • すごく勉強になったし。僕はこの純米の濁り酒と特別純米酒っていうの一本ずつもらおうかな

  • 次は日本酒を作る上での製法の名前、特徴などをあげていきたいと思うんだけど。さっきの濁り酒の『無濾過』とか『生原酒』とかね

  • いや、それはありがたいけども僕たちそろそろ帰って宴会したいし…

  • う、うむ。そういうわけでゆりかちゃん、話はまた次に来たときにでも。あ、俺はこれ買うから

  • そうですかー?仕方ないなぁ、それじゃまた来て下さいねー

  • つづく!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.