第1話

全2話

ただしのポエムがパナマで流出したそうです 第1話

パナマ文書がなんか世界を騒がせているみたいだし?なにが起きてるんだし? パナマ文書やタックス・ヘイブン,マネー・ロンダリングを交えながらわかりやすく解説

2016/04/07

メトロ

9

パナマ文書 タックス・ヘイブン マネー・ロンダリング 社会問題 税金避難地 租税避難地 資金洗浄 モサック・フォンセカ 南ドイツ新聞 アイスランド オフショア・ファンド エドワード・スノーデン 法人税率 リーマン・ショック

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 只今世間を騒がせている「パナマ文書」とはどういうものなのでしょうか? 一方、ただしはポエムが流出しているようです……

  • さーとーるー!大変だし!

  • どうした、こっちはちょっとした文書解析で忙しいんだが。

  • ネットに!ネットにボクの高校時代に書いたポエムが公開されちゃったんだし!

www
www
www
  • なぜそんなものが公開されたんだ?お前のポエムなんぞ一銭の価値もないだろう。

  • なんかツイッターで「卒業アルバムを見なおしていたらこんなポエムが載っていたwww」とか写真がアップされていたんだし!それが1000RTされていたんだし!まとめにもなっちゃっただし!

  • どんだけひどかったんだよ…

  • その内容はちょっとボクの口からは言えないだし…

ワロタ
ワロタ
ワロタ
  • で、そのツイートと写真を削除して欲しいって話か?かなり面倒だぞ?

  • ボクの名前が直接出たわけじゃないから…でも、気分は良くないだし… しかも、「これはひどいwww」「典型的な中二病www」とかコメントされててボクのライフはゼロなんだし…

  • …。なんとまぁ、どう慰めていいことやらだな…。

  • まったく、人のものをかってにネットにアップするのはよくないんだし!プライバシーの侵害なんだし!

  • ネット上に様々な内部文書を掲載してしまうことは最近本当に多いな。しかし、アップした本人が訴えられるケースもあるから気をつけなければならんのだよなぁ。

  • いっそ訴えてやろうかだし…面は割れてるんだし…

  • ちなみに誰がアップしたんだ?

  • ゆりかだし…。訴えるといっておっぱい揉ませてくれたら和解を…。

  • なにするんだし!傷つくのはハートだけでいいんだし!

  • てめぇのゲスさを忘れてたよ、かってにアップでもされてろ!いっそ顔写真付きで再放流したろうか!

  • や、やめるんだし!ボクが悪かっただし!

  • っとにもう、流出するのはパナマ文書で今はお腹いっぱいだってのに…

  • パナマ文書?死海文書みたいなもんだし?世界の裏側が全て記録されてるんだし?

  • ある意味「世界の裏側」なのは間違いないな。お前の想像しているものとはおそらく違うろうが。

  • へー!どんな「裏側」が載っているんだし!?

  • オフショア金融センター取引の膨大な記録だな。

  • オフショア金融センター? お布団で金を取引するんだし? 寝てるだけで大儲けだし!

  • ボクが一生寝込みそうなんだし…

  • お前のつまらないジョークについ手がでてしまったんだよ! オフショア金融センターは「海外で資金の取引をする」ためのファンドだ。

  • それのどこが世界の裏側なんだし?今はスーパーグローバル時代なんだし!日本を捨てて海外で勝負しない企業は生き残れないんだし!

  • スーパーグローバルってなんだよw英語もできない奴がなにを言ってるんだか。

    この金融センターが注目を浴びているのはいわゆる「タックス・ヘイブン」に資金を移動させ不当に税金を安くしている企業や富豪が大勢いる、と言われているからなんだ。

  • タックス・ヘイブンだし!?聞いたことがあるだし!ペーパーカンパニーを作りまくってマネーロンダリングするんだし!犯罪なんだし!国際的陰謀なんだし!つまり、パナマ文書は世界中のブラック・マネー取引の全記録が!ついに300人委員会の…

  • だからてめぇが想像するようなもんじゃないっていっただろうが!

    世間的には「パナマ文書」に名前が載っていたら非合的な取引をしたと思われているようだが、そこまで単純なものではないんだ。

  • そもそも、パナマ文書ってなんなんだし?

  • パナマ文書とはモサック・フォンセカというパナマにある大手法律事務所の1977年からつい最近までの取引記録だ。「文書」というが一枚の書類ではなく電子メールや契約書のPDFなどを含む1150万件の資料をさして言っている。その中には機密扱いのデータも多数含まれる。

  • とてつもない量の資料なんだし!

  • なんと総量2.6テラバイトにのぼるというな。スノーデンが持ちだした流出文書で7ギガ前後と言われているので、文字通りケタ違いの量だ。

    そのスノーデンをして「史上最大の流出だ」と驚かせている。

  • で、その資料にブラックマネーの流れが書かれていたんだし!?

  • さっきも言ったが、パナマ文書にリストアップされたからすなわち非合法な取引をしていた、ということにはならない。これは「タックス・ヘイブン」や「ペーパーカンパニーで節税」の仕組みを理解する必要がある。

    この辺は長くなるから後回しにして、今回は流出した過程を説明するぞ。

  • 今北産業

    • ドイツの新聞社に匿名者がデータを渡した。
    • 調査ジャーナリスト国際連合(CPI)に渡った。
    • CPIが解析結果の一部を公開した。
  • …。

    つまらないし

  • ほっとけ。

    経緯を詳しく述べると「南ドイツ新聞社」に「犯罪の記録に興味はないか?」とリークの接触があったらしい。それが2015年8月だ。しかし、そのデータがあまりに膨大なため、報道機関のネットワークNPOである調査ジャーナリスト国際連合(CPI)にデータを譲渡した。

    そこで400人以上のジャーナリストが調査を行い、2016年4月3日に一部を発表したんだ。その結果、世界中で大騒動が起きている。

  • そんなに重要なデータが入っていたんだし?サトルは「リストアップされているからと問題なわけではない」と言っていただし?

  • 今回発表されたデータはかなり大物の関係者が挙がっている。

    • ロシア大統領プーチンの友人
    • 中国の習近平主席の親族
    • コフィー・アナン国連事務総長の家族
    • イギリスのキャメロン首相の父(故人)
    • ジャッキー・チェン
    • プロサッカー選手メッシ

    日本でも 多数の大企業の名前が出ているという。

  • うっわー、ボクでも知っているくらいにビッグネームなんだし…

  • まだ全貌が公開されたわけではないので、それぞれがどのような取引を行っていたかが明らかになったわけではないが、ペーパーカンパニーを設立してたり、多額の資産隠しを意図的に行っていたと噂されるわけだ。

  • やはりブラックマネーのマネー・ロンダリングでないんだしか!?

  • だから、オフショア取引そのものがイコール不正ではない。しかし、巨額の節税を目的としてこのような取引をしているのは問題なのは間違いない。もちろん、精査すれば違法行為も多数見つかるだろうが、現段階ではなんとも言えん。

  • よ、よくわからないだし。違法ではないけど問題ということではあるんだし?

  • わかりやすいのが、アイスランド首相の一件だ。

    資産隠し」の疑惑が上がったのだが、この取引そのものは合法とみられる。しかし、アイスランドは金融危機で国内の銀行が破綻し、国民の生活が不安定になった。そんな中、首相が資産隠しで多額の収めるべき税金を回避していたとしたら、国民としては到底許せるものではない。

    首都レイキャビクの議会前で2万人以上の国民が集まる史上最大規模のデモが起こり、首相も辞任の意向を示している。

  • たしかにそうなんだし!本当は国民の利益になるはずだったんだし!

  • これが「不法ではないが不当」ということだな。 また、中国はパナマ文書に関する報道は強力に規制され、現在「パナマ」という言葉が検索できないくらいだ。

  • ひいいいいい

  • 欧州各国の司法当局もこの報道を注視しており、世界中で騒ぎが巻き起こっている。

  • にしても、日本は報道が少ないし。

  • まだ情報が降りてこないのか、規制がかかってるのかどうかはよくわからんが…。

    しかし、通貨取引では日本円が買われて急速に円高になっているなどの影響は既に出ている。

  • むーん、経済は難しいだし…。

  • というわけで、次回はこの問題の根本である「タックス・ヘイブン」について解説するぞ!

  • 難しいけど、目が離せないし!

ふむふむ
へー
ふむふむ
  • つづく!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.