ただしが高額医療費制度について知るようです

高額医療費制度ってどんなもんなんだし?? 高額医療費制度や健康保険,給付を交えながらわかりやすく解説

2016/02/08

今井はる

2

高額医療費制度 健康保険 給付 ライフハック 高額医療費 申請

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今回はただしが、高額医療費制度についてサトルに聞くようです。しかし馬鹿は風邪ひかないというようにサトルは入院もしたことがないようですが…。

  • サトル、入院したことあるんだし?

  • ないな。

  • そうなんだし? 健康なサトルは羨ましいことだし。

  • なんだよ。お前は入院したことあるのか?

  • 僕もないだし。

  • てい!!!

  • ひー、痛いしー。なにするんだしー。

  • まあ、こんだけ怪我しても入院しないもんなお前は。

  • そういえば、すぐに治ってしまうし!  なんでだし……

  • 都合のいい体でよかったな。このワガママボディめが。

  • ちょっと、なに言ってるか分からないし。

  • 発射!

  • なにしてんねん!死んでまうし!

  • それで? なんだよ。いったい。入院がどうしたって?

  • この間、ゆりか氏に会ったんだし。最近会ってなかったから、どうしたのかと思っていたんだし。そしたら、ゆりか氏、入院してたらしいんだし。

  • あー、そうだな。俺は見舞いに行ったよ。

  • どうして教えてくれなかったんだし! 二人はどういう関係なんだし!!! 僕だけ仲間はずれだし!!!?

  • どういう関係も何も……まあ、いいや。それで、いったいなんだよ。

  • なんだかスッキリしないだし。まあ、いいだし。それで、ゆりか氏、退院したけど、入院費が100万円もかかったと言っていたんだし!!! 

  • そうなんだ。それで?

  • それで、僕はかわいそうだから、カンパしようと思ったんだし。50万円くらいなんとかしてあげたいなと思ったんだし。

  • えらい男だねぇ。

  • そうだし? 男として当然のことだと思うだし。

  • いよ! ただし大明神!!!

  • 照れるだし! やめるだし!!

  • それで、お金は渡したのか?

  • 渡したんだし。ゆりか氏、とても喜んでいたんだし。

  • そうか。じゃあ、いいこと教えてやろう。

  • なんだし?

  • 高額療養費制度というものを知っているか?

  • 知らないし。

  • じゃあ、問題だ。入院費が100万円かかったとしよう。そうすると健康保険に加入している人の負担額はいくらかわかるか?

  • 3割負担だから、30万だし?

  • 違うんだなぁ。正解は8万7430円だ。

  • どういうことだし!!!?

  • 一ヶ月の医療費の上限は8万7430円なんだ。この日本というではな。

  • 何を言っているんだし……

  • 健康保険には高額療養費給付という制度がある。「高額療養費」とは、1カ月に自己負担する医療費の上限を定め、それを超えた分が給付されるというものだ。上限額は年齢(70歳未満か70歳以上か)と年収によって決められており、70歳未満・年収約370万円~約770万円の人では一ヶ月の医療費の上限は8万7430円なんだ。

  • なるほどだし。

  • 入院してもこれで安心だろ?

  • 安心だし。そのぐらいなら。

  • うむ。だから、ゆりかも約9万円を超えた分は健康保険から給付される。ゆりかは約9万円負担すればいいんだ。100万円かかっても、自己負担は約9万円で済む。

  • え??? どいうことだし?

  • すごくいい制度だろう?

  • いや、そうじゃなくてだし。ゆりか氏は100万円払ってないだし……?

  • 高額療養費給付を受けるには、原則的には加入する健康保険(勤務先の健康保険組合や国民健康保険なら自治体など)に申請が必要だな。

  • 申請しないともらえないだし。

  • そうだ。だから、いったん病院などの窓口で3割負担の分を支払う。そして、申請すると上限額を超えた分が戻ってくるという仕組みだ。戻ってくるまでに短くても3カ月かかるな。

  • ということは、払ったんだし。ゆりか氏は、100万円。

  • かもしれんな。まあ、払ったとしても3ヶ月後には戻ってくるがな。

  • ……ちょっと混乱してきたし。

  • ちなみに、この建て替えができないという人のための制度もあるんだな。「限度額適用の認定証」というものがあって、それを病院に提出すると最初から限度額以上は請求されないようになるんだ。

  • どういうことだし?

  • つまり、お金がなくても入院できるってことだなぁ。

  • 最初から支払わなくてもよかったってことだし。

  • そういうことだな。入院するときに、加入する健康保険の窓口で限度額認定証を発行してもらう。そして、それを入院先の病院に提出する。そうすると病院は上限額が超える分を健康保険に直接請求するから、患者に請求するのは自己負担の上限額までという寸法だ。

  • つまり、最初から8万7430円以上請求されないんだし。

  • 要は、そういうことだ。すごいだろう。

  • はいだし。すごいだし。

  • ちなみに、70歳以上だと最初から認定証が必要なく上限額にとどめられるようになってるんだな。

  • そうなんだし。

  • さらにだ……医療費の支払いが難しい場合には、無利息で「高額療養費貸付制度」を利用できる。

  • 8万円すらいらないってことだし……

  • そういう見方もできるな…

  • なんということだし!!!ゆりか氏に騙されていたんだし!!!!

  • まあ、待て待て。注意点があるんだなぁ。

  • いったいなんだし!!! 騙されてたんだし!!!

  • まず、そもそも高額療養費で給付されるのは健康保険がきくものだけ、ということだ。入院時、本人の希望で個室などに入った場合には、差額ベッド代がかかる。これは健康保険がきかないな。

  • 個室じゃなければいいんだし!!!

ワロタ
  • それから、先進医療にかかる費用は健康保険が使えず、高額療養費の対象にならない。

  • そ、それは困ったことだし。

  • それに食事負担も対象外だ。入院中の食事負担は1食260円で、3食なら780円。

  • でも、それは入院していなくても食費はかかるんだし。

  • まあ、そうだな。もう一つは 、期間だな。高額療養費でいうところの「1カ月」は、その月の1日から月末までのことだ。

  • ふむふむ。

  • たとえば、12月15日から1月14日までの1カ月、という考え方はしない。だから、12月1日から31日まで入院した場合は8万7430円だが、12月15日から1月14日の場合には12月と1月にそれぞれ8万7430円ずつかかるってことだな。

  • なんだか損した気分だし。

  • しょうがないな。

  • ふむふむ。

  • そして、最後に何度も入退院を繰り返すパターンだな。 「多数回該当」や「世帯合算」という制度がある。

  • 「多数回該当」だし?

  • 多数該当とは、直近12カ月の間に3回以上、高額療養費の対象になった場合、4回目からは限度額が下がる。 自己負担の上限が4回目からは4万4400円になるんだ。

  • それはありがたいことだし。

  • 「世帯合算」は、家族の医療費を合算して、合計額が自己負担の上限額を超えたら高額療養費を給付しますよ、というものだな。

  • なるほどだし。

  • うむ。

  • 入院って、とてもお金がかかると思っていたけれど思っていたほどではないということがわかっただし。

  • まあ、保険適用の範囲であれば、それほど負担にはならないっていうことだな。

  • はいだし。

  • おっと、そういえば、高額療養費は診察を受けた月の翌月の初日から2年間が時効だ。逆にいえば、おおよそ過去2年前の分は請求が可能ということだな。

  • そうなんだし! 申請していない人は申請すべきだし!

  • そうだな。ただしもこれからお世話になりそうだしな。

  • どういうことだし?

  • 俺には見えるのさ。

  • いったい何がだし……

  • お前の心にポッカリとあいた穴がな。これはだいぶ大怪我だな。心療内科を受診することをお勧めするよ。心的外傷ストレス障害というやつだな。

  • わ、わかってしまうだしね。サトルには何も隠せないだし。

  • そりゃあ、わかるさ。男の中の男ただし、心が粉々に砕け散ってしまったんだろう……

  • ゆりか氏と連絡が取れないだし……

  • さあ、行こう。先に健康保険の申請をしておけば、高額医療費は請求されないで限度額で収まるさ。大丈夫だ。

  • あああああああああああ……

  • ドサ……

ラストwww
  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.