ただしが豊臣秀吉に興味を持ったようです

秀吉って何が偉いのかし? 豊臣秀吉や日本史,織田信長を交えながらわかりやすく解説

2016/03/05

メトロ

1

豊臣秀吉 日本史 織田信長 戦国時代 大阪城

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今回のテーマは「豊臣秀吉」最近とっても寒いですが、今回は真夏の設定です。

  • あっついし…

  • 年々暑さが増していく感じがするだろ…

  • やっぱり地球温暖化現象のせいだし! 二酸化炭素が悪いんだし!

  • こんな暑い日は炭酸飲料なりビールなり飲みたくなるな。

  • プール行きたいし…

  • 市民プールなら安く行けるだろ…俺は日焼けするのが嫌だからプールには行きたくないだろ

  • 市民プールはおにゃのこがいっぱいいる天なんだし!でも、ただしは「不審者がいる」とか「存在そのものが卑猥物」とかクレームが殺到したという理由で出入り禁止にされているし!

    人権蹂躙で国連に訴えるし!

  • あー、まぁ、落ち着け。お前を野放しにしたらクジラックス先生もどん引きなアレが始まるから仕方ないだろ。

  • クジラックス先生は神なんだい… もっと書いて欲しいし

  • ほんとゲスだなお前。市民プールよりこの世に出入り禁止されるべきだろ

  • いいこと考えたし!うちの周りに穴を掘ってプールを作るんだし! そしたらおにゃのこがうちの周りに集まるんだし!

  • お前の家の周りに空き地はないだろ… 道路や周囲の家を買収するところから始めないと駄目だろ。

  • ぐぬぬ...そこは嫌がらせでも何でもして立ち退かせるし!

  • 少女にかこまれる前に警察にかこまれるだろ

  • 完全に堀にすれば警察も踏み込めなくないかし?

  • なんだそのセルフ高松城。

    湿気と蚊で悩まされるは伝染病は流行るわ食料品は届かないわで死ぬぞ、むしろ死ね。

  • 高松城ってなんだし?松茸城なら股間にあるし?食べ頃だし!

  • お前のエノキタケなんぞ佃煮にしても食えないだろ

    高松城は羽柴秀吉が陥落させた城なんだが、水責めで有名だろ

  • 羽柴秀吉ってわらじを生肌で暖めてたサルかし? ただしなら懐を暖めて欲しいし、おにゃのこの生肌で身体を温めて欲しいしー

  • お前の暑さで頭が茹だってるのか元々おかしいのかはさておき、その秀吉だ。

    1578年、秀吉が信長の命をうけて総大将となり毛利を侵攻した。いわゆる中国攻めだな。 この中国攻め、色々と裏切りや謀反などがあり困難も多かったが、なんとか今の岡山市まで進出した。そこに立ちふさがったのが戦上手で知られた猛将清水宗治が城主を務める備中高松城だったんだな。3万の軍勢で包囲して攻撃するも、5000人の守備兵に撃退される。

  • ただしの頭はいつでも頭明晰だし! しかし、いくら城に籠もってても5,000人で3万人を撃退できるものなのかし?

  • 戦国時代の前は山城といって、攻めにくい場所に建てる事が多かったんだが、戦国時代になると軍事的にのみならず政治的にも重要な拠点になる。いわば自衛隊駐屯所と警察署と役所を1カ所にまとめたような存在だ。

    そのため、平地に築かれる事も増え、これは山城に対して平城と呼ばれているな。平城は山城に比べて地形そのものは攻められやすい。しかし、人工的な障害物や土塁・石垣・堀などで防御すれば非常に堅牢に作ることができたから守るほうが圧倒的に有利だ。現在でも攻撃3倍の法則といって、籠城する守備兵は攻撃側に対して3倍有利といわれるが、攻城兵器が発展してなかった当時はもっと有利だっただろ。

  • 守備側が有利なのはわかったし。 でも、包囲していれば食料や水が切れて勝手に降伏するんじゃないかし?

  • お前にしてはいい質問だな。

    山城より土地を広く取れる平城は蔵などを多く作れる利点もあり、収容できる兵士はもとより、備蓄できる食料や武器も段違いだったんだ。

    一方、大軍で包囲する方は食料などを後方から運んでくる必要が生じる。

  • 当時の軍隊って現地調達が基本と聞いた時があるお なんで後方から運んでくる必要があるんだし?

  • 単純な話で、現地調達と言っても無限に米などの食えるものが生えているわけではないだろ

    それに、籠城戦になるとなったら食えそうなものは引っこ抜いたり米を収穫前でも刈ってしまって敵に渡さないようにするだろ

    ある程度は周辺の町や村から「調達」してくるにしても万単位の軍勢を養うのは大変だ。

    だから城攻めは損害が増えるのを覚悟で最初に力攻めをして、それでダメなら仕方なく包囲する形になることが多い。

    また、籠城戦は基本的に援軍が期待できるときにとる戦術だ。あまりグズグズしていると城側の援軍がやってきて城と援軍に挟撃されてしまう可能性も出てくる。

    しかも、籠城戦といっても全員が全員城に立て籠もらないこともある。ゲリラ戦をしかけるんだな。城から抜け穴掘って少数の兵士が嫌がらせ程度の攻撃をすることもある。

ナガイワ!
  • じゃ、どうせ出てこないんだから城を放置して進軍すればいいんでないかし?

  • そうもいかん。城には多数の兵士が詰めてるわけだろ。それを放置して前進すると合戦の時に後ろから攻撃される可能性が高くなる。

    敵が少数でこちらが大軍の場合はある程度の数を割いて包囲し、動きを封じたうえで前進することもあるがな。まぁ、そういうわけで、当時の城というのはとても重要な拠点だったわけだろ。

  • 城ってバカ殿が住んでウフフキャハハするところでないのはわかったし。で、水責めってなんだし?風雲たけし城かし?

  • お前何歳だよ…。

    いかに攻城戦が難しいかは述べたとおりだが、毛利の援軍は迫ってくるという噂はあるし、信長からは「1日でも早く落とせ」という命令は来る。だが、まともに正面から攻めたのでは兵の消耗を避けられず、この後の作戦に支障が出てくる。というわけで、秀吉はとんでもないことを思いつく。

    高松城は低湿地帯に作られており、周囲より一弾低くなってるんだな。これに目をつけた。 「堤防で囲ってしまえば城を水で囲めちゃうよね。そうすれば援軍との合流もできないしこっちに攻撃もできないよね」

  • え、エグいし・・・ でも、当時の技術でそんなのが可能だったのかし?

  • それがな、なんと12日で3キロの堤防を作り上げたんだ。兵士総動員はもちろんのこと、周辺住民に大金を渡して手伝わせたと言われる。あまりに豪快に金を使うことにビビった家臣が「これでは金がもちませぬ」と申し出たのだが秀吉は「金は使うときに使うものだ」と一蹴したと言うな。

  • そうだし!だからただしは親の財布からここぞという時に金を抜き出すんだし! これで業界に金が回って発展するんだし!

  • ホントクズだなお前

    それで、完成した堤防に水を流し込んだら高松城が島のように浮かぶ湖ができてしまった。

    あまりのことに驚いた高松城の兵士たちの士気は下がり、食糧も水に浸かってダメになってしまうものも多数。

    毛利も驚いて救援の援軍を出すのをためらってしまったんだ。

  • ほのぼのアニメだと思ったらピーな展開だった時のただしみたいなものかし…

  • ところが、ちょうど高松城内で降伏を検討し始めた頃、本能寺の変が起きて信長は倒されてしまう。

    それを知った秀吉はさすがで敵が察する前に城主の切腹で許すという好条件を出し、清水宗治は船の上で見事な切腹を遂げる。それを見届けた直後、明智光秀を討つべく「中国大返し」というこれまた奇策に出るのだが、これはまた別な話だ。

  • ふーむ、秀吉といえば一夜城みたいなトリックが得意なのは知っていたし。

    でも、そんなとんでもない手をホイホイ思いつくのは本当にすごいし!

  • 秀吉は戦国時代のマジシャンといえるだろうな しかも、命をかけて常人なら一世一代の大技の奇策を何度も仕掛けている。 そのなかでも最大規模の奇策といえるな、高松城水責めは。

    まぁ、だからこそ天下人になれたんだな

  • ふーむ、いいこと考えたし! つまり市役所を水責めにしてただしのプール出入り禁止を解かせるんだし!

    ついでにただしを市長にさせるんだし! 市の支配者としておにゃのことむふふを…

  • 因果関係が違うだろ… あと、どこのテロリストだお前

  • 冗談だしー

  • あ。通報しちゃった…

  • 警察に売るなし!!!

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.