ただしが竜巻を目撃したようです

間近で見ちゃったけど大変なことになってるし 竜巻やトルネード,Fスケールを交えながらわかりやすく解説

2016/01/13

tofu

7

竜巻 トルネード Fスケール 自然科学 天気

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • おや、ただしが…お買い物のお手伝いをしているようですね…

  • まったくカーチャンは人使い荒いし……隣町まで届け物、郵便局、銀行、買い物だなんて…しかもこんな時に限って自転車がパンクしてるなんてし……

  • あ〜郵便局閉まってる。これカーチャンに叱られるやつだし…まあいいや、空が暗くなってきたし、さっさと帰ってエロゲの続きでもやるし。

  • ん?サトルから電話だし。

  • もしもし〜なんか用かし? この前借りた金は返す気は無いけど。

  • それちょっと聞き捨てならねえぞ

    それより、早く逃げろ!竜巻だ!

  • え?伊達巻?申し訳ないけど伊達巻はあんまり好きじゃないんだし…お正月もおせちは…

  • た、つ、ま、き! 今近くにいるんだが、お前のところに向かってるんだ!

    竜巻とは
    発達した積乱雲の下で発生する上昇気流を伴う激しい渦巻き状の強風のことであり、積乱雲から地上付近へ向かって漏斗状または柱状の雲が伸びた形をしている。
  • ちょっと待ってし…なんでただしの居場所知ってるんだし? サトルはストーカーか何かかし?

  • おれが居る高台からお前の家が見えるんだよ!戯言言ってねーで避難しろ!

  • 直径は数十~数百メートル、大型のものでは1キロメートルにも及び、地表面付近では気圧が急降下し、中心部では激しい風が吹き荒れる。

  • 避難しろって言っても家までもうすぐなんだし……

    って、うわああホントだ!竜巻がこっち向かってくるし!もうだめなのかし・・・!

へー
  • 多くは積乱雲と共に移動していき、その移動速度は竜巻によりさまざまであるが最大速度は時速100キロメートル、最大風速は秒速100メートルを超えるケースもある。

  • すまないサトル、ただしはもうだめみたいだし・・・。 いつも迷惑かけてたけどそれでもずっと友達でいてくれるサトルは人生の恩人だし・・・。

  • 時には鉄筋コンクリートの建造物を破壊し、自動車や木々でさえも巻き上げ、数百メートル離れた場所で見つかることも珍しくない。

  • ・・・ただし。

ただし...
  • せめて死ぬ前にあのエロゲは攻略しておきたかったし・・・っ。

  • ただし、竜巻はもうk

オワタw
  • その高い威力や極めて特異的な発生条件から、住宅街などで発生すると多大な被害をもたらす可能性が高いが――

  • サトル、墓前にはエロゲを積んどいてくれし・・・。

www
www
そんなん見たらふくわwww
  • 聞けーーー!

  • 竜巻の寿命は数分~十数分と非常に短いのであった。

  • 痛たたた・・・何するんだし! あ、あれ!?竜巻は!?

  • 竜巻はもう消滅したみたいだ。ただしのすぐそばまで来てて結構ぎりぎりだったぞ。

  • そうか……。サトル・・・。今日のただしはラッキーだし。

  • ラッキーすぎるだろ。

  • あああ!卵が!卵が全滅だし・・・。

  • 竜巻は一生に一度見れるか見れないか、ってくらい珍しいものだからな・・・それをぎりぎり避けたっていうのはなかなかないことだぜ。

  • んでも数分ですぐ消えて、局地的に起こるならただしの俊足で走って逃げられたし。 竜巻ってあれだし、台風のちっちゃいバージョンみたいなもんだし?

  • 台風と竜巻を一緒にするな

  • なな何が違うんだし!?

  • まず、台風は必ず海の上で発生するが竜巻は日本のどこでも発生するだろJK。 そしてさっき体験した通り竜巻の寿命はせいぜい数十分だが台風は平均5.3日は続く。

JKいうな
  • 言われてみればそうだし・・・。ていうか竜巻はどうやって起こるんだし?

  • 竜巻が起こる具体的な理由はまだ明らかになってない。

  • なんだし……。

  • だが、発生のメカニズムに積乱雲が関わっているのは間違いない。

  • じゃあ積乱雲はどうやって起こるんだし?

  • 話すと長くなるから簡単に言うとだ。 まず、暖かい空気は軽いから上に、冷たい空気は下に流れやすい。 で、海上や地上で熱せられて上に行く空気の流れを上昇気流って言う。水蒸気を含んだ上昇気流が上空中で冷えていくと水滴や氷粒の集まりになっていく。 これが雲で、地上と空中の温度差が激しく、大規模な上昇気流が発生していると地表近くから高度10000メートルまで縦長に延びる雲ができる。これが積乱雲だ。

  • ふむふむ大気が不安定なほど雲ができやすいってことかし?

  • そういうことだ。一年のうちもっとも大気が不安定なのは夏から秋で、日本では竜巻の大半は9月か10月に発生する。

  • 台風もそれくらいがシーズンだし?

  • そうだな。台風が接近してる時も大気が不安定な時期だから竜巻が現れるには絶好の条件ってわけだ。 というわけで竜巻をなめるなJK。 今回の竜巻はF1程度だったからよかったものの・・・。

  • F1?カーレース並みってことかし?

  • 違うわ。 竜巻なんかの突風は局地性が高いから既存の機械で風速を計測することはかなり難しい。 だから、その竜巻による被害状況でステージを被害が軽い方から順にF0~F5まで分類してて、それに当てはめて発生した竜巻の規模を推測していく。 これを「Fスケール」と言うんだが、この「F」は考案した日本人の藤田哲也博士の名前から取ってるんだぜ。

  • へー!名を残しちゃうなんて日本人ってやっぱりすげーし!

  • まず一番「軽微」とされる「F0」は風速毎秒17~32メートルで「テレビのアンテナが曲がったりの枝が折れる、または移動式家屋が動く」 「F1」は「中程度」 風速は毎秒33~49メートルで「移動式家屋の転倒、弱い木が引き裂かれ、建物の外部が破損」 「F2」は「強い」 風速は毎秒50~69メートルで「屋根がぶっ飛び、軽いものは飛散物なり宙を舞う。」

    「F3」は「強烈」 風速は毎秒70~92メートルで「家屋の壁が倒壊し、森林の木が倒れる。大きな飛散物が飛んでくる」 「F4」は「破壊的」 風速は毎秒93~116メートルで「施工の良い建物の倒壊、一部の樹木が裂ける」 「F5」は「予想外」 風速は毎秒117~142メートルで「強い建物の倒壊、全ての樹木が裂ける。様々な飛散物が高速で飛んでくる」

  • 聞けば聞くほど大変なことになっていくし・・・! 「F4」でも建物が倒壊したろ木が割けるっていうのに「F5」が「予想外」のレベル・・・かし!?「強い建物が倒壊する」ってもはや助かる術がないじゃないかし!

  • だから竜巻が頻発する地域では地下シェルターを備えている家も少なくないんだ。

  • なるほど。地下なら安全だし!

  • 気になるならググってみればいい。アメリカのオクラホマ州で起こった竜巻が「何が起こるか分からない」予測不可能レベルのF5だったと言われている。

  • やばい・・・やばいしか言えないし・・・。 竜巻が通ったところだけ家も車庫も電柱も見事に倒されて跡形も無くなってるし

  • それにしてもこの前もアメリカで大きな竜巻が発生したってニュースで言ってたし。 アメリカは日本に比べて竜巻の被害が多いような気がするし。

  • アメリカは日本と違って平坦な土地が多いからな。アメリカの広大な平地の方が竜巻を遮るものがないから発達しやすいらしい。 因みに世界で最も竜巻が頻発するのはアメリカだ。そしてインド、イギリスと続く。 アメリカじゃ一年間に1000個以上の竜巻が発生してるっていうからな。(2004~2006年の統計)日本の比じゃないぜ。

  • せ、せん・・! 日本はどれくらいなんだし?

  • 日本では2007年から2013年の平均で言うと年に25個程度だ。もっとも、こんなに少ないのは海上で発生して地上に被害を与えなかった海上竜巻や弱すぎて観測されなかった竜巻を数に入れてないだけだ。観測されなかった微弱竜巻も考慮すると発生してる数はアメリカとそう違わないらしい。

  • ううむ、土地によってこんなに違うとは・・・。 竜巻、奥が深いし。 さすがのアメリカも竜巻には適わないかし・・・。

  • 俺たちも竜巻に対してなにも対策してないわけじゃない。アメリカじゃ地下シェルターがあるし竜巻が来る兆候もよく知られている。

  • へー兆候があるんだし?

  • 竜巻だけでなく発達した積乱雲が近づいている時、つまり竜巻が発生しそうな時も含むが、 代表的なのは急に気温が下がり冷たい風が吹き出す、雨やひょうが降り始める、真っ黒い雲が近づき周囲が急に暗くなる、とかだな。

  • ラスボス登場シーンみたいだし。

  • 竜巻注意報が出てることもあるが的中率は20回に1回と低いものだからな。精度の高い予報をするにはまだまだ研究が必要さ。

  • じゃあただしが竜巻予報士になるし! Fスケール、みたいに専門用語に自分の名前を残してみたいし!ただし式竜巻予報・・・とか。

  • ほう。どう予測するんだ?

  • 勘だし

  • ニートの勘が当てになるか!

  • しかし今日はいい経験をしただし。卵は粉々だけれども、それ以上のモノを家に持って返るだし。

  • いい経験を土産話にってやつか?確かにな。

  • そして家に着いたただしですが…

  • ゴルァァァアァ!!!

    竜巻をギリギリで避けたとか、もっとマシな嘘つけ小学生かーーー!

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.