第2話

全3話

ただしが特殊詐欺にあっていることに気がついていないようです。 第2話

オレオレ詐欺に引っかかっている真っ最中? のただしです。 特殊詐欺や架空請求,オレオレ詐欺を交えながらわかりやすく解説

2016/04/20

えいすけこばやし

5

特殊詐欺 架空請求 オレオレ詐欺 社会問題 還付金詐欺 ギャンブル

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いやー、こりゃあ大変なことになってきたし! そしてある意味でボクにとったらビッグチャンスだしよ……フヒヒヒヒ。だって、1日お金を貸すだけでそれに50万円も多くなって返っってくるし!

  • 今回のターゲットのただしとかいう奴、なんか騙しやすいのが裏があるのか、それとも本物のバカなのかわからなくなってきちまったな……。金を受け取りに行くのはいいが、なんだよ、お宝ゲームを持ってこいって、訳ワカンねえよ……。

www
www
www
www
ワロタ
  • サトルまだだしかね〜〜。早くお金を貸したいし〜。

  • でもまあなんとかごまかせるだろ。それじゃあ次受け取りに移るか。

  • トルルルルルルートルルルルッルルルルー

  • はい! ただしだし〜! サトルだしね? お金、まだ取りにこないんだし?

  • そ、それがな、オレが直接行けなくなってしまいそうなんだ。さっきその警察から電話があって、なんか色々落としたバッグについて聞きたいらしいんだわ。

  • あらら。じゃあお金は貸せないんだし?

  • 貸せないって? お前お金を貸したいのか?

  • あ、いや、間違えたし! 仕方ないけど親友のために貸したい、力になりたいんだし!

  • そうか、ありがとう。でな、オレがいけないから、代わりに俺の友人がお前のところに取りにいかせてもらうんだけどいいか?

  • え〜〜〜ボク、人見知りするんだし……。だから、こうやってサトル本人の声も確認しているから安心できているんだし。

  • こいつ、本当に俺とサトルとかいうやつの声を聞き分けられていないのかよ……バカだな……。

  • サトル? 何か言ったし?

  • いや、その、あれだ。俺の分身のような親友が行くから安心してくれよ。

  • サトル、ボク以外に親友がいるんだしか!!!!!????? ちょっと嫉妬だし!!!

  • ま、まあ、お前ほどじゃないさ。お前が一番だよ。

  • ならまあ許すし! じゃあ、そのお友達さんがボクのところに30分くらいしたら来るんだしね?

  • おう! そういうことだ。いいか?

  • わかったし! あ、一応確認だしが、明後日には50万円増えて返してくれるんだしよね?

  • ああ、それは約束する。

  • はいだし! それじゃあ待ってるし〜〜! 

    ガチャ

  • フッ、ったくチョロいもんだぜ。それでしばらく豪遊だな。じゃあさっそくサトルとやらの友達を演じてただしとやらの家に行くか。

  • ランランラン〜。1日お金を貸すだけで〜〜50万円も増えてしまうんだし〜〜ランランラン〜。 そうだ! こんなにすごいことは誰かに伝えたいし! ゆりかに電話して自慢しちゃうし!

  • トルルルルルルルーーーートルルルルルルルルルルル

    ガチャ

    なに?

  • あ、ゆりかだし?

  • そうよ。だから何?

  • ええっとだしね、ちょっと自慢したいことがあるんだしが、聞いてもらえるし?

  • は? あんたの自慢を私が聞く必要とメリットがどこにあるのよ?

  • ごめんし……でも、あ! そうだ! じゃあゆりかにもお金をあげるし!!

  • なんでも聞くわ。

  • 急に態度が変わったしね……。

  • うるさい。で、お金ってなんの話なのよ?

  • 実はだしね……。

    ただしはそれまでのやりとりをゆりかにすべて話した。

  • なるほどね。あんたね、本当に気がついていないの?

  • 気がつくってどういうことだし? もうすぐサトルの友人がボクの家にお金を取りに来ることは知っているしよ?

  • そういうことじゃなくてね。その話、本当だと思っているの?

  • 本当もなにも、サトルから直接さっき聞いた話だし!! 

  • はぁ……。このバカはこれだから……世話がやけるわね……。

  • ????????

  • あのね、じゃあ一つ一つ確認するわよ? いい?

  • もちろんだし! なんでも聞いてほしいし!

  • ええっとね、まず、そのさっき電話していた相手、本当に私も知っている「サトル」だと思う?

  • もちろん!! だって、サトルって言っていたし! 

  • こいつはどんだけピュアなんだよ……。

    じゃあ、本物のサトルだという証拠を出してもらえるかしら?

  • う〜ん、本物の証拠だし? ええっと、ボク達は親友だって再確認したし!

  • あんたの頭の中はお花畑なの? いい? 電話の声って場合によって本人に聞こえてしまうものなの。逆に言えば、本人を演じる事なんて簡単なのよ。

  • ど、どういうことかし? さっきの電話、本物のサトルじゃなかったって事かし?

  • そうね。100パーセント違うわね。

  • 100パーセントはないだしよ〜〜〜〜! 言い過ぎだし〜〜ゆりかは大げさだし〜〜。

  • いや、これが100パーセントなのよ。今回に関してはね。

  • じゃあじゃあ、その根拠はなんなんだし〜〜〜? ボクが50万円をただでもらえる事に嫉妬しているじゃないかし?

  • はいはい。じゃあ、ちょっと待っていてね。

  • ったく、ゆりかは人を信じないからダメなんだしよね〜。ボクはサトルを信じているし!

  • おう、ただしか? 

  • あれ? サトル、今警察でお話しているんだし? 友達はまだ来ないんだし?

  • あのなあ……。まだ気がつかないのか? 俺は今警察にも行っていないし、そもそも会社のバッグとやらも落としていないし、さっきお前にお金を貸してくれの電話もしてないよ。

  • ……。

    そ、それって……。

  • やっと気がついたか? お前はいわゆる「オレオレ詐欺」にかかったんだよ。

  • ?????!!!!!!!??????!!!!!

  • おい、ただし? 大丈夫か?

  • 今頭が混乱している感じだし……。ええっと、まず、知らない番号から電話がきて、そしてサトルだとボクは思っていて、そのサトルだと思っていた人が500万円等が入ったバッグを無くしてしまったからボクに1日でいいからお金を貸してくれ、貸してもらえないと会社がクビになるとか、死ぬしかないと言っていて、そして、ボクは親友だからいいよと言って……。そして、この後、そのサトルだと思っていた人の友達がお金をボクの家に取りに来る……。

    取りに来る……?

  • やばいな……。この後。

  • 怖いし! 強盗がこの後に、もうすぐボクの家に、この今目の前にあるトビラの外に実際に来るって事だしっっ! 恐怖だし!!

  • それは確かに怖いな……。

  • サトル、ゆりか! 助けて欲しいしっっっ!

  • 衝撃の展開に! 果たしてただしはどうなるのかっ!?

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.