第1話

全2話

ただしが災害に備えるようです 第1話

災害は突然にやってくるだし! 災害や地震,テロを交えながらわかりやすく解説

2015/11/27

えいすけこばやし

17

災害 地震 テロ ライフハック カンヅメ プレッパー 不況 津波

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いやーーーー今日も暇な日だし~。 窓から外を見れば近所のおばちゃんが買い物袋をもって歩いて、子供たちは地面にチョークでお絵描きをして、それを見て笑顔で通り過ぎるお姉さん。スズメはチュンチュン鳴いて太陽は優しく僕らを照らしてくれるし。平和だし……。

    なんでもないような日が幸せなんだと思うし。 はーなんだか昼寝でもしたくなってくるし。平和っていいし~。

  • !!!!!!??????!!!!!!!!!!! !!!!!ッッッ!!!

  • な、なんか揺れている気がするし!
    アッッ!!僕のアイマスのフィギュアが倒れたし!!
    こ、これは地震だし!!!

    すぐに机の下に隠れるし!でも、隠れるほど大きいテーブルじゃないし!

  • まだ揺れているし!怖いし!!
    テレビをつけて地震速報を見てみるし!

    …あ!やっぱり地震速報が出てるし。 え??震度4!結構大きい。

    5のところもあるし!!こわいし!心配だし……。

  • ウワァッッ! 台所の上の棚が勝手に開いて食器が落ちてきたし! プラスチックがからよかったし、これがもし陶器とかガラスだったらと思うとゾッとするし!

    平和な日常が一瞬にして恐怖に包まれたし。

  • そうだ! ゆりかは大丈夫かし?電話してみるし。

    トゥルルルルルルル……

  • あ! ただしね!? あんた大丈夫だった? 

  • 僕は大丈夫だし! ゆりかは大丈夫かし?

  • そうね、棚から本が落ちてきただけよ。ケガはなかったわ。 しかし、びっくりしたわねー!

  • 怖かったし……。急に平和な世界が恐ろしい世界に変わったし……。

  • そうね、災害はいつ起こるか人間には予測が難しいからね。 ところであんた、災害への備えはしてるの?

  • 備えって何だし?

  • あんた何もしてないの…。

    あのね、もちろんあんたも知っている通り、日本でも周期的に大きな地震があったわよね。そして多くの被災者が出てしまった。でもね、災害っていう言葉を聞くと、そういう自然災害ばかりを思い浮かべがちだけどね、人間にとっての災害ってそれだけじゃないのよ。

  • ど、どういうことでしか? 

  • じゃあ、話してあげるわ。
    あのね、これは私の友達がアメリカにいるんだけどね、ハッキリ言うわ、というかハッキリ言っていたわ。日本はね災害に対する準備が相当遅れていると。

  • そうなんでしか? 日本って携帯とかもあるし便利なじゃないんでしか?

  • あんたね。携帯って食べられると思っているの? 携帯なんて電気と電波がなければただの無駄な金属とプラスチックの塊よ。

わかる
わかる
ふむふむ
  • た、たしかにそうでし……。携帯は食べられないでし……。そして、電波がないところでしたら全く役に立たないでし。

  • そうよ、それじゃあ、アメリカ等の備えの先進国で今後起こると懸念されている災害等を羅列していくわ。

ふむふむ
ふむふむ
  • 知りたいでし! たしかに日本では地震とか火事とか津波とかしか浮かばないでし。

  • そうね、だからこそ大事なのよ、日本はみんなが思っているよりも本当に遅れているからね。 例えばね、

ふむふむ
  • 金融の崩壊

    これは、アメリカでは一番現実的に心配されてることね。インフレで貨幣が価値を失うと銀行は崩壊、お金というもの自体が価値を失うの。そうなるとどうなる? 物、食べ物はお金では買えなくなるわよね。

  • テロによる情勢不安

    これも現実的よね。911の時もそうだったわよね。あまり報道はされていないけれど、一部の人間が暴徒化して、テロのどさくさに紛れて店から金品を強奪、その地区では治安が一時的に悪くなったの。これのもっと大きい規模のものがきたらどうなるかしら?

  • 政治情勢

    これはありえないと言われているけどね、過去を見て決してないとは言えないことなの。例えばね、政府が国民に対して強行政治を行ったとする。戒厳令がひかれて、人は外に出れなくなる。食料は国の偉い人にのみ。すると治安は乱れる。暴徒が発生。

ふむふむ
わかる
  • そして、ここからは天災と言われる可能性があるものよ。

  • 太陽フレアによる電子機器の崩壊

    太陽フレアというのはオーロラなど美しいと思われがちだけどね、実はあれは太陽からの電磁波と地球を守る磁場がぶつかってできる現象なの。つまり、これはら太陽からの電磁波が地球に到達しているという証拠よね。これって、今までは小規模のものだったらよかったものの、いつ地球の磁場でも守りきれないものが襲ってくるかはわからないし、現在それが来た時守るすべはないの。 そしてね、それが守りきれなかた場合、現在の地球で使用されている電子機器はほぼ使えなくなるわ。まず、発電所は停止。もちろん今の車は電子制御されているからそれもアウト。パソコン、携帯もダメ。そしてね、ここからも怖いわよ。冷蔵庫は使えない、これは家庭用だけじゃなくてね。食品の加工も不可能に、電気をつかって育てている作物もアウト。さらに、水は今ほとんど電気を使う施設によって浄水されているわよね、それもストップ。 さらにさらに、電気をつかった冷暖房も使えない。 これってとんでもない恐怖よ。

わかる?
わかる
わかる
  • 巨大隕石の衝突

    これはね、オカルトっぽいけれど、将来を考えると決して確率はゼロとは言えないの。 過去に、恐竜が絶滅したのもの巨大隕石の衝突が引き起こした氷河期とも言われているわ。 もしそれが再び起きれば人間はまず、その隕石の衝撃による大地震、そして想像を絶する大津波。 食料は当然失い取り合いになるわよね。

  • 巨大火山の噴火

    これも非常に現実的よ。隕石の衝突とその後の展開は似ているわね。火山から上がった噴煙が世界を包めば太陽は遮断され氷河期になるでしょうね。そうしたら食料の供給は断たれるわね。 そして、もちろん人間は食料の奪い合いになり、戦争にも発展するかもしれないわね。

  • 第三次世界大戦

    これはもう説明するほどのものじゃないわね。過去を見ればその悲惨さはわかるはずよ。

  • ……という感じね。
    ちょっと挙げただけでもこれだけの恐怖のシナリオが存在するの。でもね、人間って実際にそれが起こらないと現状に慣れてしまう生き物なのよ。 例えばね、日本でも大きな地震があって、被災地でない場所でもお米がなくなり、コンビニから食品は消えて、ガソリンも制限された。関係ない場所でもよ。 いつもは助け合う美しい国、日本なんて言っているはずなのに、買い占めが起こって取り合いになったという事実。 こんな事をいうのは嫌だけれどね、人間って最後は自分なのよ。わたしはねそれが悪とは別に思わないの。生き物ってそういうものだから生物学的に。 でもね、だったら自分のためにも「備え」をするべきだと思うのね。それが他の人にも優しくできるという意味でもあるから。

確かに
わかる
わかる
  • こ、怖いでし……。しばらく言葉を失ってしまったでし……。

    たしかに、すべて可能性がある事でしね……。しかも人間の持つ仕方のない恐怖というか、自分が最後は大事ということもわかる気がするでし。そう考えるとそういう災害とかへの備えは本当に大事でしね……。そして、たしかにたしかに、日本人ってその備えをしている人って少ないでしよね……。 これで、もしゆりか氏が教えてくれたような災害が起きたら確実に暴動が起こるでし……。人は憎しみ合うことになるでし……。

ふむふむ
ガクブル
ガクブル
  • そうね、間違いないわ。じゃあ具体的にどうやって備えをしたら良いのか教えてあげるわ。

  • つづく!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.