第6話

全6話

ただしが強引にベトナムに連れて行かれたようです 第6話

水上マーケットに感動! ベトナムやハノイ,メコン川を交えながらわかりやすく解説

2016/01/28

えいすけこばやし

10

ベトナム ハノイ メコン川 トラベル ホーチミン フォー ベトナム戦争

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いやーすごかったし!まさかベトナムでホタルに感動するとか思っていなかったし!

    このツアーはすごくおすすめだしー。でも季節によっては少なかったりするらしいし、注意して行って欲しいし。

いきてー
  • 今日はもう遅いので昨日と同じホテルで寝るだし!明日はどうしようかなあ。

    そうそう。水上のマーケットに行ってみたいとは思っているんだし。

    寝る前にちょっと調べてみるし。

  • ええと、カントー地区までは、ホーチミンから車で約……3時間!ちょっと遠いし。 そして、水上マーケットが一番賑わうのは?? ええと……

  • 午前5時くらいから!!! 早いだし! 

  • 今が午後10時くらいだしから、もし今ここから移動したとして、午前1時、そして着いてから数時間でマーケットが始まるだし!

  • これって……。どうしたらいいんだしかね……。

  • 選択肢は二つだし。

    今からホテルを出て、向かう。そしてそっちでホテルを探してちょっとだけ寝て、水上マーケットへ!

  • もしくは、今から数時間寝て、深夜に起きてタクシーを拾ってそのまま水上マーケットに!  というパターンだしね……。

  • 前者も後者も正直体力的にきついし。さらに、前者のリスクは向こうでもしホテルがなかったら終わりだし、あっても少ししかホテルにいないのでちょっともったいない感じだし。

  • 後者のリスクは起きられるのか?じゃなくて、深夜にタクシーはあるのか?そして、深夜のタクシーは危なくないのだろうか?治安はどうなのだろうか…というところだし……。

  • うーん、これはかなりの冒険になりそうだし……。

  • ……後者の方が、体力的にも良いような気がするだし……。 ということで、深夜のタクシーがあることを祈って今から寝るし!

  • ということで、ただしは数時間仮眠をとることになりました。

ワロタ
  • チリリリリリリリンチリリリリリンン!

  • ホア???なんだし?これは?ああ?! 僕の目覚ましだし。

  • ああ、まだ眠いだし……。今僕は水上マーケットという未知の魅力と、このまま寝ていたいというものを戦わせているんだし……。果たしてどっちが得だしか……。

ワロタ
  • せっかくベトナムに来たんだしから、がんばって起きて、水上マーケットを目指すだし!!! きっとそこにはがんばっただけの何かがあるだし!!

  • なんとか起きたただし。そして、タクシーを拾ってカントー地区の水上マーケットに向かいます。

  • タクシーは300,000ドンだったし。

  • 船着場に移動するただし。

  • うわーーー!すごいし。人がいっぱいだし!! そして、活気がすごいし!!

  • でも、これって、でもみんな船に乗っているし……。僕は船がないし……。これはどうやって見学すればいいんだし……。

  • あ、おばちゃんが手招きしているだし! 行ってくるだし! 行動あるのみだし!!

  • どうやらこのおばちゃんの船に60,000ドンで乗れるみたいだし! 約300円だしね! 乗るだし乗るだし!

へー
  • でも、おばちゃん自体もすごい量の野菜とかを売ってるみたいで、正直船がもうギリギリ。沈みそうな気配があるし……大丈夫なんだし?

  • こわいし…よいっしょっと。

    なんとか乗れたし。

  • うわー!早くに来てよかったし! 日が出たばっかりで、赤くて美しいし!

    赤い日の出に船と人々が美しいシルエットを描いているし!今日の僕はちょっと詩人だし!

  • あ、船が動き出したし。

  • すごいすごい、ゆっくりと動いてるし。そして、小さい観光客の船が僕の乗っている船の横について、おばちゃんがものを売ってるし!まるで僕がお店側になった気分だし。最強だし!

ワロタ
  • それにしてもなんでも売っているんだしー。一番多いのは野菜、次が移動式のフォーだし、いい匂いがするし。そして、パンみたいのも売っているし。

    あれはなんだし?ちょっと食べてみたいし。

  • なんとか買ってみたいし、次に来たらタイミングを見て話しかけてみるし!

  • えーと、ああいうパンはなんていうんだし?本で調べて見るし。えーと。バインミーバインミーっていうらしいだし!

    フランスパンみたいのにとか野菜を挟んでいるらしいだし! ますます食べたくなってきただし!!

  • お、きたし、あれこそ、バインミーだし、近づいてきただし……。

    プリーズ ディスワン!バインミー! プリーズ! 15,000ドン?えー約70円だし! 安いし!!

    ありがとう~~~! 食べるだし~~!

へー
わかる
  • それでは食べてみるし。

    ハグっ!モグっ!サコッ!ギュムっ!

  • うまいし!この甘い感じのタレが最強だし!バインミー最高!バインミーになりたい!!! 

  • 船に乗りながら、自分で買ったバインミーを頬張る。最高だし! 人生はこうじゃなきゃダメだし!

  • ええと他にも色々食べるしー!

  • この後、スイカ(約12,000ドン)など、色々を食べて大満足しました。

  • さて、船はそろそろ一周したっぽいだしね。おばちゃんにお金を払ってホーチミンに帰るだしかね~。

  • え???

  • すごいし!言葉は通じないけど船のおばちゃんが大きなスイカを一個くれたし!やっぱり旅はこういう出会い、触れ合いだし!おばちゃん最高だし!ありがとう!

  • ということで、船から降りて帰るタクシーを探しているんだし。 が……。

  • こ、このもらったスイカがなにげに重いだし……両手ふさがってるし……。うれしいが正直、正直ちょっとだけ邪魔だし……。

  • 正直、さっきトイレに置いて逃げようとおもったんだしが、おばちゃんの笑顔が浮かんできてできなかったんだし……。

  • これをもったままタクシーに乗って、僕はひとりでホーチミンの街をうろつくことになるんだしかね……。

  • そして午後10時、タクシーでホーチミンに着いたただし。

  • 運転手さんありがとうだし……!

  • し、しかし、このスイカをどうしていいのかわからない問題が再熱だし…。

    これをもったまま街を歩くのは不可能に近いだしし、みんな僕を見てニヤニヤしているだし。小学生みたいな子は確実に笑っているだし……。

  • そうだしよ、僕はベトナムの国旗のTシャツを着て、ちょっとデブで、そんな僕が大きなスイカをもって大変そうに歩いているんだし……。 面白いに決まってるし……。

www
ワロタ
  • ヘーイ ユー スイカボディ−?

  • 誰がスイカ腹やねん!

ワロタ
  • 今回のお話はここまで……ただしのベトナムの旅がこの後どうなったのかかはまたいずれお話いたしたいと思います。

  • つづく?

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.