ただしが基盤産業について学ぶようです

基盤産業は地域にとって欠かせないんだし! 基盤産業や非基盤産業,輸出を交えながらわかりやすく解説

2016/08/15

Oki03

0

基盤産業 非基盤産業 輸出 ビジネス 地域経済 モノ サービス テクノロジー

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ひょんなことから住んでいる地域の経済について考えることになってしまったただし。ただ、ニートである彼は知識も経験も全くありません。いつも通り、友人であるサトルのもとへ泣きつくと、地域の経済にとって最も重要であると考えられている基盤産業の概念を知ることになるのでした。

  • じーっ。

  • (どうしてこいつは人の家にきてずっとニュース番組を眺めてるんだ?)

  • じーっ。

  • (もうそろそろ2時間たつぞ。)

  • うーん、もうだめだし!なんの解決策も見つからないし!

  • おい、ただし。どうしたんだ、いきなり大声出して。

  • 地域の経済について学ぼうと思って、サトルの家へニュース番組を見に来たんだけど…

  • (どうしておれの家で見るんだろうか?)

  • どの番組も芸能人が浮名を流していることに関するニュースばかりで、全くためにならないんだし!

  • (ただしが世間を斬っている…ニートなのに…)

  • サトル―、聞いてるし?

  • えっ?あっ、ああ。ちょっとただしを分析してた。

  • 分析!? あー!ぼくも早く分析しないといけないんだしー!

  • 地域の経済がどうとか言ってたな。

  • 親戚のおじさんかと、お小遣いをもらうかわりに基盤産業について教えてくれって言われたんだけど、なんのことだか良く分からないんだしー!

  • 基盤産業か。おれ、けっこう詳しいぜ。初歩的な部分だけなら教えられるぞ。

  • サトルー、おじさんからもらったお小遣いを山分けするから、どうか助けてくれだし。

  • ああ、いいぞ。

  • 基盤産業っていったいなんなんだし?ニュース番組で聞いたりはしたんだけど、どの番組も説明無しに話を進めていくから困ってるんだし。

  • 基盤産業の概念は実は全然難しくないぞ。一言でいうなら、モノやサービスを地域の外へ移出している産業のことだ。一方、非基盤産業はモノやサービスを地域の内へ提供している。

  • うーん、まだ良く分からないし。それに、どうしてその2つで分けるのか不明だし。

  • さっきの説明を言い換えると、基盤産業とは、地域の外から内へ、お金を運んでくる産業のことだ。その2つで分ける大きな理由は、地域の経済が潤うためには基盤産業こそが大切だと考えられているため。これでどうだ?

  • だめだし…。そんなこと、ググったら出てきたんだし。それでも分からなかったからサトルに聞いてみたんだし。

  • じゃあ、ただしのお家をひとつの地域に例えて考えてみよう。

  • どういうことだし?

  • 基盤産業がいかにして地域経済へ影響力を持つか、この説明のために会社で働いて給料をもらってくるお父さんを基盤産業。そしてお父さんのお手伝いをすることでお小遣いを得ているただしを非基盤産業とする。

  • ぼくの家で例えたら、ちょっと身近になって分かりやすい気がするし。

  • お父さんは、地域の外、この例では家庭内ではなく会社で仕事をして、給料をもらう。そしてその給料をもって意気揚々とただしのお家へ帰るわけだ。

  • いやー、あの年になってもニートのぼくを養ってくれているお父さんにはホント感謝してるし。

  • そうして家に着いたお父さんだが、今月も仕事を頑張ったため、疲れが溜まっているようだ。そこで、非基盤作業であるただしは、父へマッサージのサービスを提供してお小遣いをもらう。

  • 実際は、マッサージなんてしなくてもお小遣いをもらえたりするから、困った世の中だし。

  • そうしてもらったお小遣いがあるおかげで、ただしは趣味や勉強へお金を費やすことで質の高い生活を送ることが出来る。

  • じゃあ、基盤産業が無かったらどうなるんだし?

  • それも、ただしのお家を例に考えてみよう。あるひとつの地域として見立てた、ただしの家庭。なんとある日、お父さんがリストラされてしまう!

  • えーっ!そんな!それは困るんだし!

  • お父さんは手元の給料無しに帰路につく。そんなことを知らないただしは、生業とするマッサージ業務でお小遣いを得ようと手を揉んでいる。

  • でも、お父さんはぼくにくれるはずのお金を持ってないんだし!どうなるんだし!

  • ああ、その通りだ。お父さんは、ただしのマッサージ提供を断る。そのため、ただしはお小遣いをもらえない。職を失ってしまうわけだ。

  • なんてことだし…。明日からどうやって生活していけばいいんだし?

  • まあ、これはたとえ話だけどさ。つまり、ただしの家庭という、ものすごく小さい単位で見てみると、 外部から貨幣を獲得してくるお父さんは基盤産業であり、まさしく家庭内の経済をを支えているわけだ。

  • なるほどだしー。

  • 一方、非基盤産業であるただしは、基盤産業である父の盛衰に忠実な影響を受ける。お父さんの今月の給料が普段より多ければ、より多くのお小遣いをくれるかもしれない。

  • なるほどだしー。

  • 逆により大きな地域の単位で見てみようか。

  • じゃあ、日本全体としてはどうだし?

  • 日本全体として見ると、地域外とは海外、世界各ということになるな。例えば、日本の自動車製造業は多くの車を海外へ輸出している。海外で、その車を購入する人がいて、その売り上げが会社の利益になる。

  • そして、日本全体を例とした場合、ただしはどうなるんだし?

  • ただしの家ではただしを非基盤産業に例えたが、日本全体を例としてみた場合では例えば飲食店を考えてみよう。

  • 了解だし。

  • 自動車を輸出している会社の従業員は、会社が外部から獲得してきた利益から給料を分配される。そして、その給料を手にして、おいしいご飯を食べるためレストランへ出向く。

  • どんなご飯食べるか気になるし。

  • そして自動車業の従業員はストラン、つまり日本国内の需要に答えるためにモノやサービスを作っている非基盤産業へ代金を支払う。そうすることでレストランの従業員は職にありつけるし、より質の高い生活を送ることが出来る。

  • なるほどだし。

  • 家庭という小さな単位と、国という大きな単位で考えてみたが、根本は全く同じだ。それぞれのまとまりの外からまとまりの中へ貨幣を流入させることが重要なのさ。

  • へー。外部からお金を獲得してきて、それを地域内で使ってくれないと、非基盤産業は繁盛しないってことだし。

  • その通りだ。

  • 車の会社が日本にとって基盤産業だってことは分かったし。ほかにはどういう基盤産業があるんだし?

  • 例えば、沖縄県はサトウキビやパイナップル、マンゴーといった南国特産の作物を他県へ流通させている。だから基盤産業と言えるだろうな。

  • 他にもあるんだし?

  • 例えば、アメリカのカリフォルニア州にはハリウッドがある。ハリウッドは多くの映画をアメリカ全土だけでなく、海外へも流通させているわけだから、基盤産業だ、カリフォルニア州にとっても、アメリカにとってもかなり重要なさんぎょうだと言えるだろう。

  • 非基盤産業は何があるんだし。

  • さっき例の中で挙げた外食もそうだし、建設業も多くの場合は非基盤産業として見られている。

  • へー、さっきまで全然分からなかったけど、結構分かってきたし。

  • まあ、何が基盤産業であるか、はどのサイズを地域として見るか、によっても変わってくるから注意が必要だけどな。

  • それにしても、ぼくは永遠に非基盤産業なんだし?

  • うーん、そうだな。でも、おじさんからお小遣いをもらって、それをお父さんとお母さんへ還元してあげることが出来れば、基盤産業に成り得るかもな。

  • そっか…。なんだか勉強したら疲れたから、お父さんへマッサージを頼んでお小遣いを払うことにするし。

  • 基盤産業的な行いだからといって、そんなことが正当化されるわけじゃないんだけどな…。

  • 今回ただしは、基盤産業について学びました。ニートであり、お父さんからのお小遣いで出費を賄っているただしは、非基盤産業だったんですね…。いつの日かただしが就職して、生活を賄う日が待ち遠しいです!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.