ただしが冥王星に行ったようです

第一話太陽系第九惑星…だったんだドン 冥王星や準惑星,プルートを交えながらわかりやすく解説

2015/12/30

小野小餅

1

冥王星 準惑星 プルート 自然科学 エッジワース・カイパーベルト天体 ローマ神話 ニュー・ホライズンズ 惑星 天体 太陽系

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サトルー、冥王星行くぞー

ワロタ
  • もはや前振りに凝るふりすらしなくなったか……

  • どうせ結果は同じで一緒に観光旅行だし?

  • 俺は修学旅行という位置づけじゃないかと思うが

  • お勉強は苦手だしー

  • …まあ、楽しんで勉強になるならそれが何よりだがな…

  • それじゃ『一瞬で好きなところに行ける薬』ー、食べるしー

  • 未来の世界の猫型ロボットみたいな言い方をするな

  • ついた…のか?

  • あれ…?場所間違ったかし…、一面、岩場の荒野でずいぶん寂しいところだし…

  • いつものイメージ映像にしてはあまりにも…

  • …ようこそおいでくださいました地球の方。辺鄙な場所ですみませんねぇ…

  • あ、ゆ…メイちゃん。

  • 何だか辛気臭い感じだな……

  • うちは惑星さんがたのような華やかさは持ち合わせておりませんのでねぇ…

  • あー…それは…

  • え?でもメイちゃんも太陽系の惑星じゃないんだし?

  • 今は昔の話でございます…

  • 最近、再定義によって『惑星』ではなく『準惑星』ということになった…んだったな、確か

  • その通りでございます…

  • ええー!何だそれ、そんな酷い話があるんだし!?

  • ううう…なんて悲しい我が運命

  • 何でそんな酷いことになったんだし?

  • ちっちゃいんです…私

  • …ああ…そういえば天王星人や海王星人に比べてもすごく…

  • というか人形サイズだな、手のひらに乗りそうだぞ

  • ええ…そうなんです。皆さんのところの月さんより小さいんです、私

  • それはちっちぇえだし!!

  • そんなにちっちぇえのか!!

  • そりゃ確かにちょっと惑星っぽくないし…

  • 私より大きい天体は太陽系にいっぱいありますしね…

  • 衛星より小さい、となるとなぁ…

  • 下手したら星さんの周り回ってそうですよね…

  • いや、そこまでは言わないが…

  • でも実際タイタンさんやイオさんよりずっと小さいですから…

  • いや、連中は大きすぎだ。水星よりでかいんだぞ、確か

  • えっ、じゃあ水星も準惑星になっちゃうんだし!?

  • えっ、いや、水星は惑星のままだが…あれ、じゃあ何でだ?

  • そこで出てくるのが国際天文学連合(IAU)っていう組織なんですね

  • おおう…なんか難しそうだし

  • 2003年にうちのちょっと外に、うちと同じくらいの星が発見されましてね

  • 10番惑星!?

  • …になるかなと思われていたんですが、なんかこう、よく似た天体はこのあたりにたくさんありそうな気配でして…

  • あー…もしかして火星と木星の間にあるアステロイドベルトみたいな感じか

  • そんなイメージですね、『エッジワース・カイパーベルト天体』と言います

  • あー…じゃあ、冥王星もその新しい星も、そのなんとかベルトの星だということになった…ってことだしか

  • そうです、新しい星が見つかったことでそのIAUで惑星ってものの定義をどうするかの見直し会議が開催されまして、結果、2006年に決まったのがコレです。

    国際天文学連合による惑星の定義
    1・太陽を周る軌道上にある。
    2・静水圧平衡にあると推定するのに十分な質量を持つ(自重でほぼ球形になる)。
    3・近隣の天体を一掃していて、それだけが目立つようになっている。

    国立天文台ホームページより

  • 3番目のだしかー…

  • 目立てなかったのかー…

  • …一時は『二重惑星』なんて呼ばれてちやほやされた時期が私にもありました…

  • 二重?なんだしそれは

  • ああ、うちの衛星のカロンがですね、私の半分ちょいくらいで、天文的にはほとんど大きさ変わらないんですよ。だから私がまだ惑星だったころはカロンも惑星みたいな扱いで一緒にちやほやされたもんですが…

  • いまや仲良く二重準惑星なのか…

  • 私が落ちぶれたばっかりに…ううう…

  • 地球には『水金地火木ドッテンカイメー』っていう美しい歌もあったのにだし。

  • 新発見が必ずいい結果をもたらす、っていうわけではないのだなぁ

  • そんなこんなで議論のきっかけになったその星の名前は、ギリシャ神話の不和の女神エリスって名前になりましてね

  • 出来すぎな物語だな!!

  • 名前って言えば、メイちゃんの別名何だっただしか。

  • 洋名ですか?プルートですよ

  • 犬か

  • 違いますよ!そっちのネタはまずいですよ!!ローマ神話の冥府の神様ですよ!!!

  • めいふ?

  • 死後の世界ですよ

  • 最初からあの世扱いだったんだしか!!

  • いや、そう悪い意味でもなかったんですよ。何より私を発見した方のお名前が『パーシヴァル・ローウェル』っていうんですが、イニシャルがP.Lなので…

  • ああなるほど、PlutoのPLと重なるのか

  • なかなかお洒落だと思いませんか?ちなみに衛星のカロンは、冥府の川の渡し守の名前です

  • でも日本語だとわかんないし…

  • うう…すみませんすみません…全部私が準惑星のせいです…

  • おいただし、あんまりいじめるな。場が湿っぽくなるばかりだ

  • め、メイちゃんごめんだし!!

  • いいんですよ…ただしさんのせいじゃないです…全部私が…うううう

  • めんどくせーなぁ…

  • あ、そういえば最近、またメイちゃんのことよくTVで話題になってたし!

  • ああ、そうだったな、確か探査機が初めて冥王星に接近したって

  • ああ、はい、先日いらしたニュー・ホライズンズさんですね。うちもビックリしました。まさかわざわざ準惑星に格下げにされたうちの顔を見にこられるとは…

  • いやいやいやいや、そんなイジワルのためにわざわざ観測機飛ばさないし!!………飛ばさない…だし?サトル?

  • 不安そうな顔するな!!そんな理由で行くわけないだろうが!!

  • でも事実ですしねー…。ああでも、お写真はしっかりいい顔で撮ってもらったんですよ、涙こらえて笑顔で。初めての記念写真

    →NASAの記事より

  • わー…ハートだし

  • ほほう…名前のイメージとは違ってこりゃ何と言うか、愛らしいというか

  • え、えへへ…そうですか…?プルート・ハートって呼ばれてちょっと話題になったみたいで、恐縮です

  • こういうのを見られただけでも、観測機飛ばした甲斐があったし…

  • お前が飛ばしたわけじゃないがな

  • そう言うなしー

  • 折角遠路はるばるいらしたニュー・ホライズンズさんや地球の皆さんのお役に立てたなら、準惑星冥利に尽きるというものです…ううう

  • あー…それだがな、メイ。準惑星に降格っていってもな

  • うううううううううしくしくしく

  • いや、だから聞けよちょっと。お前から見たら降格かもしれないが、太陽系にとっては『新発見』なんだからな

  • しくしくし…ええ、どういう意味でしょう?

  • 今までは『太陽系最遠の惑星』だったのが、今は『未知なるエッジワース・カイパーベルト天体の入り口』だってことだろ

  • あ…っ

  • ニュー・ホライズンズはまだ観測を続けてるんだし?

  • そうだ、次ももう少し遠くの天体を観測して、それから太陽系を飛び出して行くんだぞ

  • そうですかー…そうですよねー…惑星か準惑星か、なんて些細なことですね、同じ太陽系の仲間には違いないですしね

  • そういうことだし!これからも仲良くしてほしいし!

  • はい、またいつでもいらしてくださいね。今度はもうちょっと華やかな背景を用意してみます。白菊の花とか

  • 前向きになってもやっぱり辛気臭い感じだな……

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.