第1話

全2話

ただしがパンドラの箱を開けてしまったようです……。 第1話

開けるなよ!絶対だぞ!と言われたら普通開けるし… パンドラの箱やプロメテウス,ゼウスを交えながらわかりやすく解説

2016/01/16

えいすけこばやし

24

パンドラの箱 プロメテウス ゼウス 学習 ギリシア神話

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日は、「パンドラの箱」の話題です。よく聞きますが、どんな箱なんでしょう?そんなことがなんとなくわかるかもしれません。

  • うわーーー。今日は母ちゃんに秒単位で怒られまくりだし…なのでサトルの家に逃げてきたんだし…一体何で急に怒られるんだしか…

  • しらねーよ。
    何か隠していることでもバレたんじゃないか?予備校の費用をすべて駄菓子にしてしまったこととか… 何か「パンドラの箱」を開けてしまったんだよ。

  • ちっ…そんなことを教えなきゃならんのかよ…俺これから出かけるんだよ…。

  • そんなケチくさいこというなだし…

  • あーそうだ。俺もよくわからないんだ。ググれ!
    そうそう。俺が出かけている間に、そこのPC使っていいから調べて教えてくれよ。

  • ホントかし……

    しかたないからググるだし…………

    ググ……

  • ……数分後

  • グーグー

ベタやなー
www
  • 「サトル」にググれと言われた「パンドラの箱」しかし「ただし」は眠ってしまいました……あーこれは夢ネタかなー。

  • ただし! ただしよ、ちょっと話がある。すぐに我のところに来るが良い。

  • ガバッ!!!  ???????????????

    い、今、何か聞こえたような気がするだし! この6畳の部屋の天井から何か声が聞こえたような気がするだし! 一体なんだったんだし? うううう、頭が痛いし!!

  • ただし、ただしよ。私の声が聞こえるか? ただしよ!

  • うううううっ! やっぱり声が聞こえるだし。これは幻聴なんだし? 昨日、ドラゴンクエストビルダーズがアマゾンで買って届いてから徹夜でやっていたからが疲れてるのかもしれないし!

    ということで、無視をして寝るだし……。

ワロタ
www
  • おい!てめえ!ただし!何度も呼んでいるだろがっ!こっちにもスケジュールってもんがあるだよ!俺がいかに全知全能の神だと言ってもな、同じことを何度も何度やるのはしんどいんだわ! さっさと起きて答えろ!

ワロタ
  • ????!!!!!! やっぱりなんか聞こえるし! ど、どうしたらいいんだし? 天井からだし? 言われてみれば、天井の木目が人の顔のように見える気もするだし!  これは現実なんだし? 

  • そうだ! 現実だ! さっさと返事をせい!

  • はい? はい! わかったし! 前にサトルっぽいのが立っているような気もするが、一応返事をしてみるし!

  • それでいい! 良いかただしよ、よく聞くのじゃぞ! お前にとってとても大事なことであり、さらに全世界にとっても非常に大事なことだ。世界の運命はある意味お前にかかっているともいえるのじゃ!

    って! また寝てるじゃねえか!!!!

  • ホヘっ??? なんか言っただし?

  • てめえ、さっき話を聞くっていっただろうよ!! また寝てるんじゃねえよ!

ワロタ
ワロタ
  • ごめん、ごめんだし!ちゃんと聞くだし。

    でも、ちょっとマウンテンデューを飲んでからでいいい?

  • なんでそんなちょっとマイナーなもの選んでいるんだよ! 

    ??

    ん? でもまてよ。マウンテン、つまりは山。こ、これは何かの運命かもしれんのう。

  • サト…天井の人、なにごごちゃごちゃ言ってるんだし? 

  • いいか、よく聞け。お前の名を自分で名乗ってみるがいい。

  • 名前? だし? そんなの簡単だし。「ただし」だしよ。

  • フオッフォッフォッ! まあ、そういう名で今まで生きてきたのだから仕方がないな。まだお前は自分の真の名を知らないとみえる。

  • 真の名? だし? そんなのないだしよ? 普通にボクは生まれた時からただしだし! 何変なことを言ってんだこの天井の人はだし。

  • まあよい。それでは教えてやろう。お前は自分を人間だと思っているようだが、実は違うのじゃ。

  • ボ、ボクが人間じゃない? ど、どういうことだし? 

    ま、まさか! ボクはやっぱり自分が密かに思っていたように、世界のヒーローなんだし? やっぱりそうだったんだし!?

  • ホゥ、若干方向は違うが、うっすらと自分の本当の正体に気がついていたということか、流石、わしと同じ、神の血を持つだけのことはあるのう?

  • な? なんだし? 神とかなんとか言っているだしが……。

  • いいか、お前は実は人間ではない。ただし、という名も本来のものではない。

  • だって、ボクは……。ずーっと「ただし」という名前で幼稚園も、小学校も、中学校も、高校も行ってきたんだし!

  • そうか、そうだな。しかし、この言葉を聞いて何か思い出すことはないか?

  • な、なんだし?

  • タダシテウス。

ワロタ
ワロタ
www
ワロタ
ワロタ
ワロタ
www
プロメテウスかw
www
www
  • タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。

    う、うわーーーーーーーー! 急に頭が痛くなってきただし! な、なんだか頭の中に見たことのあるようなないような景色が次々に浮かんでくるだし!!!

    た、助けて欲しいだし! 天井の人!

バリアー
ワロタ
ワロタ
  • フオッフォッフォッ! そうか、辛かろう。しかし、今は耐えるのだ。そして、すべてを思い出すのだ。 きっと明日、目を覚ませばすべてを思い出し、タダシテウスとしての生活が始まるだろう。 よいか、明日、自分からワシに呼びかけるのじゃ! 

  • そしてただしはさらに深い睡眠の海へ……。そして、太陽が昇った。

  • フゴッ????!! あ、朝だし??   

    な、なんだったんだし? 昨日の夜のことは……。 確か、この天井から……。声が?? うわーーーーーーー! なんだかまた混乱したきたんだし!

    ぼ、ボクの名前は、ただし、いや! 違うだし!

  • タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。タダシテウス……。

  • タダシテウス……。タダシテウス! ただしじゃないし! ボクは、ギリシアの神の一人、タダシテウス!

    間違いないし! 小さい頃、この日本に使者として送り込まれたんだし!

サイヤ人!w
サイヤ人!w
  • 再び、サトル似の天上人がやってきた。

  • そうじゃ! やっとすべてを思い出して理解したようじゃのう。

  • あ、天井のおっさん!! だし?

  • うーむ、天井というか「天上」と言ってほしいがのう。ホホホホホホッ。

上手いw
  • あなたは誰なのだし? そろそろ教えて欲しいだし! 自分のことはわかったのだしが、あなたのことはわからないんだし!

  • よろしい、それではそろそろワシも正体を明かすとするかのう。 ワシはお前の遥か上に君臨する。全知全能の神、ゼサトルスじゃ!

  • ゼサトルス! なんか。どこかで聞いたことある気がするだし。友達にいたような気がするだし……。

  • フッォフッォフッォ! そうかもしれんよ。

  • でも、全知全能の神ってボクが知っているのだと、ゼウスだった気がするだし。ビックリマンシールを集めているから知っているんだし! なのに、あなたの名前はゼサトルス。なんか語呂が悪いんだし……。

ワロタ
  • 細かいこたぁいいんだよ! こっちにも都合があるんじゃわい!

  • そんなもんだしかね。

    ねえねえ、ゼサトルス! ところで、ボクの本当の名前がタダシテウスなのはわかったんだし。でもでしね。イマイチだからといって何をすればいいのかとかがわからないんだし! ボクは神として何をすればいいんだし?

  • そうじゃのう。まあ、お前にできることかはわからなかったので、今の今まで言わなかったというのもあるのじゃがな、お前ももうろそろそ行動を起こすことができるじゃろう。これだけの数の連載に登場しているんじゃからのう。

  • そうだし! 結構なスターなんだし! なんでもするだし! 言ってほしいだし!

  • よし、それじゃあお願いをするとしようかのう。

  • まってました! だし! タダシテウス頑張るだし!

  • ほう、頼もしいのう。 では、この「粘土」で作ってもらいたいものがあるのじゃ!

  • なんだし? 工作の時間だしか? 粘土遊びなんて小学生がするものだし!

  • うるさい! 最後まで話を聞かんかっ!!

  • ビクッ!!

    すごい剣幕だし……。

    わ、わかっただし!

  • いいか、一度しか言わんぞ! ちゃんと聞くのじゃ。

    この粘土はな、ただの粘土じゃないようにみえて、実はただの粘土じゃ!

  • やっぱりだし! 工作の時間だし!!

  • だまらんか!! 話は最後まで聞けといったろうが!!

  • ごめんなさいだし……。

  • これはただの粘土じゃ。しかし、お前がこの粘土で作るのは「我々」じゃ。

  • 我々、だし? それはボク達みたいな形の人形を作るということだし?

  • まあ、そう思っておいてよかろう。

  • そんなことなら簡単だし! いつも美少女フィギュアを見ているから、可愛い女の子の形ならよく知っているだし! 本物に触れたのは小学校の時のフォークダンスの時だけだしが……。

  • ゴホン! いいか、まあ、100歩譲ってそれでもよかろう。 作ったらわしのところに持ってくるのじゃ。期間は10日。よいな?

  • 大丈夫だし! ちょうどバイトをクビになったところだしから、できるだし! で、この作業にバイト代はでるだし?

  • ……。こ、こやつに頼んで本当に大丈夫じゃろうか……。

  • つづく

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.