ただしがパリ協定で地球温暖化が鈍化することをうれしく思っています。

パリ協定ってなんだし?これで地球温暖化が抑止されるし!嬉しいし! パリ協定やCOP21,温暖化を交えながらわかりやすく解説

2016/07/16

ピョートルいしぐら

0

パリ協定 COP21 温暖化 国際 CO2 二酸化炭素 フランス 中国 アメリカ

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今日のテーマは「パリ協定」分からない人にわかりやすく、分かる人にも、うんうん。そうだよね。となるように伝えていきたいと思います。

    さてテレビをみるただしとサトル。季節は夏。室温は28℃。テレビではパリ協定とCOP21について放送されている模様です…。

  • しかし暑いし!!!

    サトル~、このテレビでやってるパリ協定とかCOP21ってなんだし?!これで地球の温度が下がるのかし?!

  • お前さ、エアコンの温度下げろよ!

    COP21の正式名称は「気候変動枠組み条約第21回締約会議」だ。COPとは、"Conference of the Parties" の略で条約に参加する国々の会議という意味だ。

  • ええい。エアコンのリモコンはどこだ?

  • 28℃以下に下げるとこのエアコン調子悪くなっちまうし!

    へ~ロボコップの「コップ」を連想していたし~!

  • 具体的には1992年、国連の地球サミットで「気候変動枠組み条約」が採択され、国際会議の場で地球温暖化対策を話し合ったんだ。

  • おお!このくそ暑い天気をどうにかするためだし!!

  • そうだな。まあ直近でも過去だが。 2015年12月、その21回目の会議となるCOP21がパリで開催され、歴史的な合意「パリ協定」が採択されたんだ。

  • お~、おしゃれな場所でやるんだし~! まあ、これで温暖化も解決に向かうし!って!向かってねえし!暑いし!

  • そうだな。ところでずっと前、1997年に京都で開催されたCOP3で、国際的な合意「京都議定書」が生まれたのは知ってるか。

  • ああ~なんとなく聞いたことあるし!でもきっと温暖化は解決に向かうし!嬉しいし!

  • これは、先進国に対して温室効果ガスの削減を義務付ける画期的なもので、世界の温暖化対策はここから大きく前進するかと思われていた。ところが、当時最大の CO2排出国であったアメリカが議定書から離脱

  • アメリカには困ったものだし~!

  • しかも、その後アメさんに加えて、中国などの新興国からの CO2排出量が急増し、状況は大きく変わった。

  • うお!中国来たし!

  • 中国は2006年にアメリカを抜いて世界最大の排出国になり、結果的に、京都議定書で削減を義務付けた第一約束期間(2008~2012年)に参加した国(EU、ロシア、日本など)の排出量のシェアは世界全体の25%程度にとどまった。

  • ええええ!そんなに少ないし!

  • さらに第二約束期間(2013~2020年)には日本やカナダが不参加を表明し、参加国のシェアは15%程度にまで低下した!

  • みんな勝手すぎるし!!

  • このように一部の先進国だけの排出削減義務では、京都議定書の効果は限定的なものとなっていったんだ。

  • なんてことだし!!

  • その後COPでは、先進国側と新興国・途上国側の対立が激しさを増していく。先進国側は「新興国や途上国にも削減義務を」と主張。

  • さんざん昔から排ガス出してたくせによくいうし!途上国にも出させろし!発展には環境汚染がつきものだし!

  • その通り。一方で、新興国と途上国は「これまで大量の CO2を排出してきたのは先進国であり、削減義務も先進国が負うべきだ」と主張し、議論がまとまらなくなったんだ。

  • やれやれ!あああ!でもまだ温暖化がなんとかなる可能性はあるし!!!

  • で、2009年にコペンハーゲンで開かれたCOP15で2020年以降の「ポスト京都議定書」の新たな枠組みを決めるはずでしたが、合意に失敗。

  • まあ、そりゃそうなるし!

  • 国際社会が、こうした状況を打開するラストチャンスとして挑んだのが、COP21。

    「パリ協定」の採択に向けては、これまで議論を主導してきたEUに加えて、中国とアメリカという二大排出国が相次いで温暖化対策を打ち出したことで、ようやく世界の足並みがそろうことになった。

  • ええ!とうとうアメリカと中国が抑えられたし!!

  • うむ。そして今回採択された「パリ協定」は、「京都議定書」以来、18年ぶりとなる法的拘束力を持つ国際合意であり、永続的な温暖化対策の協定だ。

  • 万歳万歳!これでクーラー使わなくてよくなるし!!うれしいし!!!!!!

  • まだ早いな。とにかくその協定のポイントは、世界196の国と地域、先進国から途上国まですべてが参加する初めての枠組みだということだ。

  • おお!みんな参加するし!で、具体的にはどんな決まりだし?

  • その骨子を整理してみよう!

    産業革命前からの世界平均気温の上昇幅を2℃より十分低くし、1.5℃に抑える努力をする。

  • なるほど!

  • それから、今世紀後半に、温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させ、人間活動による排出量を実質ゼロにする。

  • ええっ!ゼロ!? そんなこと無理だし!

  • そして、先進国から途上国への資金支援を義務づけ、途上国同士でも自主的に支援する。

  • これは大事だし!!

  • で、次。すべての国が削減目標を提出し、そのための国内対策をとることを義務づける。

  • 北朝鮮も?

  • 北朝鮮は参加してないぞ。次。削減目標の達成義務はないが、国際的に達成状況を検証し、見える化。目標は5年ごとに見直し、その都度、改善していく。

  • へ~五年ごとなんて悠長な感じするし!

  • そうともいえる。最後に、適応(温暖化の被害軽減)策を強化し世界目標を設定、すべての国が具体的な対策をまとめる。

  • なんだか抽象的で眠くなってくるお題目ばっかだし~~!

  • たしかにな。何はともあれ、「パリ協定」では、従来の2℃目標から踏み込んで、島しょ国などが強く訴えていた1.5℃という、より厳しい目標を目指すことも明記された。

  • へ~それは大変結構なことだし~!

  • どうかな。まあ、とりあえず世界の温室効果ガスの排出量をできるだけ早く減少に転じさせ、今世紀後半には実質ゼロにするよう削減に取り組むという野心的な目標を掲げたんだ。

  • なるほどだし!

    ああああああああああ!これで温暖化がなくなるし!!嬉しいし!!!!

  • で、さっきも言った通り、五年ルールがある。そのためにすべての国が削減目標を提出し、しかも5年ごとに目標をより厳しく改善していくことも決められたのは重要だぞ。

  • あ~さっきから言ってるやつだし!そんなんできっこねえし!

  • さあな~。それ以外にも、先進国から途上国への支援だけでなく、経済力のある新興国も自主的に途上国へ資金を供出するよう促すなど、議長国フランスが巧みに合意点を模索したことで、歴史的転換点となる大きな成果が得られたんだ。

  • フランスフランス~!核燃料~農業大国~クリーンエナジー~EUの助成金頼み~!交渉だけはうまいし!

  • おお!よく裏事情をしってるな。一方で、課題もたくさんのこった。「パリ協定」は、世界各国の合意を優先したために、目標達成は義務づけられず、達成できなかったときの罰則規定は一切ないぞ。

  • 罰則ないとか!無法地帯かし!!ああああああ!もう希望はないし!!!みんな蒸し風呂だし!!!

  • 国際社会とは得てしてそういうものだ。また、現状の各国の削減目標をすべて実施したとしても、世界の平均気温は3℃前後上昇してしまうと予測され、対策は決して十分…ではない!

  • えええ?はああ?ちょっと聴こえなかったし。

    3℃????

  • 笑えるよな~!で最大の争点だった途上国への資金支援については、現在の水準の年間1000億ドルという具体的な数字は「パリ協定」本体には盛り込まれず、別文書に「2025年までに最低限、年間1000億ドルの支援目標額を定める」と書くことで妥協が図られた。

  • おっと~そのお金はいったいどこから出るし??

  • それに加えて、異常気象災害が頻発するなかで、途上国が必要としている、より効果の高い資金・技術支援を実現できるかは未知数だ。

  • なんだか絶望的にスカスカの協定だってことはよく分かったし。

  • ま、交際条約とかその手のものは得てしてそこまで拘束力のあるものではない。

  • これじゃあしばらくはクーラーは止められそうにねえし。

  • まぁ、地球温暖化じたいが嘘だという説もあるし、どうかわからないが、エアコンなしの夏はまあ無理だろうな。

    てかお前、エアコンのフィルター掃除しろよ!埃っぽいぞ!

  • フィルターって掃除するもんなのかし?

  • え、一体お前…。

  • サトルはいつクーラーを買ったのか聞こうとしたが、怖くて聞けなかった。おわり。

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.