ただしがディープラーニングにディープに興味を持ちました。

ディープラーニングってなんだし?人間が滅ぼされるし? ディープラーニングやシンギュラリティ,人工知能を交えながらわかりやすく解説

2016/09/05

メトロ

0

ディープラーニング シンギュラリティ 人工知能 機械学習 特徴量 ワトソン AI テクノロジー AlphaGo

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サトルー!シャワーを貸すし…。
    あと、水を頼むし…。

  • いきなり人の家に来てなんだ…。

    って、すごい汗だなお前!

    顔も蒼白だし、熱中症じゃないか!?
    いろいろ突っ込みたいがまずは介抱だな…。

  • 〜1時間後〜

  • ふぅ、やっと生き返ったし…。

    死ぬかと思ったし…。

  • っとに、なにしてるんだお前は。

    熱中症はわりと簡単に死ぬぞ?

  • ボクはただ走っていたし。

    そうしたらくらっときちゃったし!

  • こんな真夏にランニングか?

    ダイエットにしちゃハードすぎるだろ。

    運動不足のやつが昼間に走ったら
    そりゃ倒れるだろう!

  • ダイエットしたらボクのキャラが崩壊するし!
    違うし!

  • なら、なんで走ったんだ?

  • 頭をよくしたかったんだし!

  • 確かに軽い運動は記憶の定着や
    脳の働きにいい影響があるらしいが…。

  • おっくれてるし!
    これからの世の中はAIなんだし!

  • お、おう?
    それとお前が走ることはどう関係あるんだ?

  • 今のAIのはやりは「デブランニング」なんだし!

    つまりデブが走ることでボクの頭に
    AIが装着されシンギュラリティを…!

  • 心配して本気で損したよ!

    それを言うなら「ディープラーニング」だ!

    お前が走ったところでAIの研究に1マイクロミリメートルも関係がねぇ!

  • そ、そうだったし!?
    なら、ボクの頭にディープラーニングを装備するんだし!

    そうすれば頭が良くなるし!
    どうすればできるんだし!?

  • うーん、いろいろ誤解があるようだが、ディープラーニングは人間のの処理がモデルになっている。だから、ディープラーニングのアルゴリズムを使ったAIより人間のほうが遥かに「頭が良い」といえるぞ。

  • そうなんだし?ニュースとか見てると「AIが人間を超えた」と話題になっているし。

  • 確かに、今はAI(人工知能)が様々な分野で未来の技術として喧伝されているな。今は「第三次人工知能ブーム」と言われている。

  • 碁で人間に圧勝したり、自動運転を実現したり、医者がわからなかった病名を10分で診断したり、東大に入れる人工知能が開発されたり…。そのうち人間が必要とされなくなるし。これは人間より「頭がいい」といえないし?

  • 一つ言っておくが、今お前が上げたもので「ディープラーニング」の技術が現段階で使われているものは「アルファ碁」だけだぞ。しかも、ディープラーニング以外の技術の積み上げもふんだんに使われている。あとは従来の機械学習の応用で、ディープラーニングが「どこまで使われるか」はこれからの話だ。それに、「頭がいい」というのはどういうことか、にもよる。

  • 記録力がよいことじゃないし?

  • それなら「インターネットには無限の情報があるから頭がいい」と言えるか?

  • それはちがうし…。すぐに答えを言えることだし?

  • そうだな、すぐに回答が帰ってきたら確かに頭がいいと思うだろう。ディープラーニングはまさにその「すぐに判断する」ことに長けているんだ。

  • やっぱり頭がいいんじゃないかし?

  • まぁ、俺が現在でAIの「頭の良さ」についての見解は最後に述べるとして、ディープラーニングが何なのかを少しは理解しておく必要はあるだろう。

  • とんでもなくかしこいAIなんじゃないし?

  • なぜ「かしこい」と言われるかわかるか?

  • う、うーん。人間より正確にクイズに答えられるとかし?

  • それなら2011年にIBMのワトソンというシステムがアメリカのクイズ番組で圧勝している。AI研究者の間でディープラーニングの技術が認識されたのは2012年だからちょっと早いな。

  • そういえば、ディープラーニングが話題になる前から自動運転技術や将棋で圧勝とか言われてたし。

  • 当然だ。ディープラーニングも「機械学習」の一種だからな。

  • 機械学習かし?パソコンが学ぶならすべてが機械学習でないし?

  • 機械学習の「機械」は物理的な意味での機械ではなく、自動的にという意味合いのほうが強いな。あるデータを入れるとそこから自動的に「特徴量」を見つけ出すアルゴリズムだ。

  • うーん、よくわからないし。特徴量ってなんだし?

  • 例えば、お前の写真を人工知能に見せるとする。そうすると「これはただしです」と正しく答えるだろ。その時、AIはどうやって「この写真にただしが写っている」と判断したと思う?

  • そんなの、見たらわかるんでないかし?
    人間はそうやって判断してるし!

  • それは人間だからだな。

    じゃ、人間はどうやって
    「ただしはただし」と認識しているんだ?

  • えーと、それは…。
    顔を覚えていればわかるし?

  • じゃ、顔全体を正確に表現できるか?小太りというのはどういうことか、眉毛は何度か…。歯並びの感覚は何ミリかとか、全部だ。

  • 無理に決まってるし!そんなのいちいち気にしてないし!

  • だろ。しかし、従来の人工知能はこの条件を細かく入力してやらないと「ただしはただし」と認識できなかったわけだ。

    それにくらべて人間はちらっと見ただけでわかる。これは人間が「特徴量」を取り出すのに長けているからと言われている。

    ここまでいえばわかると思うが、特徴量とは「そのオブジェクトの本質的なパターン」だな。

  • つまり、「ただしはこういう顔」でなくて
    「こういうパターンだからただし」ということだし?

  • そういうことだ。

    機械学習でただしの顔を分析するだろ。
    そうすると「ただしの顔」のパターンを自動的に学習するんだ。

    この学習にはそれなりに時間がかかるが、それを数値化して記録しておけば、次回は「パターンが同じだからこれはただし」とすぐに導き出することができる。これは従来の機械学習もディープラーニングも同じだ。

  • じゃ、ディープラーニングはどうすごいし?

  • 国際的な自動画像認識コンテストがある。これは写真や動画をAIに見せて何が写っているか判断させ、その誤答率を競うものだ。2011年の段階で誤答率が25%前後で頭打ちだった。東大や世界的に有名な大学、研究機関が1年間研究して1%下がるかどうか、だった。この時点での機械学習は確かに特徴量を抽出できるんだが、その特徴量が「何を意味するか」は人間が指定しなければならなかった。

  • え?それって全然自動化されてないくないし?

  • コンピューターは「意味」を自動的に関連付けするのは難しいんだよ。なので、いかに細かい特徴量を取り出し、研究者がそれを正確に意味づけるか、という争いになっていた。

  • ところが、2012年の行われたこのコンテストでカナダのトロント大学が開発したAIはいきなり誤答率15%前後を叩きだして、AI研究者を驚愕させた。

    このトロント大学のAIに使われていたアルゴリズムこそがディープラーニングという技術だったわけだ。

  • 頭打ちだったところで一気に性能をあげちゃったし…。

  • 具体的にディープラーニングがどんな技術か、というのはあまりに複雑なので省略するが、これまで人間が意味付けしていたことを極力自動化できてしまう、ということが大きな進歩だった。これまでは「このパターンはただし」と人間が教えなくてはいけなかったが、「ただしはただし」とおぼえてしまうんだな。

  • それもうまんま人間じゃないかし!?
    やはり人間はAIに負けちゃうし!

  • ところが、まだまだ「パターンを認識する」ということにかけては人間の正確さには勝てないし、
    「パターンを学習していない」事態については対応できない、という技術的限界もある。

  • でも、そのうち高度になってきたらすべてのパターンを覚えて人間を超えてしまうこともあるんじゃないし?

  • それがいわゆるシンギュラリティ問題というやつだな。

    ただ、俺はディープラーニングそのものはAIのブレークスルーではあるのだが、人間を超える、ということはないと考えている。

  • なんでだし?
    AIがすべてを知ったら人間が滅ぼされるかもしれないし?

  • AIそのものが「目的」を設定するアルゴリズムが見つかってないんだよ。
    「人の役に立つ」ということすら、人間がそうプログラムで指定するからだな。

    AIは「人間の指示無しで何かができる」というのがないんだ。そして、その「目的意識を持つこと」が人間の知能の本質だと俺は思っている。

  • 難しいし!

    結局AIは人間の敵にはならないということだし?

  • AIの研究は実はまだ入り口に立ったばかりだ。これからどうなるかは誰もわからん。とにかく、現段階での最先端はディープラーニングであるということにすぎん。ただ、現在の技術の先に「人間を滅ぼそう」とAIが考えることはないだろう。

  • なら、安心したし!じゃ、体調も良くなったから帰るし!

  • っとにもう、真夏に走るんじゃないぞ。

    ただまぁ、馬鹿をするのが人間の特権かもな。

  • どういうことだし?

  • いや、AIは「間違ったこと」はできても「馬鹿なこと」はできるのかと思ってな。もしかしたら、馬鹿をやることそのものが「頭のいいこと」なのかもしれんな。

  • そういうことなら、
    ただしは最強なのかもしれないし!

  • いかん。めんどくさいこと言ってしまった…

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.