ただしがジビエに興味を持ったようです

ジビエへと至る道 ジビエや野生動物,狩猟免許を交えながらわかりやすく解説

2015/12/01

小野小餅

24

ジビエ 野生動物 狩猟免許 フード ブラックバス ブルーギル ヌートリア ハンバーガー 指定害獣 害獣 シカ イノシシ・猪 ボタン鍋・牡丹鍋 家畜 フランス料理 フランス語

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 皆さんは【ジビエ】という言葉を聞かれた事があるでしょうか。 一時一気にブームになりましたが、最近はあまり目にしないか、一部趣味人の贅沢な嗜好、何て風に思ってはいませんか? 今回は例の二人と「今更聞けないジビエの話」について勉強してみたいと思います。

  • お勉強キライだしー

おまwww
ワロタ
  • 仕方ないじゃないか、ゆりかちゃんから今度の合コンでジビエ料理食べたい、店の手配を頼む、なんて言われてしまっては

www
ワロタ
ガクブル
  • 合コンのためなら何だってしますし!! ところでジビエって何料理?どこの

www
ワロタ
おまwww
  • まずはそこからか。いいか、ジビエってのは…。 …ジビエって何語だ?

ワロタ
おまwww
www
  • ほら。サトルも知らないじゃないか

www
ガクブル
ガクブル
ガクブル
ワロタ
ワロタ
www
  • はいはい。【ジビエ・gibier】というのはですね、フランス語で「狩猟した食材」という意味になります。家畜ではない食用の総称です。

  • おおっ、今日は天の声が教えてくれるパターンだしか!

    ってことはおフランス料理!?おい、今回の合コン参加費いくらだし!?

www
  • い、いや、そんな特別高額予算とは聞いてないぞ!? ゆりかちゃんの事だから最初から金を出す気が無い可能性は捨てきれないが…

  • ボクらの安月給じゃとても手が届かない世界だし…!!(ガクブル

  • 待ってくださーい、落ち着いてー。 ジビエという言葉がフランス語なだけで、ジビエ料理がフランス料理と決まっているわけではないんですよー。 例えば、日本にも大変ポピュラーなジビエが昔からありますよ。

  • え、そうなの?何だろう…

  • 昔は鴨なんかは取って食ったようだが今はあれも家畜だろう?

  • そうですね、今でも野生鴨はありますが、大変高価です。一般に出回っている鴨肉は、アヒルと交配させたアイガモや、アヒルそのものの事です。

  • えー、じゃあ何だろう…

  • あ、解った。ボタンだな?

  • ボタン?服の?

  • バカは放っておいて話を進めようじゃないか天の声さん

  • バカってお前

  • そうですね、大正解です。イノシシ肉を使ったボタン鍋等は、ちょっとした山地の温泉街にでも行けば定番のように食べられますね。

  • 当然のように話を進めるし…。 あ、そうかーイノシシ。おじいちゃんちでよく畑荒らして大変だって言ってた、アレねー

  • 後はスズメの丸焼きなどもまだまだメジャーな食べ物で…

  • それはない

  • メジャーではない

  • えー?

  • とりあえずジビエってもんが大体イメージできてきたし。そんじゃ鍋料理の店を片っ端から当たってイノシシ使ってる店を探すし!

  • 待てバカ。ちょっと考えろ。合コンで鍋とか、あのゆりかちゃんが許すと思ってるのか

  • …あっ

  • もうちょっと若人向けのお手軽ジビエとかは無いものかな

  • そうですね、そもそも最近ジビエという名がよく聞かれるようになった背景には、里山の農作物を荒らしたり、線路をふさいだりといった、人間社会と文字通り衝突する野生動物が増えすぎたという側面もありまして

  • え、そうなんだ。日本ってどんどん野生動物減ってる印象があったんだけど

  • 野生動物の生活圏がどんどん減っているのは事実ですね。なのでどうしても一箇所に集中的に個体数が増えてしまって、あふれた個体が人里に降りてくる…

  • 人間の業が産んだブームって事だし…!!

  • そうはいってもなぁ。

  • 森林保護や野生動物保護もちゃんとやってるんですが、ソレとは別に現在進行形の獣害は何とかしなければならない訳です。 ところがただ撃ち殺すだけでは予算がかかるばかりで続きません。

  • そこで食材として流通させてしまえば商売になるだろうってカラクリか

  • その通りです!

  • 世の中ゼニやなー。 あ、でも、それなら材料自分で調達してきたら、里の人の助けになるし食材費は浮くし、一石二鳥じゃね?これはやるしかないって感じだし?というわけで早速行ってくるし!!

  • あ、おいただし!おーい!!

  • 行ってしまわれましたねー…

www
  • ジビエ捕りに行って臭い飯食って帰ってくる事になるとはな

  • いきなり逮捕とはひどいだし!!!!!

  • 当たり前だろう。野生動物を狩るには狩猟免許が必要なんだよ

  • 免許要るのか…

  • また、狩猟していい時期も場所も決まっているんですよ、素人がいきなり行って勝手に捕っていいものじゃありません

  • もっと早く言って欲しいし…

  • 普通は何も調べずに飛び出したりしない。そもそもお前、イノシシやシカ捕ってどう料理する気だったんだ

www
  • …あ…

  • 野生動物はきちんと血抜きをしないとどうしても臭みが出てしまいます。食材にするなら早急に処理しなければなりません。 また、肉というものはと違って捕ってすぐ食べればいいというものでもありません。適温を保って熟成させる事も必要になってきます。

  • そんなにめんどくさいの!?

わかる
へー
  • とはいえ通常の家畜肉もそうなんだよな、本来。

  • そうですね。畜産業の方もそうして苦労して我々のにおいしいお肉を届けてくれています。 ジビエの場合はそれに加えて、品質の個体差が激しい、需要供給のバランスを取るのが難しい、流通経路が確立されていないので目にする機会があまりに少ない、などのハードルが加わります

  • ものすっごい難関だらけだし!?

  • となるとますます、お手軽なジビエってのは望みが薄いな…

  • やっぱりイノシシ鍋でごまかすしか…っ!!

  • いえいえ、とにかく今はジビエを知ってもっと確実に流通できるようにしようと、アピール重視でイベント的にジビエ料理を扱うお店はかなり増えてきました。 例えば都内のハンバーガーチェーンでは信州のシカ肉の商品を定番メニューに加えている物もあります

  • え、そんな身近にあったんだ、ジビエ

  • ふむふむ…あとは町おこしに使われている場合も多いのか…岡山県なんかはかなり力を入れているみたいだな。そういう郷土料理系の店なら案外あるかもしれん。

  • へー、岡山ってそんなシカとかイノシシとか多いんだ

  • あとヌートリア

  • ぬー…?

  • …とりあ…?

  • 知りません?ヌートリア。戦時中に毛皮を取るために輸入、飼育されてた水辺に住む大型のげっ歯類で、ミニサイズのカピバラみたいな

  • …ジビエの話だよね?

  • …食べるのか?ソレ…

  • 食べられますよ?中国では「海龍」と呼ばれる立派な食用動物です。ですがネズミの仲間だというイメージが悪い事と可食部がそれほど大きくないので、食用として捕獲流通させるのはコストがかかりすぎるという問題がありまして

  • …なんか…ジビエって、「食べて応援」とかそういう単純な問題ではない感じだし…

  • 供給そのものがそんだけ手間ってのは…そりゃ困るよな…

  • どんどん売れてどんどん捕っちゃってください、って事になればその辺はある程度どうにかなりますんで。指定害獣の場合は自治体からの補助金も出ますし。そういやブルーギルやブラックバスはすっかり定番化した地域がありますよね

  • ブルーギル、ブラックバスって魚だっけ

  • 琵琶湖とかで昔大問題になってたな

  • そういやそうだっけ。でもお魚は自分で捕って自分で料理して自分で食べる楽しみがあるからいいけど、ジビエになると…

  • 狩猟免許取ればいいのかもしれないが、それはそれで何だか違う気はするな

  • 【害獣】の指定と駆除の方法が一般人にも参加しやすい基準には無いですからね…魚みたいにはいかないのは確かですが…

  • そんでも折角「食べてみたい」って思ってくれた人が居るんなら、おいしいよって事しっかりアピールしてもっと気軽な存在にしなきゃだし!

  • その通りだなー。ちょっと本腰入れて口コミサイトから調べてみるか

  • そんでゆりかちゃんとそのお友達と、仲良く合コンだし!!今度こそ彼女作ってみせるし!!!

  • あ、そういえば先ほどゆりかさんからお二人に伝言が入りまして

  • え?何て?

  • 再生しますねーポチっとな

  • ごめーん、今回は男女の数あわせがうまくいかなくて、サトルさんとただしさんは参加見合わせてほしいんだー。あ、いいお店があったらすぐ教えてね、いつか、今度、また、そのうち、一緒に合コンする時に行こうね♪

  • ………

  • ………

    …今夜は、お二人で、ボタン鍋でもつついて自棄酒コースなどいかがですか?

  • 世の中こんなんばっかりだしー!!!!

  • おわり!

    コメントください!!

ためになる
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.