ただしがコンプラ倒産について考えてみるようです。

コンプラ倒産って何? 粉飾決算や企業,経営を交えながらわかりやすく解説

2016/07/01

メリージェーン

0

粉飾決算 企業 経営 コンプラ倒産 信用 カネボウ オリンパス 東芝

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 皆さんはコンプライアンスについてどれほどご存知でしょうか?近年このコンプライアンスに関して、帝国データバンクの調査によると、2015年度のコンプライアンスの違反に端を発する倒産件数は289件となり、前年度の3割増、かつ過去最多を更新したそうです。今回はこのコンプラ倒産について、ただしとサトルが解説していきます。

  • 最近いいニュース聞かないんだし。

  • 確かにそうだな、イギリスはEUを離脱して騒ぎになってるし、舛添さんは東京都知事をやめたし、いろいろ問題が起こってる。日本企業社員の不祥事とかのコンプライアンスがらみの事件も起きてるし。

  • …コンプライアンス?ってなんだし?

  • コンプライアンスは直訳すると「法令遵守」っていう意味だ。でも現代の企業が「当社はコンプライアンスを重視した経営を行っています」と言う場合には、単に律や条例を守るだけでなく、その背景にある法の精神や社会良識といった「社会規範全般」、さらには社内規則や業務マニュアルなども含めた幅広い規則を遵守していく姿勢を表している。

  • んん〜難しくてよくわかんないし…

  • ざっくり言ってしまうと「悪いことをしなければいい」という話だ。ただしだって普段の生活の中で、進んで法律に触れるようなことをするか?しないよな。それと何も変わなくて、会社の中で仕事をしているときも、悪いことをしなければいいというだけのことなんだ。

  • なるほどだし。でもこのコンプライアンスはそんなに重要なんだし?

  • めちゃくちゃ重要だ。会社・企業の不祥事に対して、社会の目が厳しくなってきているからな。たとえ社員が1万人いる会社でも、たった1人の起こした不祥事で経営ができなくなる、会社の信用が地に堕ちて存続が難しくなる、そのような可能性はゼロではない。そういった危険性を経営陣が感じているから、社員に「コンプライアンス」を徹底させるよう取り組んでいるんだ。

  • うわぁぁ確かにそうだしー! 他の社員は関係ないのに、一部の不正をした社員がやったせいでみんな疑われるんだし!

  • だから会社もこの辺りは慎重になるんだ。実際に「小遣い欲しさに会社の顧客名簿を業者に売った」とか「ギャンブル代欲しさに架空請求を繰り返した」などなど、会社の不祥事に関するニュースを聞いたことはあるだろ?

  • 聞いたことあるし!!

  • 会社ぐるみで不正をするのは論外だけど、報道されるほとんどのケースは会社の中のごく一部の人間、たった1人の人間によることが多いと思うよ。でも「悪いことをしていた人だけを責めておしまい」なんて、それだけで最近の社会が許してくれると思うか?

  • ううーん、そう簡単な問題じゃないんだし…。

  • だろ?ひとたび不祥事を起こせば、それにより非難されるのは、罪を犯した人間が所属する会社の社長・・つまりは会社そのものだ。会社にとってはいい迷惑、というよりも大打撃だよな。これによって倒産するケースだってあるんだぞ。

  • 倒産にまで追い込まれるんだし?! そんなバカなだし…。

  • そう思うかもしれないけど、現に倒産している件数は増えてる。「コンプラ倒産」なんて言い方もされてる。

  • コロプラ?スマホゲームの会社だし? クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズはすごい面白くて、僕は毎日課金してるし!

  • コロプラじゃねーよ、「コンプラ」だ。コンプライアンスの略語だ。 帝国データバンクの調査によると、2015年度のコンプライアンス違反に端を発する倒産件数は289件となり、前年度の3割増、かつ過去最多を更新したそうだ。2009年は94件だから、比較すると倍以上になる計算だ。

  • 急激に増加してるんだし!

  • 2004年発覚のカネボウの粉飾事件や2011年発覚のオリンパスの粉飾事件、直近だと東芝の「不適切会計」事件や王将フードサービスの使途不明金事件など、誰もが知るような大企業で、その命運を左右するようなコンプライアンス違反が発生して世間をにぎわせていたよな?あれもコンプライアンスに違反してああいう顛末になっていったってわけだ。

  • そうだったのかし。東芝もあれで一気に信用を失ってしまったし。

  • まあこれからだけど、一部の人間の違反行為が世間に出てしまうと、予想以上の大問題につながる。

  • コンプライアンス違反には具体的にどんなものがあるんだし??

  • コンプライアンス違反と言っても事案は様々だが、先のデータバンクの調査によるとその内訳は粉飾が29%、業法違反が26%、資金使途不正が23%で、全体の80%近くを占めているらしい。

    業法違反では建設業が多く、他にもコンプライアンス違反といえばセクハラやパワハラ、その他の労務紛争などもあるが、さすがに倒産にまでは至らない場合が多いから、表沙汰にはなっていない。

  • へー、じゃあニュースになっていないところでこういう違反行為は日々起こっているかもしれないってことだし?

  • まあその可能性は否定はできんな。でも勿論、クリーンでしっかり経営してる会社もあるから、すべての会社に可能性があるとは言ってはいけないな。でもいつどのタイミングで起こるかわからないから、経営陣は常に気を配っておく必要がある。

  • でもここまで急激にコンプライアンス違反で潰れる企業が増えているのかは不思議だし…。

  • その背景を探っていこうか。会社を追い込むほどのコンプライアンス違反について、不正を起こす動機については、誰かが個人的に大きなカネを得るための金銭欲とか、会社を存続させるための不正、権力者が個人的なプライドを守るため、会社内で地位の高い人が地位と報酬を保持するために違反するとか、動機は様々だな。

  • 確かに一概に括れないけど、どれも保身とか地位を守るっていう点が共通してるんだし。でも結果的には全部不正でやってはいけないことなんだし!理由なんて行為者側の都合だし!!

  • おっ、いいこと言うね〜

  • なんか急に社会に憤りを感じてきたし!!!

  • なんか勝手にヒートアップしてるけど、一旦落ち着け。 こういう不正問題は、本質的な問題を解決しない限りは、結局のところ単に問題を先送りすることに留まり、どこかで隠し切れなくなって事件レベルとして発覚する場合が多い。

  • 確かに、コンプラを徹底したところで、第二第三の事件は起こり得るんだし。

  • その通りだ。そして問題を隠して先送りすることによって、社内外の関係者からの本質的な協力を得られにくくなったり、隠し続けるために余計な手数料を払ったりディスカウントをしたり、隠していることに気付いた企業ゴロのようなコンサルタントも含めた色んな人たちによって、ダメージをより大きくさせられることが起こりがちだ。

  • それは悪循環だし。

  • ただ、今後については、企業社会において世代交代が徐々に進み、会社への帰属意識やライフスタイルが変わっていくと、保身に根差したコンプライアンス違反行為は減っていくんじゃないかって思ってる。

    人々が会社に依存することなく生きていく社会が実現されつつあるからな。

  • そうなればコンプラ倒産で連帯してみんなが責任を負う必要がなくなるし。責任を負うのはその人個人だけだし!

  • まあ個人レベルでもコンプラ違反はしてはいけないことだけどな。

  • カジュアルに逮捕されてるけどボビーロンドンはコンプラ的に大丈夫かし?

  • そうだな、今のうちにトカゲのしっぽを…

  • ちょwwwwwマテオ!

  • フィクションです!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.