第2話

全3話

ただしがイスラム国に恐れおののいたようです 第2話

スンナ派はなにもすんなってことなのかだし? イスラム国やスンナ派,シーア派を交えながらわかりやすく解説

2016/02/29

メトロ

0

イスラム国 スンナ派 シーア派 カリフ 首切り IS ISIL シリア タリバン アルカイダ イラク ISIS

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • イスラム国の首切り処刑動画を見てしまったただしが、サトルにイスラム国、ISISとは?を教わっています…。

  • では、イスラムはなぜ首を斬るのか、という話を進めよう。

  • エロ動画を見ようとしたらとんでもない話に付き合わされてるんだし…

  • さっきは「ISISの前身団体はさほど目立つ存在ではなかった」と言ったな。

  • そうだし!いきなり「国を作る!」なんていうから前々から強力な団体だと思ってたんだし!

  • イスラム過激派と言われるものにも様々なグループがある。

  • タリバンとかアルカイダとかだし?

  • それらが有名だが、他にも「ヒズボラ」「ユダヤ・十字軍に対する聖戦のための国際イスラム戦線」「アンサール・アル・スンナ」など、無数にある。それぞれの団体が独立して動いてるかというとそういうわけでもなく、主従関係を結んだり同盟を組んだり、敵対したりしている。

  • なんでそんなにイスラム過激派ができるんだし!?イスラム教の下にひとつにまとまればいいんでないかし!?

  • まぁ、イスラム教といってもいろいろな宗派があるし、それぞれの組織の目的は一つではないからな。

  • イスラム教の中でもいろんな争いがあるんだしか?

  • 特に有名なのは「シーア派」と「スンナ派」だ。そのシーア派とスンナ派の中でもいろいろ宗派はあるのだが、大別してこの2つがある。

  • どう違うんだし?スンナ派はなにもすんなってことなのかだし?

  • 真面目な話が長すぎて所々にジョークを挟まないとやってらんないんだし…。

  • イスラム国のことを不真面目に話したらそれこそ俺の首が切り取られかねんだろ。お前みたいに死んだら生き返るキャラ設定じゃないんだよこっちは。

  • メタ発言乙だし。

  • それはさておき、「スンナ」とは「慣行」、「シーア」は「党派」という意味だ。これは第5代カリフを選ぶ際、イスラム宗教会議においてイスラム教の教義を重視(慣行)してカリフを選ぼうとした「スンナ派」と、イスラム教の開祖であるムハンマドの血統を重視しムハンマドの血族のカリフを選ぼうとして党派を作った「シーア派」で分裂したんだな。

  • どこも跡継ぎには苦労するんだしな。で、カリフってなんだし?

  • イスラム教においての最高指導者だな。これについては後で話すが、とにかく、イスラム教についても様々な「解釈」により分派ができていると考えればいい。もちろん、活動する地域や利権も絡むから複雑なのだが。

  • だから、同じイスラム教徒の中でもいろんな過激派が生まれるんだしね。

  • その中でも、ISISが現在際立っているのは、支配地域を「国」として支配していることがある。

  • 「イスラム国」と名乗っているのは形だけじゃないんだし?

  • ISISが「独立宣言」をしたのは2014年1月3日だ。もちろん、国際的に承認されているわけじゃないから「正当な国土の一部を不当に占領している」という形だがな。

  • ちゃんと独立宣言しているんだしね!

  • しかも、立法・行政・司法という国家統治に必要な機関を整備している。他の過激派には見られない特徴だ。

  • どうしてそんなことが可能になったんだし?たんなるテロリストにできることはないんだし!

  • 前身グループがイラクの軍人や官僚・役人を吸収したことが大きいと考えられている。国家運営のノウハウを持った人材が豊富にいるんだろうな。

  • ちゃんと国を作ることを見据えて行動していたんだし?

  • 結果的にはそうなっているな。そして、支配する地域が拡大するに従い、資金も豊富になってくる。

  • なんで支配地域が増えるとお金が増えるんだし?

  • ISISの収入は1日3億円、管理している資産は500億円ともいわれている。その大半は「税金」という形で支配地域の住民より徴収していると考えられている。

  • え、略奪とかでなくて「税金」だしか?

  • そうなんだ。もちろん、税金を払わなければ処刑や略奪にあうだろうが、支配地域の商業は認めている。だから、ISIS支配地域内で経済は成り立っている、と考えられている。むしろアサド政権より税金が低く助かる、という住民もいる、という報道もある。

  • それだけ聞くといい国だし…。

  • それに、ISISの「ビジネス」はそれだけではない。油田を占領し密輸を行ったり、欧米人などを誘拐し、身代金を要求したりしている。

  • やっぱりとんでもないんだし!

  • さて、ここで「なぜ首を斬るのか」という話になる。

  • やっとだしか…。

  • 人質を誘拐して金をするにも交渉が必要だ。「こちらは人質を殺す、本気だ」という意思をPRするために残虐に殺し、その動画をインターネットで公開することで身代金を釣り上げることに成功している。

  • ひ弱な強盗が店員に舐められてすごすご退散するニュースとは大違いだし…。

  • 自国民が首を切り落とされる動画が公開されれば、出身国の政府が「政府はなにをしている!」と糾弾されるおそれがある。それを防ぐために各国政府は多額の身代金を払っていると考えられる。また、企業や家族に直接請求が行く場合もあるらしいが、そのあたりはほとんど公開されていない。一説によればISISが得た身代金は30億円以上になるらしい。

  • 野蛮だから首を切り落とすなんて蛮行に走るのではないのだしね?

  • もちろん、ISISが残虐な行為を好んで繰り返すのは奴らの残虐性の現れとはいえるだろうが、それ以上に「残虐にみせたい」というプロパガン活動なんだろうな。

  • なんで残虐に見せる必要があるんだし?

  • ISISが残虐であればあると知られるほど、敵対する勢力はビビる。「もし捕らえられたらひどい目にあう」と考えたら、ISISの戦闘員が来たと知ったらすぐに逃げてしまうだろう。

  • ボクならISISが来るときいただけてちびって逃げるんだし!

  • そういう心理的なダメージを効果的に煽る動画を次々公開してるんだよな。実際、敵対する過激派もISISの残虐性を恐れて忠誠を誓ったり、戦わずにして拠点を移したりしている。また、イラク政府軍もISISの攻撃にパニックになり、アメリカが提供した戦車や最新鋭の武器を放り投げて逃げたこともある。

  • なんだ、ボクが特別臆病なわけではないんだしか!

  • 逆らった住民、人質、同性愛者などを処刑する時は周辺の住民を集めて処刑を見せつけている。それで住民に恐怖を植え付け、ISISに逆らおうという気力をへし折っているんだな。

  • もう、本当に悪の帝国っーかなんつーか、だし。おかげでボクまで心に傷を負ったんだし。

  • 一方で、非常にスタイリッシュな「かっこいいISIS」を演出した動画をインターネットを通じて全世界にばらまいている。「ヘイ!君もISISに来ればカッコよくクールになれて女の子にもてる!それに給料もいいぞ!」という内容のな。

  • なんなんだし、その頭悪そうなの…。

  • 実際、そういう動画が公開されてるから仕方ないだろ!それに嫁をあてがわれたり、若い女性を奴隷として買えたり、月70万の給料をもらえたり、ということも事実として報道されている。

  • ぼ、ボクも行きたくなったんだし…。

  • そういう巧みなプロパガンダで世界中から若い男性が続々戦闘員として集まっている。現在は3万人を超える戦闘員が60カ国以上から集まっているらしいな。

  • なんちゅー国際的組織なんだし…。

  • でも、そんな残虐な奴らを野放ししておいていいんだし!?

  • もちろん、いいわけがないだろう。次はISISに対して国際社会はどうしているのか、を話すぞ!

  • ボクはこの話から開放されたいんだし…。

  • つづく。次回。最終編へ!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.