ただしがアダムズ方式で国会がアダムスファミリーだそうです

アダムズ方式ってどこのアダムズさんが決めたし? アダムズ方式や一票の格差,参院選を交えながらわかりやすく解説

2016/06/07

メトロ

2

アダムズ方式 一票の格差 参院選 政治 選挙区 違憲状態 合区 定数削減 最高平均方式 選挙

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 参議院選挙も目前。しかし、実は国は最高裁判所から大きな宿題をだされていたのです。そんなことを知らずのほほんと毎日を過ごすただしですが、久々にニュースを見たら大きな誤解をしてサトルの家に駆け込んだようです。

  • サートールー!

  • 今回はどうした?今年の夏は暑いらしいがそれか?

  • 違うんだし!国会議員がお化けになるらしいし!

  • ん?たしかにあのへんは魑魅魍魎が跋扈しているが…?

  • 違うんだし!会がアダムスファミリーになるみたいなんだし!

  • あー、なんとなくわかってきたが…。それはアダムズ方式じゃないか…?

  • それだし!お化けの家族が国会に…

  • アダムスファミリーとアダムズ方式は関係ねぇ!

  • とにかく蹴るのはやめるんだし…。ぼくが先にお化けになっちゃうんだし…。

いくらなんでも蹴るだけでこうはならん
  • アダムズはアメリカでポピュラーな苗字なんだよ!アダムの息子、とかいうニュアンスだな。

  • そんな豆知識は要らないし…。で、そのアダムズ方式ってなんだし?

  • 選挙区の議席配分の一つだ。アメリカ第6代大統領アダムズが提唱したからアダムズ方式と呼ばれるんだ。

  • なんだし、国中がゾンビになるんでなかったんだしね。でも、なんでいきなりそんな難しそうな話がテレビに出るんだし?テレビはバカと暇人のものなんだし?

  • また怒られそうなことを言いやがるな。一票の格差問題を是正のために国政選挙をアダムズ方式に変えるからにきまってるだろう。

  • 一票の格差だし?格差社会はダメなんだし!どんな格差があるんだし!?

  • 選挙区の違うで生じる1票の価値が違うことだな。格差社会とはそんなに関係はないな。

  • ん?1票の価値が違うことのなにが問題なんだし?というか不利益なんてあったんだし?

  • 国政選挙において著しい差があるのは憲法第14条の「法の下の平等」に違反してるのではないかと弁護士団が訴えたんだよ、そのくらい覚えておけ。

  • 全然イメージがわからないんだし…。具体的に教えてほしいんだし。

  • 極端にいうと、選挙区の人口が1000人の場合と1万人の場合では格差は10倍になる。つまり、人口が多い選挙区では1票の価値が薄れているという理屈だな。

  • うーん、都会に住んでるぼくはその価値が低いということなんだし?

  • 数の上ではそうなる。国会議員一人を当選させるのに必要な人数が違うんだな。国政選挙において票の重みが違うということが「法の下の平等」に違反している、ということだ。

  • どれくらい一票の価値に違いがあるんだし?

  • 2012年12月の衆議院選挙では2.4倍の開きがあったんだが、これは違憲だとして弁護士団が訴えたんだ。最高裁判所はこれを受けて2013年11月には違憲状態であると判断した。

いや人間違えてますやん
  • 違憲状態?違憲ではないし?

  • 多くは許される範囲内という判断なんだな。速やかに是正しろと司法から命令があった形である。さらに最高裁判所は2014年11月に2016年の参議院選挙まで是正するように求めている。まもなく参議院選挙だから法案を通さなければならないんだ。

  • そのためのアダムズ方式なんだしね?どんな方式なんだし?

  • 選挙の議席配分の一つで、最高平均方式に含まれる。一人別枠方式に代わって有力な選択肢として浮上してきたんだ。最高平均方式とはある定数で選挙区の有権者人口を割り、あまりを切り上げて配分し、その総数が議員定数と同じようになるように「ある定数」を割り出して議席配分する方式だ。

  • 意味がわからないし…。

  • わかりやすく説明すると、人口300人の選挙区A、200人の選挙区B、100人の選挙区Çがあり、6人議員を選ぶとする。選挙区一つにつき2人当選するようにすると、一票の格差は3倍になる。

    ところが、定数100で割って計算すると「3+2+1」になり、6人当選する。Aからは3人、Bからは2人、Çからは1人当選するように議席配分をすれば格差は発生しない。これで格差問題は解消するな。

  • そんな簡単なことで解決するなら、なぜこれまで導入されてこなかったんだし?

  • 最高平均方式で人口配分で選挙区を厳密に調整すると一人も候補者が出てこない県も出てくる。そうなると、地方の声が国政に届きにくいという問題が出てくるだろう。それを調整するため、アダムス方式では前もって選挙区ごとにプラス1しているから、議員を振り分けられない県はなくなる。

  • そうなるとやはり格差は残るんじゃないし?おかしくないし?

  • 検討会の試算では1.5倍程度で収まるという。2倍以下なら最高裁判所の判例をクリアできるだろうという見込みなんだな。

  • それでも格差はあるんだし!完全に人口配分にするべきなんだし!

  • 国会議員は都道府県の代表という見方があるんだが、特に自民党にはその傾向が強い。そのため、議員を出せない県が生まれることに危惧しているんだ。また、議員を出せなくなる見込みの県でも反対運動は根強い。

  • んー、それでアダムズ方式はこの先実施されるんだし?

  • 衆院選挙制度改革関連法が20日午前の参議院で可決、成立したな。

  • ということは、アダムズ方式は次の参議院選挙から使われるんだし?

  • それが違うんだな。参議院は今度の参議院選挙から隣同士の選挙区を合併した「合区」が誕生した。これで格差の減少を目指す。

    しかし、これで鳥取と島根、高知と徳島が一つの選挙区になり、2県で一人しか当選できない。国会議員そのもの減らすのも同時に進める。衆議院選挙は2020年の国勢調査を基に2022年からアダムズ方式に移行する見通しだ。

  • なんで定数削減が先なのだし?いっきにすべてしたほうがむだはすくないんじゃないかし?

  • アダムズ方式は人口比に基づき適正に配置すると定数削減の必要があるから正確な有権者数を算出して計算しなければならない。また、以前から身を切る改革の流れで国会議員を減らそうという議論があったのも影響しているな。しかし、国会議員が減ることで国民の声(特に地方)が届きにくなるという意見も根強くある。

  • アダムズ方式が使われると一票の格差問題は解決するのんだし?

  • 試算でも1.5倍の格差は残るとは先ほど言ったが、縮小はするが必ずしも格差がなくなるわけではない。完全に人口比例にすると都会、とりわけ東京圏の議員が増える。そうすると地方の衰退が益々進むだろう、という危惧もある。むしろ格差を認めても地方の声を聞くべきという意見もある。

  • むー、難しいんだし…なにがいいのかほんとうにわからないし!

  • 政治ってそういうもんだ。だから政治家という職業が貴重なんだな。

  • とりあえず、ぼくは自分の票の価値を高めるために田舎に引っ越すし!

  • お、おう…

  • 高知のブロガーにたかりに行くんだし!こんなことしてる場合じゃないんだし!じゃ、帰るし!

  • お、おう…まぁ、そういうのも一つの解決方法、なのか?

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.