ただしがお花見に向けてアップを始めたようです…が、まだ早すぎたようです

お花見の歴史を学ぶんだし! お花見や桜,緋寒桜を交えながらわかりやすく解説

2016/03/02

小野小餅

4

お花見 緋寒桜 日本史 ソメイヨシノ 沖縄 宴会 醍醐寺 花見

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • まだまだ寒い日が続きますが皆さんの所では春の足音は聞こえて来ているでしょうか。一足早く春の風物詩「お花見」を楽しみたいただしのようですが、さて。

  • 寒いんだしー…。

わかる
  • 半袖だからだろwww

    とはいえ、まだまだ温かくならんなぁ。

  • この冬は暖冬だって気象庁が言ってたのは一体何だったんだし…

  • 実際暖冬だったんだけどなぁ。

  • 春一番が吹いたっていうからもう冬も終わったのかと思ったんだし、でもそれからまた急に寒くなるなんて詐欺だし。

  • いや普通は春一番の後にもう一山寒波が来るもんだろう。

  • 一々サトルは正論でうるさいんだし!!

  • 人の部屋でぶつぶつ文句たれてんだから、ツッコミくらい我慢したらどうだ。

  • サトルには人の心が無いんだし!!お花見を楽しみに待ち焦がれて一気に宴会の用意までしてしまって荷物であふれた部屋にはもう居所が無い僕の気持ちが解らないんだし!!

  • もうそんな用意までしたのか、バカだなぁ。そんなもん開花宣言が出てからレンタル屋に予約するもんだろうに。

  • さすが宴会幹事長サトルだし。最初から任せておけば良かったし…。

  • 何を用意したんだ、いっちょ前にバーベキューコンロとか買ったんじゃないだろうな?

  • 買ったに決まってるし、バーベキューはお花見の主役だし、アメリカンサイズのでっかいのを用意したし!和歌山から本場紀州備長炭も二山ほど取り寄せたし!

  • 張り切り過ぎだろう…

  • 後は北海道からホタテやジンギスカン用ラムやとうもろこしや、その他オージービーフからソーセージまで、お肉が各種よりどりみどりだし。

  • 食材ももう買ったのか!?

  • 悪くなるといけないから冷凍庫に入る分は入れて、入らない分は部屋の涼しい場所に置いて暗くしてあるんだけど暖房も入れられなくて困ってるんだし…。

  • そりゃ確かに俺の部屋に転がり込むわけだなぁ…。って感心してる場合か。いい加減邪魔だ、何とかしろ。

  • それもこれもまだ桜が咲かないのが悪いんだし!!というわけでこちらからお花見に行くんだし!

  • は?

  • 日本は長いんだし!南に行けばきっともう桜が満開のはずなんだし!!

  • いや、九州南部でも3月半ばにならんと…って、旅行カバン出してどうするんだ、おい。

  • 沖縄だし!!

  • えっ?

  • 沖縄ならきっともうとっくに桜が満開でお花見でどんちゃん騒ぎまくりのはずだし!!という訳で今から行くんだし!

  • …そうか、まあ、勝手に行ってこい…俺は知らん。

  • あっという間に那覇空港到着。

  • おおー、沖縄ー!やっぱり思った通り、空気が温かいし!!

  • 何故俺もここに居るんだ…。

  • 細かい事は気にしないし!さあ、いざお花見会場へ!!行って部屋を圧迫してる食材と炭を売りつけてやるんだし!!一緒に宴会に参加しちゃったりしたら一石二鳥でウッハウハなんだし!!

  • えげつない計画立てたもんだなぁおい。

  • うるさいし!今後の安眠と生活費がかかってるんだから必死なんだし!とっとと桜咲いてる所一緒に探さないと…!

  • 探さないとどうなるっていうんだ、俺は困らないが。

  • 沖縄への旅費はサトルのクレジットカードで支払ったんだし。その返済も出来ないんだし。

  • 何だとおおお!?

  • さあ、お互いの来月の生活費の為に二人力を合わせて頑張るし!

  • 後で覚えてろよこの野郎!!

  • そうして沖縄中を歩きまわった二人だったが、残念ながらお花見会場は一つも見つける事が出来なかったのであった…。

  • 何故だし!桜はたくさん咲いてるのに何故お花見をしないんだし!ホワイ沖縄ピーポー!?

  • あー…そういや咲いてる花、本土とは違うんだったっけなぁ…。

  • そういや色が濃い感じがしたようなし。

  • ああ、沖縄の桜は寒緋桜(カンヒザクラ)っていってな、俺達が知ってるソメイヨシノとは違う品種なんだよ。

  • ああ、聞いた事あるし!月9のドラマで!

  • ドラマで?

  • 「カーンヒ♪」って。鈴保奈美が。

  • そりゃ「カンチ」だ!!

    っていうか東京ラブストーリーとか古すぎだぞ!!

  • いやすごく流行ってた…

    っていっても1991年だって…何年前だし…

  • そういう話は一部の読者に突き刺さるからやめろ。とにかく、寒緋桜なんだ。緋寒桜(ヒカンザクラ)とも言うぞ。

  • 何で緋寒桜だとお花見にならないんだし?

  • ならないわけじゃないんだが、沖縄では春先に咲くたくさんの花の一部ってな具合で、特別に桜だけを愛でるって風習は無いみたいだな。

  • えー、もったいないし。

  • そもそもお花見の風習ってのは、長い冬を耐えて耐えぬいて、やっと春が来た喜びを表す祭事から来てるって話だし、あまり冬の辛さとは縁がない沖縄ではピンと来ないんじゃないのか?

  • それもあるし、緋寒桜はソメイヨシノほど一気に咲いて一気に散るような桜じゃないのもあるでしょうねぇ。種類がたくさんあるのも理由だけども、結構長い期間花を楽しめるのよ。

  • ああそうか、東京の桜みたいに一気に散っちゃうから今のうちに宴会しなくちゃ!って気分にはならないって事だしね?

  • そういう面もあるだろうな、さすがゆりかちゃんは女性だからか情緒にもよく気がつく…って。え?

  • 何でゆりかちゃんが居るんだし!?

  • 何でって、最初からついてきてたわよ?サトルさんのカードでチケット買って沖縄旅行だって聞いた時から。

  • さすがゆりかちゃん。タダでリゾートに行けるチャンスは絶対に逃さないって訳だし…。

  • おいタダってなんだ、旅費はしっかり後で徴収するからな二人共!!

  • まあまあ、二人が闇雲に走り回ってる間に沖縄のお花見事情のリサーチしといてあげたんだから授業料だと思って気持よく二人でおごりなさいよ。

  • 何でボクが!!

  • それはこっちのセリフだ…。

  • さあさあ、走り回って疲れたでしょう、泡盛のロック持ってきたわよ、これはおごるわよ。チビチビやりながらお花見の歴史をさっくり教えてあげるから楽しみなさいよ。

  • ああもうこうなりゃ飲むぞ!

  • そういやさっきサトルが「祭事」って言ってたけどおお花見って宴会の事じゃなかったんだし?

  • 大昔はねー、春が近づくと山の桜が咲いて山の色が変わるじゃない?あれが神秘だったのね。

  • 春の兆しは農耕民族にとっては大事な事だからな。

  • なるほど…お山を見てたんだしね。

  • 日本で一番高い富士山の神様が桜の神様でもあるのはそういう事だったんでしょうね。

  • 木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)か。そういや富士山本体には桜ほとんど咲かないのに不思議ではあったんだがそういう事か。

  • 所が飛鳥から奈良・平城の貴族社会になってくると、お金持ちさんたちが自分でお庭を作って花を愛でるようになるんだけど、これが桜じゃなくて梅だったのよね。

  • 梅?いや梅も春先に咲くけど、何でだし?

  • 当時のあこがれの大都会、中国の唐から伝来したのが梅なのよ。なので当時のお洒落貴族のステータスが梅の庭だったってわけ。

  • 貴族と農耕とは無縁だから、ここで祭事の意味が失われたんだろうな。

  • なるほどだし…つまり奈良時代からお花見はもう宴会って事に決まったんだしね。

  • 昔の宴会はもっと高尚だったわよ。楽器を演奏したり和歌を詠んだり。

  • 違うと思うけどなぁ。今みたいに大宴会のお祭りになったのは豊臣秀吉の時代からだぞ。

  • えっ、そうなの?それまでどうしてたんだし?梅見てしんなりしてたんだし?

  • 桜の復権は平安時代からね。とある貴族が「田舎者とバカにされてもいい、俺は桜が好きだ!」って言って庭先に山桜を植えさせたの。それが偉い貴族さんに気に入られたっていう逸話があるわ。

  • 自分がいいと思った事は貫き通す意志がカッコイイって事だし。

  • それでもバカ騒ぎなんかはしなかったけれどね。時代はその後武士の時代になって、桜は更に愛されて行ったの。

  • まあ、武士が好きそうな花ではあるよな、ざっと一気に咲いて波が引くように散って行く風情が。

  • お寺さんなんかもすごく気に入ったみたいね、山桜を移植するのはこの頃既に大流行してたらしいわ。

  • お寺じゃ宴会は出来ないだしねぇ。

  • そこで秀吉の登場なのよ。醍醐寺に千本とも言われる山桜を移植して、五日間にわたる盛大な大宴会を開いてみせたの。

  • そりゃすっげぇし!五日も飽きずによく続けたんだし!

  • 豊臣家の威信をかけた大舞台だったんだな、その半年後に秀吉は死んでしまうんだが。

  • 後継者に権威を残して行きたかったのかもしれないわねー。ま、そんなわけでお花見はめでたく宴会になりました。徳川の太平の世の中になったので、庶民の間にもお手軽な娯楽として開かれるようにもなりました。

  • めでたしめでたし、だし。

  • もうちょっとあるぞ。山から桜を持ってくるばかりじゃ能がないってんで、江戸時代には交配も盛んに行われるようになってな。

  • そうね、より綺麗に、より華やかに、ってどんどん色々な桜が作られていって、ある日ついにソメイヨシノが出来たの。

  • おお!ソメイヨシノって江戸時代に作られた花だったんだしか!

  • 寒い地域でも育ちやすくて花をつけるまでの期間が短いってんで日本全国に一気に広がったんだが、これが暑い地域ではうまく育たない。

  • あっ…沖縄…。

  • そういう事、江戸時代はまだ琉球王国っていってほとんど外国だったのもあるし、沖縄には本土のソメイヨシノブームみたいなお花見文化は伝わらなかったのね。

  • なるほどだしー…お花見にも色々と歴史があったんだしねー。

  • というわけで旅費な訳だが。払えないならここに置いて行くぞ。

  • 安心するだし、航空券は往復で買ってあるんだし。

  • 地獄に落ちろこの外道が!!

  • まあまあ、折角なんだし帰りの飛行機の時間まで南国の春を満喫しましょうよ。

  • ゆりかちゃんの言う通りだし!泡盛おかわり!どうせだから海岸でバーベキューするだし!

  • 帰ったら馬車馬のように働かせてやるからな…。

  • おわり

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.