いつでもそばにいる気がするし!ただしがマツコ・デラックスに興味を持ったようです。

マツコ・デラックスのスゴさはデラックスだし。 マツコ・デラクスやナチュラルエイト,経済効果を交えながらわかりやすく解説

2016/10/06

白懐子

3

マツコ・デラクス ナチュラルエイト 経済効果 コラムニスト くりぃむしちゅー 出版 女装

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • そのタイトルは誤解を生むし!

あーーーー
  • なんだいきなり。

  • いや、最近どのテレビ番組を見てもこの人が出ているような気がするんだし。

  • ああ、有名人だな。

  • でも正直この人がどんな人なのか良くわからないんだし。

  • 確かに、謎の多そうな風貌だしな。で、それが恋の始まりだったと。

  • ち、違うし!というか何でサトルがボケるんだし!

  • ボケたつもりはないが。

  • なおタチが悪いし!

  • まあともかく、いまさらマツコ・デラックスについて興味を持ったわけだな?

  • そうだし。サトルならたぶん知ってるし。

  • なんだそりゃ…。まあ、一通りは知っているが。

    その前に、むしろ、マツコといえばどんなイメージがある?

  • えーと、そうだし。これぐらいの大きさで…。

  • うんうん、大人の男が手を広げても余る巨体。

  • 男か女かわからなくって…。

  • …まあ、なるほど。

  • 千代田区、渋谷区、港区、中央区、文京区から外には出ない。

  • それは初耳だぞ!

  • こんなもんだし。諸説ありだし。

  • 諸説も何も、今のはおまえの主観だろ。

  • で、実際はどうなんだし?話の流れ的に教えろし。

  • 言い方おい。 まあ説明すると、マツコ・デラックスとは芸能事務所ナチュラルエイトに所属しているタレントであり女装家だ。

    またコラム二スト、エッセイストとしても著作がある。文化人系タレントというやつだな。

  • ナチュラルエイト?聴いたことないし。

  • くりぃむしちゅーが所属しているところだな。 通称、ババア大橋さんというくりぃむの名物マネージャーが独立して社長となった事務所だ。

  • そうだったんだし。 たしかに、くりぃむと共演してるの多い気もするし。

  • いちど、くりぃむしちゅーが移籍前、くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンにマツコがゲストで出たことがある。

    リスナーの人生相談に応じていたんだが、実に深い人生経験から優しく答えていて、くりぃむも感心していた。

  • それがきっかけだったかもしれないんだし。 んで、女装家って事は…。

  • 男だ。割と知らない人多いようだから一応言っておくぞ。

    もちろんマツコ・デラックスも芸名、本名は松井貴博(マツイタカヒロ)という。

  • 強打者みたいな名前なんだし。

  • 生まれたのは千葉県千葉市で誕生日は1972年10月26日。

    キムタクと同級生だそうだ。学校を卒業した後、美容師として働いていた。また雑誌の記者、編集者をやっていた時期があり、それをきっかけにコラムなども執筆するようになったらしい。

  • おお、すごいし!…雑誌ってどこだし?

  • [Badi]と言う雑誌だ

  • 聞いたことないし。

  • 日本四大ゲイ雑誌の一つだ。

  • なるほどだし、理解したし!

  • ああ、彼(彼女?)は少年時代から同性愛者であることを自覚していたと著書に書いてある。
    そういや言ってなかったな彼(彼女?)はゲイだ。

  • ちなみにマツコの人脈はソッチ方面にもかなり広い。

  • いろんな人の心をつかむのがうまいんだし

  • そしてフジテレビの「エブナイ」でゲストとして初出演。その存在感とトークで瞬く間に人気者となりテレビやラジオに出るようになった。

    2009年にはフジテレビで冠番組「マツコの部屋」がスタートし、日本テレビの「三毛猫ホームズの推理」では連ドラ出演を果たした。

  • 相葉君のやつだし!ホームズの役をやってたし!!

  • あの役をこなせるのは、世界広といえどマツコ・デラックスをおいて他にはいないだろうな。
    そういえば加賀美幸子や美輪明宏を尊敬してるとか。

  • 俳優としても結構すごいんだし。

  • しかし、今のマツコ人気を支えているのは、何といってもバラエティ番組での歯に衣着せぬトークだろう。
    そのタイミングや言葉のチョイスは天性の才能を感じさせる。特徴的な名言や格言も多く残しているぞ。

  • そういえばテレビでもよく字幕で強調されてるし。

  • そうされるだけの価値を持っているって事だ。

  • たとえば… 「男と女がわかりあえるなんて幻想ですよ

  • …どう反応すればいいのかわからないし。

  • 続けて「だから感情を出すべきだ」と言っている。

  • な、なるほどだし…深いし。

  • つぎに恵比寿について、 「恵比寿はクソみたいな街よ

  • うわあ!そんなこと言って大丈夫なんだし?

  • あくまで個人の感想です…。以前住んでたそうだ。

  • 何か嫌なことでもあったんだし?

  • 俺に聞くなよ。まあ、前後の会話があるのだろうが、こんなことを言っても笑いとして成立するのがマツコの人柄なのだろう。

  • そしてこれ。 「私ね、ありのままでいいって言う風潮はよくないと思うのよ

  • …ありの~ままじゃ~♪…いけないんだし?

  • まあこういった、人間性とカリスマ、率直な意見と、他の弱い立場の人に及ぶ優しさ…そういうものがマツコ・デラックスの魅力なんだろう。

  • 確かに、自分の考えを物怖じせずにいえるのは、誰にでもできるコトじゃないんだし…。

  • 著書を見ると繊細な言葉使いや豊富なボキャブラリーを見て取れる。コラムなどの著作の制作を通して、その能力がついた結果なんだろうな。

  • 言葉といえば、マツコ・デラックスが一言いえば8億円が動くと言われているのを知っているか?

  • は、8億?どういうことだし?

  • こ、コーヒー1杯1ドルとすると…。

  • 何に換算しとるんだ。まあ経済効果の金額だからマツコ・デラックス氏の懐に入るわけではないんだけどな。

  • たしかに、マツコに美味しいと言われたら、信じられるような気がするし。

  • 実際、2016年上半期の時点でCM契約6社、テレビのレギュラーが9本と、前年のCM女王の上戸彩と互角の戦いを繰り広げている。

  • ぱっと見あの巨体に目が行きがちだけど、見てると兄貴分というかスゴみがひしひしと伝わってくるし!

  • だろうだろう。お、そうだ。そういえばここに…。

  • ?何だし?

  • 見ろ、マツコ・デラックス氏が絶賛した高級ジュースだ!なかなか手に入らないんだぞ?!

  • わあお!サトルも買っちゃったんだし?!
    実はマツコファンだったんだし!!

  • ははは、まあな。さあ、マツコ・デラックスの魅力がわかったところで、乾杯と行くぞ!

  • 何に乾杯するし?

  • わかってるだろう?

  • マツコ・デラックス氏に乾杯!

www
www
  • きっとこれからもマツコ・デラックス氏の栄華は続くんだし

  • 全くだ。これからもさらにすごい人になるだろう

  • そのときはきっとマツコ・ウルトラスーパーデラックスになってるし!

  • それはない、たぶん。

いつでもそばにいる気がするし!ただしがマツコ・デラックスに興味を持ったようです。
Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.