第1話

全2話

あなたに会いたい兵庫県。ただしが兵庫県に行ったようです 第1話

兵庫は広いな〜弾丸だな〜 兵庫県や天空の城・竹田城,山陰海岸ジオパークを交えながらわかりやすく解説

2016/03/13

小野小餅

1

兵庫県 天空の城・竹田城 山陰海岸ジオパーク トラベル 香住海岸 鎧の袖 竹野スノーケルセンター・ビジターセンター はさかり岩 城崎温泉 玄武洞 松山逆磁極期 神鍋山 出石 辰鼓楼 桂小五郎 立雲峡展望台 但馬 コウノトリ 但馬御火浦 釣鐘洞門 亀山洞門 下浜動物足跡化石 かえる岩

  • facebook share
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 兵庫県ついたー!伊丹空港ー!っておい、伊丹って大阪府じゃねえかし!!

  • このまま乗り換えて但馬空港へいくんだぞ。

  • あれ?神戸空港まで直通便なかったかし?

  • 知ってるかただし。兵庫県ってのはな、瀬戸内海と日本海双方をつなぐとてもでかい県だ。

    しかも瀬戸内海最大の島淡路島もある。神戸みたいな超有名観光都市でちんたらしてたらとても回りきれないぞ

  • つまり今回も強行軍ってことかし…

  • と言う訳でコウノトリ但馬空港到着。兵庫県北部、日本海側だ

  • コウノトリっていうのは、兵庫県の県鳥だ。コウノトリの郷公園という、コウノトリを保護、繁殖させて野生に還すための県立施設もある

  • 但馬といったらてっきり牛だろうと思ったし

  • それは後でのお楽しみだ。まずは山陰海岸ジオパーク

  • テーマパークかな

  • 鳥取から京都までの海岸線の見所地帯の総称だ

  • いきなりスケールでけえし!

  • 西から、まず『但馬御火浦』

  • うおおお断崖絶壁!!

  • 日本海の荒波に削られた岩礁海岸だ。あれが世界最大級と謳われる釣鐘洞門

  • 遊覧船で入れるんだ!うわあでけえ!

  • あちらに行くと並んで二つ、『日本洞門』『亀山洞門』。亀山洞門は荒波がまるで鯨の潮吹きのようだから『潮吹き洞門』とも呼ばれるぞ

  • なんていやらしい…とか言ってる状況じゃないしコレ。波すっげえな…

  • 日本海なめんなよ。 こっちは下浜

  • あ、ちょっと平らになった。…でも砂浜じゃないんだし

  • 砂浜の海水浴場もある事はあるがな。ここは泥岩砂岩層ってな、ちょっと柔らかい岩石なんで平らに綺麗に削られて棚のようになってるんだと。で、柔らかい地面だったおかげで化石が色々と残っている

  • 動物足跡化石…ゾウとかサイ?すげえ、そんなのが日本に居たのかし

  • と言うより々日本列島は大陸にくっついていてな、この辺りは湖だったんだ

  • 時間スケールもいきなりでけえなぁ…

  • 今子浦に来てかえる岩。かえる島とも言うな

  • あ、本当だ、カエルの形だし

  • 「無事帰る」の語呂あわせで地元の信仰を集めていたが、今は何でも「かえる」願いをかけていい事になってるようだな。絵馬奉納所もある。絵馬というより絵蛙だが

  • 欲しい車が「買える」ように…

  • そういうのもありなんだろうなぁ。 あっちに行くと香住海岸。但馬松島と鎧の袖という絶壁が有名だ

  • ヨロイのソデ?

  • 昔の日本の武士の鎧の袖の部分、あの板っぽい飾りの部分によく似てるだろ

  • あー、なるほど、横筋と縦筋がこう、編みこんだ模様みたいになってる

  • 更に行ってあっちの半島の先には淀の洞門。竹野スノーケルセンター・ビジターセンターは環境省の施設で、格安で竹野海中公園のカヌー見学ができたり水中カメラ映像を鑑賞できる

  • 遊覧船もすごかったけどカヌーで行くのもまたいいしーー

  • 夏以外は寒さで死ぬからな、時期は見計らって見学だぞ。 半島のふもとにあるのが『はさかり岩』

  • はさかり担いだ金太郎

  • 違う、マサカリじゃない。はさかり、はさまっている、という意味だ。ほら見ろ

  • …え、うえええええ?岩と岩に岩がはさまってる…!?

  • 絶壁の上から落ちてきた岩が、丁度海岸の岩の隙間にはまって、そのまんまになったんだな

  • そんな奇跡があるんかー!すげえなぁコレ

  • 更に先に行くと兵庫県最北端、猫崎半島

  • ネコ?

  • こっから見ると猫がうずくまってるように見える

  • 本当だwwwwwwネコもカエルも居るんだ兵庫県wwwww

  • この先は京都に続く。少し内陸に行くと城崎温泉

  • 泊まる?木屋町小路の火伏せ壁、だって。防火シャッターみたいなものだったのかな。赤と白のコントラストがすげえしー

  • 城崎は大正時代に一度地震と大火で消えた町でな、再建にあたって災害に強い町を作ろうと、全体の土地の高さを上げたり当時としては最先端技術だった鉄筋コンクリートの建物をいくつか挟んで防火壁にした。つまりこの三十三間広場の建屋自体が「火伏せ壁」だ

  • なるほど…それでいて木造建築はしっかりそのまま再現してて、見事な復興だし

  • 町並みそのものも美しいし、是非泊まって行きたい所だがまだまだ先は長い。どんどん行くぞ

  • なんてこった…

  • あそこが玄武洞と青龍洞。採石場跡だが「玄武岩」の命名の由来になった洞だ

  • 岩の筋がすっごいし。鎧の袖と同じような感じ。

  • 松山逆磁極期発見場所としても有名だ

  • ぎゃく…地獄…き???

  • 磁場が現在と逆だった時期、ってのがあるんだよ、地球には。厳密には何度も磁場は逆転しているらしい

  • え、つまり北極が南極で南極が北極で…?

  • と言うよりも方位磁石がSを指すほうが南、っていう時代もあった、って言うほうが解り易いかもな

ん?
  • 地図の修正が大変そうだし…

  • その頃には地図どころか人間も居なかったから心配するな。 そして空港の名にもなったコウノトリの郷

  • 町の水田にもコウノトリのために無農薬で、稲刈り後も水をはったままにしてますって看板が立ってたし

  • 町ぐるみでコウノトリの自然復帰を応援してるんだな。 富岡市に入って、神鍋山。近畿では最も新しい火山だとさ。そうは言っても最後に噴火したのは二万年以上前だそうだが

  • あー、いい景色。冬場はスキー、夏場はパラグライダーが楽しめるってさ

  • 神鍋溶岩流は世界第二位の長さを誇る溶岩渓谷で、八反滝は特に見ごたえ充分だ

  • 青いー!滝つぼがすげえ青いーし!!

  • とまあ、以上でざっとではあるが兵庫の『山陰海岸ジオパークの』見所だ

  • …え、あれ?…今までの全部「ジオパーク」でくくれちゃうのかし…?

  • 兵庫に来てまだ一箇所しか見てないぞーさあ次だ次

  • いや待って、無茶だしこんなの待ってくれし!!

  • 但馬の小京都、出石

  • 城下町だねぇ

  • それどころか、古事記や日本書紀にも記載のある歴史のある町だ

  • どんだけスケールでかいんだし兵庫県

  • あっちが出石城、こっちが家老屋敷と辰鼓楼。日本最古の時計台ともいわれるな

  • 桂小五郎、こんなとこにも隠れてたのか。桂小五郎潜居跡だって

  • ウォーリを探せ!みたいな感じだよなもう。小五郎潜伏地を探せ!

  • あっちには古墳もあるし。さすがだな古事記の町

  • 出石だけでも見所が多すぎて大変なくらいだが、涙を呑んでさくっと次へ。いよいよ日本のマチュピチュ、日本のラピュタ、でおなじみの天空の城竹田城だ

  • 竹田城!今話題のところだし!!でも竹田城って天気のいい早朝がいいんだし?そろそろ宿決めるし?

  • うーむ…直接行くなら日中でもいいかと思ったが…

  • いやそろそろ日が暮れるし!!

  • そうだな、宿泊はないがよふど温泉がある。そこでひとっぷろ浴びて宿に泊まるか…

  • やったー、ついに但馬牛!!

  • 出石蕎麦もあるな。県北に限っただけでもスルメイカ、カニ、丹波のぼたん鍋、丹波マツタケ

  • 早速行くしー!

  • そして…いきなり早朝!

  • あれ?…うー…

  • 明け方の雲海の竹田城を見たいっつーからここに泊まったんだろとっとと起きろ

  • 蹴るな…蹴るな…わかってる…から…ぐぅ…

  • 天気予報も申し分ない。引きずってでも行くぞ

  • あれ?竹田城はあっちじゃないか?

  • そうだぞ。だから竹田城を見通せる撮影スポットに行くんだろ

  • ああそうか…雲海の中の城見ようと思ったらお城そのものに行っちゃダメだし…

  • 城からの眺めもなかなからしいがな。さあ、立雲峡展望台だ。あっちに見えるのが竹田城。虎臥城とも呼ばれている

  • ああー…雲海は出なかったしー…

  • 秋から冬、それも晩秋、放射冷却の激しい夜、日中温度は充分高い事、等の条件が揃わないとなかなか拝めない自然の芸術だからな…残念だが…

  • でも朝日を浴びるお城もキラキラして綺麗だし、来て良かったしー

  • そうだな

  • ところで周り…。カメラ抱えた人が多いのは解るけど、なんか、妙に、カップルが多いような…

  • …ああ…何でも竹田城は「恋人の聖地」認定されてるとかでだな…

  • どこもかしこもどいつもこいつもいちゃこらしやがって!!

  • 独り者には肩身の狭い世の中だ…

  • つづく!

  • つづく!

Copyright © VOYAGE GROUP, Inc. All Rights Reserved.